2017/11/29

福島市・四季茶房八夢  2017年秋のツアー

仙台から福島市の「八夢」へ向かう。今夜は、趣味の良いこの高級レストランでジャズと「母心」という福島出身の漫才、そしてBoowyのドラマーだった高橋まこと氏(福島出身)をゲストにしての私との演奏という豪華版のディナーショーである。

 本職の女性アナウンサーの司会でイベントは進行し、最後はボーカルの網浜大和氏を加えてBoowyのヒット曲を演奏した。

 ここの社長の発案での試み、お客様は拍手大喝采で随分と受けた。演奏後には白河のホテルへ。金澤氏は実家に泊まる。

クリックすると元のサイズで表示します
庭も素敵な「八夢」

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
紅葉の庭をバックにリハーサル

クリックすると元のサイズで表示します
池にも大きな鯉が一杯

クリックすると元のサイズで表示します
リハが終わってしばし散策

クリックすると元のサイズで表示します
今日も完売御礼

クリックすると元のサイズで表示します
鈴木社長と

クリックすると元のサイズで表示します
庭からは磐梯山が見えた

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
お料理も本当に美味しいんです

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
最初に母心の漫才

クリックすると元のサイズで表示します
プロのアナウンサー美信さんの司会

クリックすると元のサイズで表示します
トリオでジャズを演奏

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
高橋まことさん、網浜大和さんを迎えて

クリックすると元のサイズで表示します

0

2017/11/28

宮城県仙台・エル・パーク仙台「0才からのジャズコンサート」  2017年秋のツアー

仙台で初の「0才から」は繁華街にあるエル・パーク仙台で。三越の6階なので搬入口の床が滑らかに平らで、エレベーターも大きいので楽器や機材の導入がとても楽であった。

 午前は完売、午後もほど良い入場者で、ギターとドラムとピアノの組み合わせの「0才から」は初めてだったが上等にできた。CDの売上げやアンケートの評判もすこぶる良かった。

 今日の協力者である地元のジャズピアニスト、片倉さんには演奏後に、極上のカニ料理までご馳走になってしまった。バンド全員で感謝致します。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
午前は完売

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
さすがに都会。ベビーカーの来場者も多かった

クリックすると元のサイズで表示します
夜はカニ料理
0

2017/11/27

福島県白河市・しんきんホール  2017年秋のツアー

 福島県白河市まで2時間、演奏は夜なので太麺の白河ラーメンでランチの後は、ギターの金澤氏のお宅で休息をとらせていただく。

 演奏は新築の白河信用金庫のホール。前回もお世話になった白河のカフェ茶房瑠(サボール)のマスター鈴木さんや地元の有力者金田氏、悠人氏のご両親、おばあちゃんらのご尽力で実現した。

 子供から90歳代の方まで幅広いお客様、CDも良く売れた。

 演奏後に仙台市に向かう。一人で運転を担ってくれた木村紘には運転殊勲賞を差し上げたく思う。

クリックすると元のサイズで表示します
左が悠人くんのお母様、右が茶房瑠マスター鈴木さん

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/11/26

茨城県桜川市・Village  2017年秋のツアー

 今日からはドラムに木村紘、ギターに金澤悠人を迎えてのベースの無いトリオ。

 最初の演奏は茨城県桜川市のジャズライブハウス「Village」。土浦や日立から来て下さった方もいる。ロック風の曲も交えてダイナミックな演奏となった。最後は地元のベースとドラムの方も加わってのセッションでしめくくった。

 さて驚きは打ち上げの時に起こった。飲みながら食べながら話しているうちに、オーナーは「旅人」(冬場は都会でアルバイトして稼ぎ、夏は世界中を放浪する旅行者、1970年代にとても多かった。)だった事が判明。

 NYのイーストヴィレッジに住んでいたと言うではありませんか。同時期に私も同じ地域に住んでいたのです。そしてさらに「当時の知り合いは?」と尋ねると「サックスをしている人がいたな、彼はどうしているのかな?」、私が「その人は平田さんでは?」「えっ、何で知ってるの?」という事になったのです。

 私も数年前にフェイスブックで再会し、今は岡山に住んで手広く事業をし、私のコンサートも支えてくれる方が平田さんなのです。過去20年以上、オーナーも彼に連絡したかったというのです。こんな偶然もあるのですね〜、と驚いた晩でした。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
地元の方たちとのセッション

クリックすると元のサイズで表示します
Villageのマスターと
0
タグ: クニ三上 桜川

2017/11/24

一旦帰京  2017年秋のツアー

 宿舎近くの「高木珈琲店」でモーニング。ライオネル・ハンプトンのCDが流れている。東京に向かう。
クリックすると元のサイズで表示します
帰りの東名高速から見える富士山は雪が積もっていた
0
タグ: クニ三上

2017/11/23

京都・Namホール  2017年秋のツアー

 和歌山から2時間で京都へ。今回のコンサートを企画実行して下さったのは中村夫妻。

 私が演奏していたNYのバードランドで出会った中村京さんの経営するヨガやフィットネスのスタジオを訪問する。外壁や内装は米国東部風に作られている。

 近所の本当に美味しく値段もリーズナブルなフランス料理店でランチ。それから宿泊する1軒屋のb&bへ向かう。

 演奏会場に向かう車の窓からは虹が見えた。個人の持ち物というNam Hallは、とてもモダンで素敵です。最初のステージは今日で最終となる林・横山とのトリオで演奏。

 休憩後にはゲストとしてロスアンゼルスのサックス奏者Chazzy Green 氏が参加してファンキーな演奏を披露、会場はダンスパーティ気分となる。お客様を乗せるのが上手いプロのステージだった。アンコールを含めて楽しく演奏した。

クリックすると元のサイズで表示します
京さんのヨガスタジオ

クリックすると元のサイズで表示します
スタジオ前で中村さんと

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
カジュアルフレンチレストランで美味しいランチを頂いた

クリックすると元のサイズで表示します
古民家を改装した一軒家が海外からの人が泊まれる施設になっている

クリックすると元のサイズで表示します
玄関もこんなにきれいになっています

クリックすると元のサイズで表示します
加茂川の橋を渡ると虹が見えた

クリックすると元のサイズで表示します
この地下が今日の演奏場所

クリックすると元のサイズで表示します
満員御礼「Sold Out」です

クリックすると元のサイズで表示します
最初は京さんのご挨拶

クリックすると元のサイズで表示します
まずはトリオで演奏

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
二部はサックスのグリーン氏を迎えて

0
タグ: Nam

2017/11/22

和歌山市民会館・0才からのジャズコンサート  2017年秋のツアー

和歌山市民会館での「0才から」は市民会館との共催、それに音楽愛好会フォルテとキッズステーションの協力を得て今年で5回目である。

 毎年のように来てくれる人も多く、赤ちゃんの時から来ていて小学生になった子もいた。

 共催の市民会館の方々も大勢配置してくださって、スムースに進行した。

 午後は雨模様だったのに、午前、午後共に沢山の来場者であった。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
会館が新しいマットを買ってあった

クリックすると元のサイズで表示します
入場の様子

クリックすると元のサイズで表示します
今年も満杯です

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
CD売り場も大盛況

クリックすると元のサイズで表示します
ひっそりとした休憩時間

クリックすると元のサイズで表示します
キッズステーションの方たちと、撤収が終わった会場にて

0

2017/11/21


 オフなので、林−お城見学、釣り、横山−大阪まで足を延ばしてレッスン、私−和歌山散策など思い思いに過ごす。
0
タグ: クニ三上

2017/11/20

和歌山へ移動  2017年秋のツアー

 徳島からフェリーで和歌山港へ、そして和歌山城前のホテルに到着。お城はライトアップされていた。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/11/19

高知県馬路村・魚梁瀬小中学校  2017年秋のツアー

 2ヶ月の秋のツアーも後半である、馬路村魚梁瀬地区小中学校の体育館での「0才から」には人口150名にしては多い子供達、と思っていたら馬路地区から30分かけて、また高知市内から2時間以上かけていらした方々もいたのであった。ありがたく嬉しい事です。

 演奏前には復活されて公園の敷地内を走る森林鉄道に乗車(一人4百円)、ベースの林正男は運転手(千円)となる。彼の念願が予期せぬ所で叶う。

 演奏後には役場の方に馬路まで同行して頂き、モダンな建築の柚子の加工工場や特産物店、杉の製品などを足早に見学した。それからクネクネ山道を1時間半、徳島県南部に到着、宿泊する。周囲の店は8時で閉まっている。。。

クリックすると元のサイズで表示します
赤い橋を渡ると魚梁瀬地区

クリックすると元のサイズで表示します
標高が高いので高知市内より紅葉もきれいだった

クリックすると元のサイズで表示します
村の看板には我々のポスターが

クリックすると元のサイズで表示します
地区一番の立派な建物が馬路村役場魚梁瀬支所

クリックすると元のサイズで表示します
地区唯一の宿泊施設満木荘

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
子どもの数が少ないので小中学校が一緒になっている

クリックすると元のサイズで表示します
森林鉄道

クリックすると元のサイズで表示します
森林鉄道の車庫

クリックすると元のサイズで表示します
この汽車に乗ります

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
運転手は林正男

クリックすると元のサイズで表示します
乗客は三上他2名

クリックすると元のサイズで表示します
汽車を降りてもなお、係の人に話を聞く鉄道好き林

クリックすると元のサイズで表示します

というわけで記念撮影
クリックすると元のサイズで表示します
いよいよ演奏の仕事。魚梁瀬小中学校体育館

クリックすると元のサイズで表示します
今回の横山ドラムは本革なので、温めたりしています

クリックすると元のサイズで表示します
こんなに大勢集まってくれた

クリックすると元のサイズで表示します
飲み物もあります

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
昔は天然杉で栄えた地域だけあって、学校の建物にも木がふんだんに使われている

クリックすると元のサイズで表示します
花束贈呈

クリックすると元のサイズで表示します
帰りに通ったやなせダム

クリックすると元のサイズで表示します
馬路村馬路地区にあるゆず工場

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
工場の入り口もお洒落なのである

クリックすると元のサイズで表示します
人気のパンやさん。我々が到着した時には完売であった

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ