2017/3/8

ミニクワッドコプター・モード1に改造  RC

クリックすると元のサイズで表示します
先日購入したミニクワッドコプター(JJRC H36)がモード2の成れない仕様でスロットルコントロールが上手く操作出来ないので、送信機をモード1に改造しました。

クリックすると元のサイズで表示します
改造前のモード2の送信機です。

クリックすると元のサイズで表示します
送信機を分解し構造をチェックし、改造手順を検討しました。

クリックすると元のサイズで表示します
そしてレバー本体を外し左右を入れ替え配線を追加しました。

この方法は以前に他の機種で行い実績が有る方法で、基盤の半田付け等の経験が必要な作業と成ります。

クリックすると元のサイズで表示します
改造後はモード1の送信機に変身しました。

海外の格安ミニクワッドコプターなのでモード2しかなく、プログラムプロポも持っていないので物理的な改造と成りました。

屋外でのテスト飛行で違和感なく軽量機体の飛行を楽しみました。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ