2017/4/21  1:00

KATO 165系旧製品 ARE GO!伊那編  鉄道模型(改良・カスタマイズ)

KATOから新165系が発売になり、今までの165系は旧製品となったわけですが、この形式が発売になったのは約30年前だそうで、基本的な設計はそのままで発売が続けられ、長い間ファンに親しまれてきました。

古い設計とはいえ、基本がしっかりしているので、今でも通用する品質だと思います。
なによりも買いやすい価格というのが良いですよね(^^)

さて、旧製品となった165系ですが、カスタマイズして、新165系に負けないようにするというのも良いのではないでしょうか。

おそらく、旧製品は中古市場で価値が下がり、購入しやすくなると思われます。

そんなワケで、今回は、過去記事を再編集して、旧製品の「急行 伊那」をカスタマイズする記事をお送りいたします。


中古市場で偶然見つけ、購入したKATO 165系4両セット。

クリックすると元のサイズで表示します

箱の裏を見てみると…


クリックすると元のサイズで表示します

06-04という記号がありますが、情報によると、これが製造年を示すらしいとのコトです。

だとすると、この製品は2006年製ということになります。

ネットでいろいろ調べてみたところ、この製品は1回限りの生産で、今は絶版になっているそうです。

つまり、とっても珍しい製品を適切価格でゲットできたことになり、ラッキーでした(^^)

クリックすると元のサイズで表示します

編成図も載っています。
所属標記は「名カキ」で、1978年の編成表を参照すると、急行「伊那」に使用されていた「C9編成」がこれに相当することがわかりました。

つまり、10年以上前からKATOは飯田線シリーズを製品化していたということになります。
ん〜、スゴイ…(;^_^A

ではカスタマイズです。

クリックすると元のサイズで表示します

まず、AU-13クーラーを塗装するため、これをはずします。

ベンチレーターと集中クーラーは屋根と一体成型なので、塗装しません(^^;
そこまでやる「ずく」はありません(;^_^A

クリックすると元のサイズで表示します

アトムペイントの「スチールグレー」で塗装し、クレオスの「トップコートつや消し」で仕上げます。

クリックすると元のサイズで表示します

実は、あらかじめ塗装したAU-13をたんさん用意してあり、今回はそれと交換しただけです(;^_^A

これでAU-13だけは別カラーとなり、ちょっとグレードアップです。
筆者のささやかなコダワリです(;^_^A

クリックすると元のサイズで表示します

なお、この4両セットに使われているAU-13はキセが網目タイプ(AU-13E)です。
通常、KATOの165系はスリットタイプ(AU-13S)が使われていますので、珍しいということになると思います。

つづいてライトのカスタマイズです。

クリックすると元のサイズで表示します

クハ165のライトは純正でLED仕様ですが、とっても暗く、LEDとは思えません(;^_^A

そこで、高輝度電球色LEDに交換します(^-^)/

クリックすると元のサイズで表示します

まずは分解です。

KATOの国鉄急行型電車は屋根からはずしていく仕様です。
ちょっとめんどうですね(;^_^A

クリックすると元のサイズで表示します

分解できました(^-^)/
ライトユニット(基板)もはずします。

クリックすると元のサイズで表示します

純正のライトユニットです。
270Ωのチップ抵抗が使われています。

クリックすると元のサイズで表示します

既存のLEDをカットし、余分なハンダをハンダ吸い取り線で除去します。

クリックすると元のサイズで表示します

筆者が愛用している高輝度電球色LEDです。

クリックすると元のサイズで表示します

元のLEDと同じように脚を曲げ、基板にハンダ付けします。
極性に注意することは言うまでもありません。

チップ抵抗はそのまま使ってみます。

クリックすると元のサイズで表示します

ライトケースを組んで…

クリックすると元のサイズで表示します

仮組して点灯状況を確認します。
ちょっと明るすぎるようです。

クリックすると元のサイズで表示します

そこで、抵抗を560Ωにしました。

カーボン抵抗しか用意していないので、これを使いましたが、厚みが増えるため、ライトボックスへの組み込みが少々キツくなります。

チラツキ防止用にコンデンサーを組み込みましたが、あまり効果がないようですので、後日はずしました(;^_^A

クリックすると元のサイズで表示します

仮組して点灯テストです。
やはり抵抗は560Ωが適当と感じました(^^)

クリックすると元のサイズで表示します

元どおりに組み立てます。

クリックすると元のサイズで表示します

同様に、もう1両のクハもLEDと抵抗を交換します。

クリックすると元のサイズで表示します

まわりを暗くしてみました(^^)

クリックすると元のサイズで表示します

テールライトも適切な明るさになりました(^^)

クリックすると元のサイズで表示します

信号炎管を取り付けます。

クリックすると元のサイズで表示します

付属のものではなく、153系用Assyを使いました。

クリックすると元のサイズで表示します

中間連結面にGMの電車用ホロを取り付けます。

クリックすると元のサイズで表示します

カプラーを密連Aに交換するとともに、車輪を黒車輪に交換します。

クリックすると元のサイズで表示します

動力車の車輪を交換するのはタイヘン手間ですので、銀車輪のままとしました(;^_^A

クリックすると元のサイズで表示します

前面種別幕部分に白を色差しします。
ちょっと、塗料が載りにくいという…。

クリックすると元のサイズで表示します

塗料が乾いたら付属のシールを貼ります。

下地のオレンジ色が透けず、キレイに見えます(^^)

クリックすると元のサイズで表示します

ネットで公開されている急行「伊那」の写真を調べた結果、前面ホロは上諏訪寄りのクハに付いていたようなので、クハ165-186の前面にKATOキハ40用ホロを取り付けます。

クリックすると元のサイズで表示します

これでカスタマイズ完了です(^-^)/

では記念撮影です。

クリックすると元のサイズで表示します

上諏訪へ向かう急行「伊那」4両編成。

クリックすると元のサイズで表示します

この列車は名古屋が始発だったそうですが、名古屋〜豊橋は4+4の8両編成で快速運用、豊橋で4両が切り離され、急行「伊那」として上諏訪を目指したそうです。

というワケで、旧仕様の165系のグレードアップ、できました〜(^-^)/

めでたし、めでたし♪



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ