激しいの、下さい。

METALLICA・OPETH・人間椅子が好きでたまりません。
そんなカンジのちょっとイタイ人です。

音楽じゃないけどモンスターエンジンも大好きです。
あのしつこさにハマると抜けられません…

そんな節操の無い私のブログへようこそ。
文章もとりとめなく節操無いので、ちょっとご覚悟の上スクロールよろしくです。

 

お世話になってます。


私の本棚は見せられない
Blog'Em All
たとえ六畳一間でも…
宇宙玉子。

耽美な音楽そして麺
パンクロックヘブン
 イン ジャパン

マノウォーなび

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

mixi

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

検索



このブログを検索

QRコード

アナタは何人目。

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

12/9 DRUM Be-1

大阪から1日置いて福岡です。
今年の3月に初めて人間椅子を見た会場と同じDRUM Be-1。
(ここのライブハウス、前回と今回の2回しか来たことがないけれど、すっごく見やすくて良いカンジだな〜と思います。この会場好きです)

あの時に約束して下さった通り、年内にまた九州で見れるだなんて…嬉しいの一言です。
思えばあのライブで急に高熱が出て(苦笑)、いっきにアルバム・DVDを買い揃えて聴けるだけ聴き込んだつもりでいましたが、やはり歌詞なんか覚えてないのでまだまだ、といったトコロ。
でも大阪同様、福岡もがっつり楽しんできましたので、覚えている範囲でユルいMCと共にお届けしたいと思います〜。
また長いので気を付けてね(汗)!!

事前BGMはジミヘン!大阪のグラファン同様少しテンションが上がる。
しかも通りかかったトコロに居たPINK FROYD Tシャツを着た若いにーちゃんが既にジミヘンに合わせてノリノリだったので(笑)、このにーちゃんの隣で見ちゃえ♪、とノブさんを正面に見据えたセンターの前から4〜5列目で見る事に。(研さん側に行くつもりだったんだが、まぁ意外に真ん中は空いてますよね…)

そういや、最終チェックがステージで行われていた時のこと…
川端さんが研さんのベースを確認する時に"芋虫"をチロっと弾かれたんですよ…
いや、んなまさか、"芋虫"は演らんよね…と暫しドキドキしたのは私だけだったのでしょうか(挙動不審・笑)。

大阪と同じモゾモゾとしたラジオ放送のようなSEと共に、ステージ右手奥のカーテンを開けた中からお三方登場!(なかなかこの画はシュール)
もう、この時点で大きな歓声が沸き起こって、大阪のスタートとはえらい違い。
例の隣のFROYDにーちゃんが「おかえりー!」とか言ってて、おおナイス!と心の中でコブシ握りました(笑)。
他には「待ってました!」というような男性の声も。
このSEということは…の予想が当たり、1曲目は"塔の中の男"!
ここでも大阪と違いヘヴィな音のところでは「オイ!オイ!」と掛け声が入ったり(これまた隣のFROYD君!イイぞ!!)して初っ端にしてかなりの盛り上がり。
わじーさんも嬉しそう…な風に見えた。
それにしても、イイ。この曲はイイ。

続いて間を空けずに"輝ける意志"!
お?もしかして今ツアー初?なのかしら??
この曲、好きだと言ってる方が結構いるみたいですが、私的にはイマイチ…
だったのですけど!ナマだとまた違いますね。
歌詞と曲のストレートさもそうですが、結構研さんのメロディがす〜っと自分の中に入ってきて良かったです。
そしてFROYD君のノリが良すぎる(笑)。

事前にJalkoさんの北周りレポを読んでいたのでこの曲を聴ける可能性は高いかも、と思っていたら本当に聴けました!の"爆弾行進曲"!!
シンプルですが、サビの♪つっこめ〜と叫ぶのが楽しくて楽しくて。
隣のFROYD君もそうですが、他の男性(だと思う)も掛け声とかすっごいされてて、盛り上がりがハンパない!
やっぱね、黄色い声の多いライブよっか野太い声が聞こえないとライブに来た気がしないのですよ…普段イカツイの見てる所為か(笑)。
そういう意味でもイイぞ福岡〜〜っ!!

大きな歓声に包まれて、研さんの
「お足元の悪い中有難うございます!人間椅子です」
とご挨拶!もう夕方には雨は止んでたのですが、念願の(笑)ご挨拶が聞けてニヤ〜っとしちゃった私(爆)。
続いてわじーさんのご挨拶&MC。
大阪でもお話されていた(っつーか研さん曰く全公演で喋ってる・笑。ホントに嬉しかったのね)新譜が某CDショップでスキ●●イッチ抜いてトップになったというのと同内容。
勿論、関ジャニ∞(せきじゃにむげんだい>和)のお話も。
和:「大阪から福岡までクルマで機材と共に移動したんですけど、途中、下関に寄ったんですよ。で、『あ、せきじゃに!』と思って、メンバーで写真を撮ってきました。こんなポーズ(※何か腕を前に出された)取って…って、アイドルはこんなポーズ取りませんか(笑)」
続いて、まだわじーさんのせきじゃに話。
和:「でね、その写真撮った時、メンバーの名前もアイドル風に考えたんだよね(笑)。まず鈴木君は、キムタクみたいなカンジでスズケン!」
研:「(笑)、それ僕の中学の時のあだ名ですよ」
和:「あ、そうか!ん、まぁスズケンね。(客席から「スズケーン!」)でね、ノブ君は、実際、確かそんな名前のアイドルがいたと思うんだけど、のっち!」
研:「…え、アイドルじゃなくてオバマ似の芸人でしょ、それ(笑)?
(私の後ろのお客さんは「あぁ、いのっちと間違ってるね」と・爆)
和嶋君はねぇ、テレビ見ないから分かんないかもしれないけど、そういう芸人さんがいるんだよ」
和:「え、そうなんだ」
客:「のぶっちにしたらー?」
和:「あ、それイイですね!ノブ君はのぶっちですね。(客席からのぶっちコール。ノブさんもそれに応える)で、僕は、シブガキ隊みたいなんだけど、わっくんで(笑)」

ぶっ、和むっっっ。ステキすぎる。

研さん、何か調子が悪かったのか忘れ物か、一旦ステージを去っていかれ、
ファンの方が「帰ってきて〜」みたいな事を言ったのに対して「あ、大丈夫ですよ〜。帰ってきますからね」と諭すようにわじーさん。
その間まだまだ喋るぞ、というワケで(笑)、次に演る曲が"浪漫派宣言"だという事を告げてから、
和:「自分でギター弾いて自分で唄ってるんですけど、ギターソロの前に自分で『オッケー!カモ〜ンギターー!!』って叫んでます(笑)。コレはアレです。言うなれば矢沢永吉さんが自分の事を『ヤザワはさぁ…』って言ってるのと同じで、要するに『行け!和嶋』と自分を鼓舞してるんです」
だって!ワケ分からん!もう、面白すぎ。
研さんも無事お戻りになり"浪漫派宣言"スタート!

これがまた、イイ。わじーさんはっちゃけてるし、全体的に良いノリでした。
やっぱギターうまいよね〜。

続いて"秋の夜長のミステリー"!!!
大好きこの曲!!
お三方それぞれのボーカルもイイし、何より楽しい♪
ラストのコーラスの息もばっちり。

…で、まさかの"狂ひ咲き"!
(※大阪でもだけど、何度「まさか」を使ってるんだ自分。でも本当にそう思ったんですよね)
『傑作選』に入ってた当時の新曲ですがこのツアーで聴けると思ってなかったので、意表もつかれたし嬉しかったです。
テンポがころころ変わってわじーさん的にチャレンジングな曲だと思うのですが(まぁ椅子の曲ってそういうのばっかだし、それが彼らの代名詞っぽいトコもあるんでしょうけどね)、苦しそうながらも楽しそうに唄いあげておられました。
わじーさんのコラム読んでて思ったけど、さっきの"浪漫派宣言"にせよ、この"狂ひ咲き"にせよ、わじーさんの今の気持ち(というか考え方、かな?)を綴った曲/歌詞なんだろうなぁ。

…自信ないけど、確かこの辺りのMCで
研:「今日は高いトコロから失礼しています。ここ(DRUM Be-1)ってステージが高いからやりにくいですね…いつもは聴いて"頂く"カンジでやってるもんで…」
和:「あぁ、へりくだってね(笑)。だったらドームとかでやればイイんじゃない?皆に見下されますよ」
えー、ドームなんかでアナタたちは見たくないです!と思ったのは私だけかしら。

研:「まぁでも、お客さんそれぞれ違うノり方で見てて面白いですよ。和嶋君のボーカルにうっとりしている女の子とかいてね」
和:「(え、みたいなカンジの表情をしつつ)鈴木君の白塗りにうおーっとなってる男性とかね」
研:「僕はどっちかっていうと、そっちの方が嬉しいですねぇ。いずれアニキと呼ばれたいですから」
(「アニキー!」という男性の太い声・笑)
和:「あ、ノブ君に触れてなかった!」
ノブ:「(曇ったメガネを拭きながらバスドラどんどん)あ、ごめん、暑くてメガネが」
和:「あ、うん。ホント、僕もそう。(メガネふきふき)ノブくんはね〜、良いカラダしてますよー。あ、良いカラダとか言ったらアレですが、マッチョです!」

研:「新譜には和嶋君の複雑で和音の妙で聴かせる曲が多いんですが、僕の作る曲は単純でユニゾンばかり。和嶋君の大作が並んでいる中、久し振りにスラッシュな曲を作りました。最初っから最後までギターとベースがユニゾンですよ」
と説明されてから、「あの世着いたら〜」の雄叫び?と共に"冥土喫茶"スタート!
Dieコールが"Creeping Death"ばりに(笑)気持ち良し!そんで転調するトコのリフは"Seek And Destroy"ですか(微笑)??

そんで!うぉぉぉー!!!な"黒猫"!
あぁ、たまらん。
ネコの鳴き声をギターでぎゃうぉぉ〜〜んっとやるトコが以前からすっごい見てみたくて、ついついわじーさん凝視してしまった(おい!)。
あんまこういう事言うのどうかと思うけど、腕の筋がたまらん。←いつも言ってんじゃんかよ!

ここで、研さんの卒業旅行@ロシアのお話に。
大阪と基本的に同じお話でしたが、留守中にわじーさんが餌をあげてたイモリだかヤモリは死んでしまったようで、わじーさん「え、そうなの?」(オレの所為?的なニュアンス)とビックリ。「13年生きましたから、天寿を全うしたんです」と研さんフォロー(?)。
そして曲は"深淵"へ。
大阪より福岡の方が音は良い、と最初から感じていたのもあり、より一層素晴らしく感じました。ヤバイよ、この曲。

"深淵"の重さを引きずるように"死神の饗宴"!
ぐあぁ〜、めっちゃヘヴィ!研さんのボーカルかっこ良すぎでしょ、これ。
歌詞もかっこイイしね。

そしてまたもや重い"相剋の家"。
ノブさんのドラムで始まって、研さん・わじーさんと徐々に音が重なっていくんですが、イントロのリフが始まる前に少しジャムっぽい雰囲気で演奏されてて、
大阪ではそれがなかったんで、ノッてるな〜と思いました。
この"深淵"〜"相剋"までの三重(=ヘヴィ)奏はホントにヤバかったです。

ここでノブさんのお喋り。
「九州〜〜アツいゼー!オレ、大丈夫ですかぁー?!」
と第一声(笑)。
わじーさんが「なかなか、オレ大丈夫?なんてお客さんに聞けないよね(笑)」とか何とか笑っていらっしゃいましたが、私はそこではなくて、「九州」と言ってくれた事が何げに嬉しかった。
福岡とか博多じゃなくて「九州」って!
そう、この場はかなり九州の椅子ファンが集まってますよね!!その中に入れて嬉しいっす、私!
で、曲は勿論の事"赤と黒"です!
一緒にがっつり唄わせて頂きました〜!うー、気持ち良い♪

研:「今回は和嶋君の純粋な愛の歌が多いですね」
和:「(ちょっと照れ笑いしてる?)うーん、何か40越えると逆に純粋になっちゃうんだよね。でもどっちかじゃないかな?俗っぽくなるか、純粋になるか…」
研:「じゃあ、次は僕の作った俗っぽい曲になりますね。それではご一緒に〜カウントダウンを!10〜!9〜!8〜!…お客さんも「おお!」ってなカンジでカウントに加わり…1!0…はっしゃーーー!!!」で、激烈"発射"!
回りくどくエロい歌詞がね、ホント俗っぽくてイイんですよね〜。
カウントダウンも発射コールもヘドバンも楽しすぎました!!

続いては…ノブさんドラムに乗せた研さんのヒャア!(じゃないかもですが・汗)で始まった"あやかしの鼓"!
そういや夢野久作て福岡出身だよなぁ、まだ読んでないなぁ、なんて思いつつ、またもやがっつり唄って、やんややんやノりました!

そ・ん・で!やったーーー!念願の"天国に結ぶ恋"!!
わじーさんと合わせて熱唱♪
(…が、そんな内容じゃないよな、歌詞・苦笑)

天国ときたら地獄、というワケで次は"地獄"!
そりゃーね、アタマ振るしかありませんて。

ここで本編終了。
もう楽しすぎてあっちゅー間でした、はい。
で、「アンコール」を皆さんと唱和しまして、暫くするとツアーTシャツに着替えたノブさん(前は人間椅子ロゴに観音様みたいなプリントがされてて、後ろが赤文字で厄除御守護のセンターの文字の右に人間椅子、左に結界霊場と書いてあるナイスなデザイン)、わじーさんはもう1種類のバックに満月とツアー日程・人間椅子ロゴが緑字で載ってるやつ着てました。下はもんぺ。かわゆす!
2人で、グッと背中を客席に見せながらポーズを取る横で、研さんは相変わらずの白装束で、「……」なカンジ。ちょっと仲間ハズレ(笑)。←その時の表情が何とも表現しづらいのですが、カワイかったっす。
和:「あ、鈴木君(笑)」(ゴメンみたいなニュアンス)
ノブ:「や、でも研ちゃんも加わろうとしてたよね?」
確か下関ジャニーズを再現しようとしたとか、そんなポージングだったらしい(爆)。

和:「世の中はクリスマスシーズンですが、鉄格子の向こうでは関係ありません!」
みたいな紹介で、"鉄格子黙示録"!
もう…この曲、イントロのベースとわじーさんのギターの入り方がカッコ良すぎ。
あとわじーさんのうっひゃーーーみたいな悲鳴に近い唄い方(は?)も好きです。

そして大阪と一緒で"針の山"突入!
周りの盛り上がりもステキに狂ってて良いカンジ!!です。

以上の2曲終了後、メンバーさんはお帰りに。
またソッコーでおかわりリクエストになり、割とすぐメンバーさんが出てこられて、
また福岡来まーす!とかノブさんがおっしゃって、
研さんも「近くなれば、また来ます…いやいや、来ますと言った以上は来ますよ」
とがっちりおっしゃってから"ダイナマイト"!
もう、ここぞとばかりにアタマ振りました。
あー、気持ち良い。

これで全編終了〜。
いやはや、ホントに楽しかったです。
OPETH後というのもあり、かなりキツキツな状態の中で意を決しての参戦でしたが、思い切って2ヶ所行って良かったと本気で感じました。
前回の傑作選ライブでは聴けなかった曲も今回は随分聴けたし、そりゃあ他に聴きたい曲は山ほどあるのですが、もうとりあえず感謝の気持ちでいっぱいですね〜。
次回はもう1ヶ所くらい増やして頑張って遠征したいなぁ…(どんだけ好きになってんだよ)


っつうワケで、以上では書けなかったMCで、内容は覚えてるけどどこで喋ったのか覚えてないのとかあるんで(そっちも結構面白い)
また別の記事でアップするかもです〜。

ではでは、長らく有難うございました。
はぁ、疲れた(苦笑)。
投稿者:lemmy
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:lemmy
お返事遅くなりました!!

>Goron-Jalkoさま
いつもアリガトウゴザイマス♪
ホントにもう、つっこみどころ満載な人達で…あぁ、好き(爆)!!

それにしても東京2daysは今ツアーの集大成的セットリストで圧巻でしたねぇ。。。
うらやましー。
個人的にはやっぱ2日目の"とんまつりJAPAN"と"斜陽の恋"が聴きたかったっすー。
マジで、いつかJalkoさんと椅子参りしたいです♪

>M鎖鬼にーさま
ありゃー、こんな長いのを読んで頂いた上にコメントまで。
アリガトウゴザイマス!!

Perfumeののっち、知ってますよ(笑)♪
個人的にはあの3人の中でイチバン好みのタイプです(爆)。

>きんつばさま
いえいえ出遅れだなんて!
コメント有難うございます!!

大阪、思いの外そういうの(=演奏中の合いの手とか)が少なくて私もビックリしたんですけどね…
もしかしたら先入観もあったのかもしれませんけど、絶対福岡の方がお客さんに元気があったのは確かです!
(九州人は椅子に飢えているのかも・笑)

"秋の夜長〜"、ダイスキですよ〜〜♪
でもきんつばさんがおっしゃるように、確かに踏み絵的な曲かもしれませんねぇ。。。

いや〜、また福岡で椅子参りしたいものです!その際はヨロシクお願いしますね(気ぃ早っっ!)♪
投稿者:きんつばようかん
すっかり出遅れてごめんなさい。(遅っ!

うーん濃いレポ&当日はどうもお疲れさまでしたー。

我がマイミク○さんがFROYD君として何度も登場してるので
なんだか人ごととは思えずうれしいなぁ。

そっかぁそんなに福岡って熱いのね!?
いやーよそ行ったことないんでてっきりそんなもんとばかし思ってた。(爆

MC合いの手も普通そうなのかと!
ぜんぜんそういう合いの手とかないなんてMC寒いやん?

"秋の夜長のミステリー"!!が好きってlemmyさんが書いてくれてるのが
すっごくうれしかった!
たいていいろんなところで書いたのでアレなんだけど
自分、この曲は最近の椅子を象徴する「踏み絵的な曲」だと思ってます!
この感じを「わかるかなぁわかんねぇだろうなぁ(←古っ!)」っていう!

ほんと最高のライブでございました!
投稿者:M鎖鬼
本当に長いな(^_^;)

Perfumeにも、のっちいますよ。ショートの一番男前な娘。
MCでの噛みっぷりが最強ですよ…

Perfumeにとっては大恩人の木村カエラの事を『木村カメラ』と言ってみたり…
投稿者:Goron-Jalko
せきじゃに(笑)
ちゃんとメンバー名まで考えたり、
写真撮ったり(ホント見たいわ。その写真…。)
40半ばの男たちがナニやってんすかー(笑)とツッコミたいトコですが、

か、かわいい…マヂ悶える…@
AutoPage最新お知らせ