中村貴志 音楽の日々

 
ようこそ!名古屋と大阪を拠点に活動している音楽家、中村貴志のブログです。演奏会案内(中村貴志が関わっている演奏会のご案内)、演奏会終了分(中村貴志が関わった演奏会の記録)、音楽雑記(音楽に関する記述)、レヴュー(僕の印象に残った演奏会やオペラ、美術展、展覧会、映画、DVD、本などを紹介)、徒然(中村貴志の日常や思ったことをつづったもの)がレギュラーのカテゴリ。その他に特別カテゴリもあります。どうぞご覧下さい。

カレンダー

2018年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

指揮者 中村貴志プロフィール

今までにセントラル愛知交響楽団、中部フィルハーモニー交響楽団、愛知室内オーケストラ、大阪交響楽団、奈良フィルハーモニー管弦楽団、京都フィルハーモニー室内合奏団、ベートーヴェン・オーケストラ・ボン(ドイツ)、シンフォニエッタ・ベオグラード(セルビア)、バロックオーケストラ・マリア・プライン(オーストリア)をはじめとするプロ・オーケストラを指揮した他、アマチュア・オーケストラや合唱団を多数指揮。また、外山雄三、故若杉弘、井上道義、手塚幸紀、松尾葉子、円光寺雅彦、大友直人、堀俊輔、松尾葉子、畑儀文、現田茂夫、牧村邦彦、小松長生、井崎正浩、藤岡幸夫、寺岡清高、齊藤一郎、園田隆一郎、角田鋼亮、川瀬賢太郎の各氏の下、オーケストラ・アンサンブル金沢、京都市交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、セントラル愛知交響楽団、大阪交響楽団、京都フィルハーモニー室内合奏団、関西二期会、関西歌劇団他多数で合唱指揮を担当。その手腕は高く評価されている。また、亀淵友香、チェリッシュや今陽子、シルビア・グラブ、今井清隆との共演、千住明、谷村新司、ラッセル・ワトソン、渡辺俊幸、冨田勲、ゲーム音楽『ゼルダの伝説』や『キングダム ハーツ』の公演の合唱指揮を担当するなど、クラシック音楽に留まらない活躍をみせている。オペラにおいてはモーツァルト『ドン・ジョヴァンニ』『魔笛』『コジ・ファン・トゥッテ』、ドニゼッティ『愛の妙薬』、ヴェルディ『椿姫』『オテロ』、プッチーニ『ラ・ボエーム』『つばめ』『修道女アンジェリカ』、J.シュトラウスU『こうもり』、レハール『メリー・ウィドウ』の合唱指揮を担当。また2006年4月にフンパーディンク『ヘンゼルとグレーテル』でオペラ指揮デビュー後、『ディドとエネアス』(2プロダクション)、ビゼー『カルメン』、ヴェルディ『椿姫』、モーツァルト『コジ・ファン・トゥッテ』、モーツァルト『魔笛』、モーツァルト『ドン・ジョヴァンニ』、ヴェルディ『オテロ』を指揮。海外においては、2004年に“スコラ カントールム ナゴヤ”とともにドイツに渡り、ボンの由緒あるボン・シュティフツ教会にてボン・シュティフツ教会合唱団とベートーヴェンオーケストラ・ボンと共演して全てモーツァルトによるコンサートに出演した他、ゾーリンゲンでもコンサートを行った。また、2008年に再度ドイツに渡り、ボン・シュティフツ教会でのコンサートに出演。“スコラ カントールム ナゴヤ”単独ステージの『土の歌』(大木惇夫作詞・佐藤眞作曲)と、ボン・シュティフツ教会合唱団とベートーヴェンオーケストラ・ボンと共演してのハイドン作曲『ハルモニーミサ』を指揮し、好評を博した。2009年にはスイスのジュネーヴでアンサンブル・TAIYO・ジュネーヴとハルモニア・アンサンブル・TAIYO・オオサカのコンサートを指揮。当地の一流ソリストも共演して、好評を博した。2010年には在セルビア共和国日本国大使館の招聘でセルビア共和国に赴き、ポジャレバッツ市立の女声合唱団“バリッリ”を指揮。2011年には再招聘を受け、セルビア共和国へ二度目の訪問を果たし、日本の作品を紹介するとともに、セルビアの作曲家A.S.ヴイッチ氏の作品を指揮。メディアでも大きく取り上げられ、文化交流に大きく貢献した。2014年5月にスコラ カントールム ナゴヤとともにオーストリアに赴き、モーツァルトの生誕地ザルツブルクのマリア・プライン教会でモーツァルトの『ドミニクス・ミサ曲』をミサの中で演奏。同年6月にはスイスのジュネーヴのヴィクトリアホールで開催された日本・スイス国交樹立150年記念第九コンサートの合唱指揮を担当、大成功を収めた。2017年には合唱団 ルークス スペイとともにザルツブルクとドイツのベルヒテスガーデンに訪れ、当地の合唱団の教会コンサートに出演、ベツヒテスガーデン教区教会では指揮を務めて成功を収め、地元の新聞紙上でも好評を博した。現在、“名古屋大学グリーンハーモニー”ヴォイストレーナー兼客演指揮者、“女声合唱団コール・AI”指揮者、“かがり女性コーラス”指揮者、“女声合唱団カリス”指揮者、“合唱団 ルークス スペイ”指揮者、“住之江第九合唱団 in Osaka”指揮者、“合唱団 LA FENICE”指揮者、コーラスグループ“CoCoRoniココロニ”監修・編曲を務める。

作・編曲家 なかむらたかしプロフィール

多岐に渡るジャンルにおいて数々の編曲を担当。2010年10月7日から同年12月23日にかけてFM AICHI80.7で放送されたラジオ・ミュージカル『本能寺が燃える』で初めて作曲を手掛け、作曲家「なかむらたかし」としてデビューを果たした。この番組は放送圏内で同時間帯における最高聴取率を獲得、また日本国内の番組作りの最高の栄誉といわれるギャラクシー賞の第48回(2010年度)ラジオ部門奨励賞を、全国FM放送協議会が主催するJFN賞の2011年企画部門大賞を受賞した。2011年7月には全国放送された。2011年6月には名古屋能楽堂で舞台化されたのを皮切りに、東京、大阪、富山、瑞浪、京都などで再演されている。2011年9月、純器楽曲として処女作となる『弦楽合奏のための作品』がセルビア共和国でセルビアを代表する作曲家のひとりA.S.ヴイッチ氏指揮によるシンフォニエッタ・ベオグラードによって初演された。近年は大阪交響楽団委嘱による楽器紹介メドレー『オーケストラの仲間たち』『でかけよう、オーケストラといっしょにピクニックへ』や瑞浪市制60周年記念事業のためのミュージカル『櫻堂ものがたり』を作曲、いずれも好評を博した。編曲は多岐に渡り、南こうせつや安藤裕子、福原美穂、藤澤ノリマサなど、J=POPのコンサートのオーケストレイションも担当した。

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:アリス
DVD見ました?

あまりにも演奏がうますぎて本当に私たちなのっ?

じょうずな合唱団に所属してるって嬉しいことですね。

先生も最後に舞台の上。\(^o^)/

また思い出に浸っちゃいました。反省することありました。
DVD購入してよかったです。

また来年も歌いたい気持ちにさせてくれるDVDでした。

来年は先生も舞台の上で歌ってほしいなぁ。
投稿者:中村 貴志
おゆき♪さんへ

是非音楽を追求し、深く掘り下げて下さい。でも、計画なんて立てなくていいですよ。自分に合ったペースでその時にできることを確実にやるのが良いです。

N響の『第九』をご覧になりましたか。僕は観られませんでした。少年少女合唱団も参加してましたか! それは大変珍しいですね。でも、『第九』の初演の際は少年少女合唱団も参加していたんですよ。ですから、ベートーヴェンが立ち会った初演そのものの形と言えるでしょう。

おゆき♪さんが和製スーザン・ボイルになったら、サインを下さい!(笑)
投稿者:おゆき♪
中村先生へ
味覚喪失者とは思えないほどの笑顔で歌ってたんですね(笑)どうりで友人も言うはずです(笑)職場の人にどれだけ感動したのか、第一楽章から第四楽章まで語ると、是非DVDを回してくれと言われました。回す前に自分でチェックしないとちょっと恐いですね。私の笑顔の正体が(笑)先生のお返事を読ませていただき、自分の考えが良かったんだと安心しました。まず自分のためというお言葉にも納得です。自分が楽しめなければ他の人も楽しめないでしょうし。それに続けていくことの意味や大切さも分かりました。一度や二度で伝わるほど甘い物でもありませんよね。追求すればするほどどこまでも深く掘り下げられると言うことですね。どこまでやれるかわかりませんが、計画倒れにならない様に(笑)やれることからやってみます!ちなみに、先ほどN響第九を見ました。N響ハーモニーに鳥肌が立ちました!国立音大とまさか少年少女合唱隊までとは!あの歌に鳥肌が立ちました!あんな風に歌えたら。第四楽章の裏番組にスーザンボイルさんが歌ってました。メゾだと思うのですが、彼女の魂の美しさが現れたような、透明で真っ直ぐな歌声でした。国立スーザン目指して頑張ります(笑)有り難う御座いました!
投稿者:中村 貴志
みなみさんへ

みなみさんの歌っている表情、すっごく良かったですよ。

マエストロ井上道義さんはとにかくぶっ飛んでいるんです(笑)。凡人では予測のつかないことを考えられますし、します。天才ですね。井上さんの『第九』の合唱指揮をしたことがあります。『第九』なんて弾きなれているプロ・オーケストラの団員も感動の渦に巻き込み、泣かせるほどですから、凄いに決まっています。でも、何をしでかすかわからない(笑)。

ルートヴィヒも尊敬していたヘンデルの名曲『メサイア』でまたご一緒できることを心から楽しみにしています。こちらこそ来年もよろしくお願いします!
投稿者:みなみ
ギャ〜、歌っているところは見ないで〜!って感じでしたが(笑)。中村先生は、ベートーヴェンとはお友だちなんですね!わたしも心の中では恋人(時々、母またはブロイニング夫人)気分でルイジと呼んでいますが(笑)、実際はきっとせいぜい卵を投げつけられるメイド止まりです(こればっか)。

井上さんのPACとのベートーヴェンチクルスでは第九がなくてミサソレだったので、初第九、楽しみにしてたんですがすごく良かったです〜。先生のプロフィール拝見して、ぉおっ!と思っていました(笑)。すべてにおいて凄いって、一体どんなすごさなんでしょうか...。わたしは去年、OEKとのゲネプロを拝見して惚れました(笑)。

「メサイア」、申込んでしまいました(笑)ので写真も持って行きますよ〜。またご指導よろしくお願いします。ベートーヴェンが尊敬してたヘンデルの曲、楽しみです。(量も多いしかなりむずかしそうですが。はははははははは歌うところとか(笑)。)

それでは、今年も残り少ないですが、よいお年をお迎えください。来年もどうぞよろしくお願いします。

http://muimui373.blog76.fc2.com/
投稿者:中村 貴志
みなみさんへ

『第九』、お疲れ様でした。素晴らしい演奏をありがとうございました。みなみさん、良い表情で歌っていましたよ。ベートーヴェン大先生もさぞかしお喜びのことと思います(笑)。僕はベートーヴェンとは友だちなので、ルートヴィヒって呼んでますけど(笑)。
打ち上げは賑やかなほうが好きなので、はしゃいでもらって構いません(笑)。

井上道義さんの『第九』を聴きに行かれたんですね。井上さんとは4回ご一緒させて頂きました。井上さんはすべてにおいて凄いですよ(笑)。

写真ほしいです(笑)。"河内長野ラブリーホール合唱団"の『メサイア』に参加して、手渡して下さい(笑)。
投稿者:中村 貴志
おゆき♪さんへ

本番、大変お疲れ様でした。非常に良い表情で歌われていましたね! 味覚喪失に陥っていた人とは思えないくらい(笑)、素晴らしい表情でした。それを拝見して、僕は安心しましたよ。

音楽はまず自分のためにするのです。自分の中の「音楽をしたい、音楽を楽しみたい、音楽で感動したい」という気持ちが出発点です。そして、そこから外に向けて発信していくのです。それは誰のためであってもいい。音楽を通じて自分と他者とがつながることができれば、それは大きな喜びであり、大きな感動を湧き上がらせます。
しかし、自分の気持ちや思いは、1度で伝わる場合もあれば、5回目で通じることもありますし、なかなか伝わらない場合もあります。伝わらなければ伝わるまで音楽をやり続ける。ここに音楽を続けてやることの意味があります。また、続けることによって自らの音楽観が深まり、新たな感動を呼び起こすことができるのです。
おゆき♪さん、だから歌い続けて下さい。次は歌詞の内容や作品が作られた時代背景を探って歌おうという姿勢は素晴らしいですよ! 今回人のために歌おうと思えるようになったなんて素敵じゃないですか! 歌いたい曲が見つかって、良かったですね! 歌を禁じてさみしい人生を送るよりも、歌って楽しく、有意義に、多彩に人生を過ごすほうが良いじゃないですか!

おゆき♪さんをはじめ、素晴らしい合唱愛好家の方々と出会えたことを心からうれしく思っています。またお会いしましょう!
投稿者:おゆき♪
中村先生、皆様こんばんは。コンサート後は体中が歓喜していて第九を歌った喜びに打ち震えていました。次の日から昨日まで仕事場で二日酔いでもないのにまだ歓喜し続けていて、正直仕事が手に付かず、意識を集中するのが大変でした。意識が一瞬でも緩むと第九が流れて自分も歌い出しそうになるのです。今日も掃除をしながら第九を歌っていました。私は今まで誰かの為に歌おうと思ったことは一度もありませんでした。コンサート前は聞きに来てくれた人の為に歌おうと思っていたのですが、始まると寺岡先生の良かった時に返してくださる笑顔見たさに、この人の為に歌おう、この人をもっと喜ばせようと思って歌ってました。学生時代は日頃の成果を出して賞を取ろうと思ったことはありましたが、先生の喜ぶ顔が見たくてとか、先生に感謝してとか、そんなこと一度も思ったことがありませんでした。なんて悲しい合唱ライフでしょうか(笑)そんな時から考えると、お客様の事よりも、目の前の指揮者先生の為に歌った私は、未熟者故の甘い考えでしょうがとても幸せでした。しかし、友人には私の歓喜が伝わりませんでした。私は第九の歌の意味より、歌える喜びを表していただけなのかも知れません。確かに、作成された時代背景や歌詞の意味がまだよく分かっていません。これからもう一度歌うのなら自分なりに勉強する必要を感じました。歌いこなすのではなく、歌や曲の意味を伝える事の難しさ。そして、改めて発声の基本と発声する基礎体力作りをする必要も感じました。基礎が出来ていない為に歌いづらかったり、歌えないところがあると、そこに意識が集中してしまい、曲の意味を追求したりできる時間とエネルギーが削がれてしまうと感じたからです。しかし!このご時世有り難いことですが仕事があるため思うように出来ない現実があります!私は人生の半分以上、歌を歌うことを自分に禁じてきました。一度始めてしまうと後戻り出来ないと感じていたからです。だから、よけいに魂の底から歌えたことに歓喜しているのが自分で分かるのです!禁じていた今までは、生きていたようで生きていなかったのです!この2日間は他の音楽を一切聴きたくありませんでした。そして今日新しく歌いたい歌が出来ました。いつか皆様の前でご披露出来るようになれればと思っています!有り難う御座いました。
投稿者:みなみ
中村先生、昨日はおつかれさまでした〜&ご指導ありがとうございました。
怒涛の第九週間を終えられて、ほっと一息ついてらっしゃいますか?(笑)
歌ってる途中、意思に反して膝が笑うので参りましたが、中村先生のイメージトレーニング(?)のおかげもあって、なんとか歌いきった気がしてます。あくまで気分ですけど(笑)。ベートーヴェンが、天国から腐った卵を投げようとしてたかどうかは、星空のかなたに住んでるお父さんしか知りません。
打ち上げでははしゃぎ過ぎてすいませんでした。反省。写真は、いりませんか?(笑)

http://muimui373.blog76.fc2.com/
投稿者:おゆき♪
見に来てくれた友人OとFと話し込んで帰宅したらこんな時間になっていました(笑)感想は「おゆき♪の笑顔がよかったよ(笑)」とのこと(笑)「変な作り笑顔ではなく自然でよかった」「え?音楽は?」「第三楽章で意識と無意識の間で音楽を聴いていて心地よかったよ♪」寝てたのかな(笑)私も第三楽章であまりの気持ちよさにうっかりあの世へ行ってしまいそうだったので気持ちは同じでした(笑)ティンパニがもう少し遅かったら危なかった(笑)自然な笑顔になれたのは本番直前の団長の「笑顔で!」の一言から。そして、中村先生の味覚喪失事件からの「自分も感動しないと損ですよ!」からでした。「自分が感動(歓喜)しないと見ている方に伝わらない」と思ったからです。それを友人達は「楽しそうに歌っている姿を見て合唱やってよかったね」と言ってくれました。見に来てくれる人がいる!なんて有り難いことでしょうか!いつもボランティアで運営してくださっていた皆様、本当に有り難う御座いました!団長、いつも全体の事を考えてご指示下さり、有り難う御座いました!小川先生、4月から声のでない私たちを根気よくご指導下さり、有り難う御座いました!ラブリーホール合唱団の皆様、私を暖かく迎え入れてくださり、有り難う御座いました!寺岡先生、練習で入りのタイミングを外しまくった私を優しくご指摘くださり(笑)有り難う御座いました!中村先生、先生の様な素晴らしい方にお会いできたのは私の一生の財産となりました!これからも、御指南、ご指導を宜しくお願いいたします!有り難う御座いました!今日は遅いのでまた後日書き込ませていただきます!
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ