2017/4/10  1:00

TOMIX タキ1000日本石油輸送色  鉄道模型(ユーザーパーツ・カスタマイズ)

2017年4月上旬、TOMIXからタキ1000日本石油輸送色が新発売になりました。



俗称「緑のタキ」は、かなり前からKATOが製品化していて、マイナーチェンジを受けながら再生産され、発売されると短期間で品切れになると言う、人気の貨車。

今回、後発ながらTOMIXが参戦。
テールライト点灯仕様や限定の2両セットには番号変更インレタが付属するなど、KATOには無い仕様を繰り出して来ました。

さらに、時期をずらして「米タン」も追加発売されるということで、タキファンにはタマラナイ製品となりそうです。

また、後発らしく、KATOよりも細密度を向上させ、よりリアルさを追求した製品でもあります。
その代わり、価格が高くなりましたが…(;^_^A

さて、筆者もタキ1000は大好きですが、すでにKATO車で必要充分な数両を揃えており、満腹状態です(;^_^A

CASCOのブック形ケースに収納していますが、残るスペースは2両分…。
というワケで、エネオス仕様とマーク無し、各1両づつの購入となりました。




まぎれもなくタキ1000。
とても良くできた製品です。

それではカスタマイズです。



台車をはずし、車輪・カプラーを取りはずします。



車輪側面を塗装するのですが、台車に近いカラーを使いたいので、チャートに台車を置いてカラーの選定会議です(;^_^A

その結果、クレオスH53ニュートラルグレー(半光沢調色済)を使うことに決定しました。



車輪側面を筆塗り塗装します。
ピボット軸や車輪踏み面は塗らないよう気をつけます。



塗料が乾くまで、カプラー交換を先行させます。
カプラーカバーをはずし、アーノルドカプラーを撤去します。



KATOの車間短縮ナックルカプラーを組み込みます。
スプリングは元々のものを再利用です。



カプラーカバーをもどします。



車輪の塗料が乾いたら車輪を組み込みます。
車輪側面の塗装はハゲやすいので扱いは注意します。



元どおりに取り付けます。



できあがりです(^-^)/

つづいて記念撮影です。



発車を待つタキタキ列車。



ハシゴの2色塗りやエアーシリンダーの表現など、かなり細密です。

ハシゴは色違い部分で2分割パーツになっていますが、合わせがピッタリですので、分割パーツに見えません。



車輪は、思いのほか露出度がなく、車輪側面塗装の効果はわかりにくいかも知れません。
TOMIXの貨車全般に言えることですが、KATO貨車よりもフランジが高く、車輪直径が大きく見えてしまいます。



KATO車と連結してみました。

遠目には違いがわからないかも知れません(;^_^A



近寄ると違いが見えてきます。
ハシゴの2色塗り、これはポイントが高いですね〜。

台車は両社ともFT-21なんですが、表現に差が出ています。
どちらをリアルに感じるかはユーザー次第というところでしょうか…(;^_^A

カプラーの高さには差が出てしまいますが、線路状態が悪くない限り支障ナシと考えます。



タンク本体の緑色も両社で微妙に差があります。
実車も個体差があるので、どちらのカラーもOKだと思います。



上から見ると、TOMIX車のほうが微妙に大きいようです。
でも、よーく見ないとわかりません。

もちろん、CASCOのタキ用ケースにはピッタリと収納できます。

というワケで、TOMIXのタキ1000、配備できました〜(^-^)/

めでたし、めでたし。



2017/4/16  23:10

投稿者:隠密

>じゅげむさん。
こんばんゎ。
タキタキ病、おだいじにしてくださいね(;^_^A
両タキの差異、私は目立つところしかわかりませんでし…(;^_^A、側面下のフィンですか…。
今度じっくり観察してみたいと思います。
細かいところは気にすると病状が悪化するで、ほどほどにしたいですね(;^_^A

2017/4/15  6:04

投稿者:じゅげむ

おはようございます。
私もタキタキ病の患者です。笑
案の定TOMIXのタキ1000、増備しました。
KATOと比べてみましたら所々に差異が見受けられますね。
はしごの塗り分けがパーツ分割だとは言われるまで気付きませんでした。
中でも一番の大きな違いは、ブレーキハンドル反対側の側面下部の”フィン”が無いこ
とでしょう。
私は実車を見たことが無いのでどちらが正しいのかは分かりません。
お奉行はどちらに軍配を上げますか?

2017/4/12  21:45

投稿者:隠密

>海山鉄さん。
こんばんゎ。
はい(^-^)/、発病です(;^_^A
でも、2両ですから、軽度です(;^_^A
出来栄えはさすがですが、価格とカプラー高さの差が…(;^_^A

2017/4/12  7:10

投稿者:海山鉄

お早う御座います

やはりタキタキ奉行でも有る隠密様、行かれましたか。
ご愁傷様・・・いやおめでとう御座います(笑)

出来は流石富と言ったところですが、やはり値段が・・・

台車は拙者K派、手すりは富でしょうか?

http://plaza.rakuten.co.jp/tetuwota/

2017/4/10  21:24

投稿者:隠密

>shinano56さん。
こんばんゎ。
当初はスルー予定でしたが、やはり発病しました(;^_^A
カラーは実物も差があるので、どちらもヨシではないでしょうか(;^_^A
台車は、そうですか、プロトタイプの差ですか…。
同じFT21なのに違いがあるなんて、オモシロイですね。
小田切鉄道模型展示館のレイアウトは、配線を線路が跨いでいる部分で平坦性が悪くなっていますね。
はたして、無事通過できるでしょうか。

2017/4/10  18:25

投稿者:shinano56

どうもこんにちは
そちらも誘惑に負けましたか…
タキのカラーですがKATOは全検明け、TOMIXは少し色あせた感じがします。
実際台車はTOMIXは後期型をプロトタイプとしてるので形状がKATOと若干異なってるみたいです
やっぱりカプラーに段差ができてしまいますか…
とりあえずは小田切のレイアウトで開放しなければOKですけどね…

http://blog.ap.teacup.com/shinano56/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ