チルトステアリング  カマロ

ここ2・3ヶ月、まともにカマロをいじっており
ませんので、前に行ったメンテナンスをアップす
ることにします。

但し、今回、非常に長いので、気合を入れてから
読んで下さい。・・・(爆)




実は、カマロのステアリングって、チルトステア
リングになっていて、オーナーの好みの角度にス
テアリングを持ってこられますよね。

勿論、私のカマロも例外ではなく、好きな角度に
チルトします。
しかし、去年の購入当初より、気になっていた事
がありまして・・・

というのは、チルトステアリング自体の遊びとい
いますか、ガタと言いますか、ステアリングを持
った状態で上下に動かすと少し、動くんですね、
カタカタと・・・。

>今にして思うと、この時点から間違ってますね(笑)

以前乗っていた、クラウンのパワーチルト(電動)
の感覚のせいか、
”チルトのガタって、こんなにあるものだったっけ?”
と言う風に、ちょっと感じていたのです。
今にして、思うと、”まぁアメ車だし”(笑)なん
て、思っていた部分もあるのは事実ですね。

そんな風に思いながら、月日が経ち、3月下旬にな
った頃でしょうか?
ハンドルのガタが、気持ち大きくなってきたように
感じるようになってきましたある日の事、夜、車で
走っていて、ライトのハイビームを戻そうとして、
ライトコントロールレバーを引いても、ビームが下
がりません・・・
”カチン”と言わないのです。
対向車からはパッシング、こちらもレバーを何回も
引いてみたりして必死です(汗)。なんで、どして?

結局、その先の左カーブで左にハンドルを切ったと
きに、レバーを引いたらビームが戻りました。
その日は、その後、数回、こういうことがありました。

その次の日の朝、昨日の原因を探ろうと、車に乗り
込んで、エンジンを掛けて、ハンドルを握って、調子
を見てみると、???

ハンドルが上下に、ガタガタ動きます!
これは流石に、驚きました。
100%、おかしいぞ!
しかも、チルトに問題あり!

ということで、ステアリングコラムの分解です。

ハンドルを外しての作業になりますが、まず、
バッテリーのターミナルを外して下さいね。
(ホーンが鳴り響きます)
また、私のカマロはエアバック無しですので、
お車によって、エアバック装着車はお気を付け
て作業を行って下さい。

まず、ステアリングポストのナットを外してハ
ンドルを外すのですが、国産のように体重を掛
けて引っ張っても取れません。
(稀に取れるものもありますが)

ACコンプレッサーのプーラーを使いましょう。
(丁度、使いやすいです)
これで、ハンドルが外れます。

次に、ハンドル下のパネルを外し、ステアリング
シャフトにくっついている、ターンシグナルスイ
ッチのハーネスを外しておきます。
(これをしておかないと、先の作業が進みませんので)

ハンドルが、外れたら、マイナスドライバーで良い
ので、シャフトロックカバー(軟いプラスチック
みたいなもので出来てます)をまず外して下さい。

クリックすると元のサイズで表示します

すると、この状態になります。

次に、ステアリングシャフトロック(淵に溝の切
ってある円盤)を外しますが、ステアリングシャ
フトに、Cリングで留めてあり、また、強力なス
プリングで裏から、ガッシリ押さえられてますの
で、私は全体重を掛けて、汗だくになりながら、
外しました。
(NAOさんは自作のSSTを作って、作業をし
ておりました。その方が、非常に楽ですね)

するとターンシグナルスイッチが見えますので、
3本のネジを外して、ターンシグナルスイッチを
外して下さい。(私は、そのままぶら下げて、作
業をしておりましたが・・・)
この状態ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

次に、ハウジング(カバー)を外すので、ロック
シリンダーセット(まぁキーシリンダーの事です
ね)を外します。
ロックリテーニングネジ(六角)一本で止まって
います。
次に、ライトレバーを外します。
これで、カバーが外れます。
(ちょっと、コツがいりますけど、大丈夫だと
思います。)
下の写真の状態になるはずです。

クリックすると元のサイズで表示します

次に、ステアリングシャフト(以下シャフト)
にある、カラーを外し、同じくベアリングを
外します。
シャフトの真下部分にある、チルト用のスプリ
ングをフリーにするため、プラスドライバーで
スプリングリテーナーを押さえつつ回して
(結構、スプリングが強いので気を付けて下
さい)外し、スプリングを抜いて下さい。
とりあえず、チルト機構の部分がフリーに
なり、上下に動くようになります。

次に、左側に付いている、ライトスイッチを外
し、イグニッションのアクチュエーターラック
を外し、左右のピヴォットピン(本来SSTが
必要ですが、ちょっとしたコツで外す事が可能
です)を、外します。

これで、ゴッソリ、この部分が外れます。

ということで、その奥に、見える、写真に写っ
ている、3本のトルクス、こいつらが原因で、
しっかり、緩んでました。

クリックすると元のサイズで表示します

さすがに、18年も経つと、こんな所のネジも
緩むんですね。

あとの、組み立ては、基本的に、この逆の順序
ですが、シャフトのベアリングやカラーなど、
たくさん部品がありますので、組み間違えない
ようにして下さいね。
(皆さんの事ですから、こんな心配は皆無だと
思いますが、念の為・・・笑)

皆さんの、チルト、大丈夫ですか?


つ、疲れた・・・(^。^)y−。0O

0



2011/12/19  15:55

投稿者:YOU

初めまして、左右のピヴォットピンはどうやって外したのでしょうか?
現在左右のピヴォットピンに苦戦中です。
教えていただけると助かります。

2007/8/2  18:51

投稿者:アイロック89(1692改め)

>はじめまして、ケーさん。

コメントを頂きましてから、お返事をするまでに実に、二ヶ月を過ぎてしまいました。
申し訳御座いません。

もう、作業の方は終了して、快適なカマロ
ライフを送っている事でしょうね。
また、今後とも宜しくお願い致します。

http://black.ap.teacup.com/iroc-z89

2007/6/1  18:44

投稿者:ケー

はじめまして、色々と参考にさせていただいています。
今自分も、チルトをばらしている所なのですが、どーしても左右のピボォットピンが外れないので、外し方を教えていただけませんかよろしくお願いします。

2006/9/12  22:34

投稿者:1692

火の鳥さん。

普段から、私達の車は”いつか
はくるんだ”と、頭ではわかっ
ていても、こうして、トラブル
がいざ発生してしまうと、やっ
ぱり、ショックは大きいですよね。
(明日は我が身です・・・)

でも、だからこそ、それなりに
愛着も、大きいですけど。

時間を掛けてでも、しっかりと直
してあげて下さいね。

と言ってる私の車も、いつかは
・・・恐

http://black.ap.teacup.com/iroc-z89/

2006/9/12  20:53

投稿者:火の鳥

ご無沙汰しております!
NAOさんのところでコメント読みました。
お気遣いありがとうございます。

今回の件では乗り換えもほんの少し考えましたが
復活させる方向で考えています。
予算の都合もあり、今直ぐにとはいきませんが
近々復活させたいと思ってます。

2006/9/8  20:42

投稿者:1692

>円盤

そうですよね。

私の場合、組み込むときも全体重を
掛けて、悪戦苦闘の末、成功しました!
(ちなみに、これだけで汗びっしょりです)

>ブログのページを作ってみました(^_^)
早速、追加しました!
これからも、お互いに宜しくお願いします。

2006/9/8  7:21

投稿者:NAO

この作業は円盤の脱着がミソですよね。
ヘタすると組めない・・・(^_^;)

あっそうそう
記事はまだなんですが
ブログのページを作ってみました(^_^)
お気に入りにいれておいてくださいね


http://black.ap.teacup.com/gtrrb26dett/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ