2018/3/14  1:00


2018年2月末、TOMIXから189系N102編成あさま色が新発売になりました。

これまで長野のN101、豊田のM50・M51・M52編成が製品化されていますが、長ナノで最後まで残った189系N102がついに製品化されました。



筆者としては、モロに地元車ということで、迷うことなく購入です(^-^)/
予約してありましたので、発売直後に届いていましたが、カスタマイズする時間がなかなかなく、少し遅れましたが作業をすることに…。




開封〜♪
おなじみのカラー、そして側面の「■ASAMA■」マーク。
特急「あさま」時代の栄光を残すマークです。
とはいえ、実車は老朽化が激しく「引退予告」が出されています。



N102は、朝の通勤快速である「おはようライナー」に定期充当されていますが、それも見納めとなります。



まずは試運転です。
これは購入直後に実施しています。
そうしないと、もし不具合があった場合に交換してもらえなくなるからです。



クハはライトが点灯するか確認します。
ともに異常なし。

ではユーザーパーツ取り付けとカスタマイズを行います。



説明書を一読します。

KATOに比べユーザーパーツが多いですが、もう慣れました(;^_^A



まずはホイッスルを取り付けます。



説明書に従い、治具を使って0.5mmの孔をあけます。



無線アンテナを取り付けます。

実車はアンテナから運転室後部にかけて配管(配線)があるのですが、模型では省略されています。
これがKATOだったらモールドで表現するでしょうね。



クハの前部台車をはずして台車スノープロウを取り付けます。



TOMIXの台車スノープロウはリアルですよね〜♪
KATOに見習ってほしいところです。



各車にトイレタンク(L)を取り付けます。

この「循環式汚物処理装置」もリアルですよね〜♪

製品には「トイレ流し管」や「トイレタンク(R)」も付属してきちゃいますが、これらが余りまくりです(;^_^A

車体を分離したついでに方向幕シールなどを施工します。



TOMIXは「行き先シール」が付属してきません。
HGと謳っているのに困ったものです…。

そこで用意したのがジオマトリクスデザイナーズインクの「189系波動用長野」シールです。



いろいろな方向幕がぎっしり収録されていますが、余裕がなく切り出しにくいのが欠点です。
さらに、シールそのものの厚みがKATOのシールよりも厚いため、方向幕面が浮いて見えてしまうことがあります。

とはいえ、純正でシールが付属してこない以上、こういう製品があることに感謝したいと思います。



まずは、トイレ窓の裏から白色ラベルシールを貼ります。
本当なら、外側から白色で塗装すれば良いのですが、ムラになったりはみ出したりする可能性があるため、この方法をとっています。



行き先はもちろん「おはようライナー長野」を選びました。
写真には撮っていませんが、逆サイドは「普通 妙高号」にしました(;^_^A



パンタグラフを塗装します。
塗装方法は以前に記事にしていますので写真を省略です(;^_^A

ちなみに、下塗りがタミヤ スーパーサーフェーサー
本塗装がクレオスH22ねずみ色(半光沢調色)
スリ板がクリアーオレンジです。



床板に号車シールを貼り、組成のさい迷わないようにします(;^_^A

これで作業終了。

つづいて
記念撮影です。



朝の篠ノ井線を行く「おはようライナー」



実車は引退が決まっていますが、模型ではいつまでも走れ続けます。
付属の「あさま」マークを取り付ければ「懐かしのあさま号」もできます(^^)

というワケで、189系N102編成、配備できました〜(^-^)/

めでたし、めでたし。



2018/3/18  20:57

投稿者:隠密

>海山鉄さん。
こんばんゎ。
TOMIXの国鉄型、良い造形ですよね〜。
近年はKATOも単価が上がっていますので、TOMIXとの差が小さくなっていますね。
お互いにナシ20でフェーズ低下…、なんか困ったもんですね…。

>64-1000さん。
こんばんゎ。
N102、イイですよ〜♪
高いですけど…(;^_^A
しかもこういう製品は再生産されませんので在庫がある時に入手しておかないとイケナイので財政的にタイヘンですね…(;^_^A

>あんぱん先生さん。
こんばんゎ。
駅そばに加え、みたらし団子も加わったんですね(^^)
そして、ポチッてしまいましたね〜(;^_^A
この病気はまさに「不治」困ったものですよね(;^_^A
169系かもしか色、私も予約をしたいと思いつつ、まだ迷ってます(;^_^A

2018/3/18  15:59

投稿者:あんぱん先生

こんにちわ。N102編成はkatoの車両をやりくりすればそれらしく組めるからと買わずにいましたが、改めて記事を拝見し、篠ノ井駅でかき揚げそばを食べ、コンビニでみたらし団子を買い、再度記事を拝読し直し、カスタマイズに感心し、それとなく某所の在庫を参考までに確認するかなとやっていたところ、「早く買わないとなくなっちゃうよ〜」という焼き芋売りのような天の声が聞こえ、気が付いたら購入ボタンをポチッとやっていたことが判明。国鉄型車両、特に、信越線、篠ノ井線、中央西線系については、無意識に手が出るという悪い病気(目下治療法は皆無)のため、松本の169系改座車発売アナウンスに対しても、かもしかセットを複数所持しているにもかかわらず、というか、かもしか編成からサハを抜いて3両にすれば取り敢えず見てくれは問題ないにもかかわらず、如何した物かと悩みながら、さっき買った団子を食べつつ結局は予約をしてしまうあんぱん先生でした。不治の病とはよく言ったものですね。

2018/3/16  18:50

投稿者:64-1000

入線おめでとうございます。HG製品羨ましい限りです。
実車は在りし日の妙高号で数回乗ったくらいですかね...。いつか貯金が貯まったら買ってみたいです!

2018/3/15  17:22

投稿者:海山鉄

こんにちは

富のN102入線おめでとう御座います〜

やはり富のHGは安心して観られますね。
値段は張りますが・・・

最近のお休みは体力・気力回復で費やし
鉄模はかなり御無沙汰になってます〜

復活はしたいものの、拙者もナシ20、財政もナシ20です〜

https://blogs.yahoo.co.jp/umiyamatetu/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ