2017/4/19  1:00

KATO 583系旧製品のライトLED化  鉄道模型(改良・カスタマイズ)

※今回は過去記事を再編集してお送りいたします。


電球仕様のヘッドライトをLED化するシリーズ。

今回のお題は…

クリックすると元のサイズで表示します

KATO 583系旧製品です。

583系はフルリニューアルされて新発売になりましたので、旧製品が中古市場でかなり出回っているのではないでしょうか…。

さて、この旧製品、なぜかライトが点灯しません(?_?)
走行歴がほとんど無いのに集電不良(?_?)

と思い、車輪を見ると、劣化していました(-_-#)
しかも1編成全車…(-_-#)

KATOの黒色車輪は、経年で表面のメッキがザラザラになり、集電不良をおこすコトが多々あります。
そんな時は車輪研磨をして改善を図ります。

黒色車輪の劣化に関する記事はこちらをご参照ください。

また、LED化の方法は過去に施工した183系0番台と同じですので、簡単に記します。
クリックすると元のサイズで表示します

まずは分解です。

クリックすると元のサイズで表示します

過去記事の183系と同様にライトユニットをLED化します。

クリックすると元のサイズで表示します

車輪を研磨し、集電板を掃除して組み立てます。

クリックすると元のサイズで表示します

車輪がピカピカになりました(^^)

クリックすると元のサイズで表示します

できあがりです。
ライトが明るくなりました。

オデコのライトはちよっと着色しすぎたかも知れません(;^_^A

なお、写真には撮っていませんが、動力車も車輪劣化による集電不良で動きませんでしたので、車輪研磨と集電板の掃除を行い、復活させました。

クハネ583のライトLED化、できました〜。

めでたし、めでたし。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ