2017/3/1  21:44

キッチンからのにおいクレーム  実践、実務、競売不動産
2004年11月に競売で落札した1件目の区分所有マンションですが、


この12年で現在3組目の入居者さんが住んでいます。


ここは、マンションということもあり


最近購入しているような大掛かりなリフォームはしてません。


クリックすると元のサイズで表示します


1ヶ月ほど前に入居者さんから連絡があり、キッチンからの排水のにおいが臭いのでなんとかしてほしいとありました。


すぐに職人に聞いたところ、掃除不足や排水パイプのどこかで隙間があいているかもしれないのでそこをビニールテープでふさげば解消すると思う。


ということでしたので、掃除とどこか隙間がないか様子をみてもらうことにしました。


先日、もう一度連絡があり、掃除もしたし、隙間もないです。

どうしてもにおいがひどいので、なんとかしてほしいと要望がありました。


職人に聞くと、現地を見ないとなんとも言えないということで現地に行ってもらったのですが、


購入時からついているキッチンを使っているのですが、

クリックすると元のサイズで表示します


よく見る公団型の安いキッチンで交換は一度もしていません。


通常のキッチンは配水管からのにおいを防ぐために


クリックすると元のサイズで表示します


こんな感じでごみ受けの下にふたがついています。


しかし、この排水トラップのないタイプのキッチンだったので


排水のにおいがダイレクトであがってきていました。


3組目の入居者さんで、前の入居者さんからにおいのことは言われたことがなかったので、皆さんガマンをしていたのかもしれません。


排水口周りだけを交換することもできないことはないそうですが、古いキッチンですのでサイズが合うかどうかもわからず、

仮にいけそうなサイズがあっても


のちに隙間ができそこから水漏れの可能性があるということでしたので、


キッチンを新しく入れ替えることにしました。


住みながらのキッチン交換ですので不便をかけますが、早急に工事をお願いしました。


所有して12年以上たつ部屋なのに、こんな問題があったとは驚きでした。


私のメインホームページ
めざせ、不動産投資で月々20万のキャッシュフロー
所有物件の詳細や不動産投資成功のノウハウを紹介してます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ