Ginn 's Motor Cycle SYSTEMS (カタナDIYカスタム)

車・バイク・人型機械・マンガなど、熱く語れる人よ、ここに集え!

製作記録車両:「仮称:GSX−1156S−FSX1 Ginn's KATANA」 & GSX−400S カタナ  
そして
S2000は、おまけだ。

 

カレンダー

2017年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:G
多分、先月までは右腎にいた結石が先々週末あたりから暴れ始めたようで、悪寒があったのが自覚症状でした。

レントゲンで見たところ、長さ10.2mm、幅6mm程度の医師が尿管に侵入しました。

腎臓から出てきたのは進捗していたのだけど、いっきに出血があったし、クスリが切れたしと、病院に行ってきたのだけど、処置らしい処置はなく、クスリが出ただけ。

尿管に滞留している期間が長いようだったら手術も検討するっているけど、カテーテルだってさ。

先っちょから差し込んで石を突く術式らしい。
投稿者:ミスターX
石は停滞しているのかな? 見つからず?
投稿者:G
>J
今回は大変ご迷惑をおかけしました。
シートはご愁傷さまです。中古見つけて張り替えようかい?

後日談です。
再度キャプをまでアプローチしてフロート周りを分
分解掃除をしてみましたが、汚れ・傷など目視できる範囲ではオーバーフローする要素が見つかりませんでした。
可変バルブの蓋にレーサーそしての名残で、ドレンが着けているのだけど、この基部からも漏れがあったので、今日は、そこも補修していました。キットパーツなので、予備が調達できないのです。
そして、事件が起きた。
???なぜにガソリンタンクがこんなに軽くなってんだろう???確かに、秒間1滴はぽたぽたしてたけど?周囲にガスが漏れた痕はないし。
組み立て後の試運転でそれは起きた。
アイドリング開始と同時に右バンクのチャンバーからどぱっと黒い液体が噴出した瞬間、「ファ?何・・」と思った瞬間、KILLスイッチ。
周囲に混合ガスがぶちまけられてしまった。



換気扇用マジックリン1本と物干しに干していたタオル5枚で何とかタイルに巻き散らかした混合ガスをふき取った。
ああ、焦った。

問題は、チャンバーに溜まってしまった混合ガスだ。抜くに抜けないし、サイレンサーとのジョイントからポタポタ漏れてくるし・・・。
仕方がないので、向かいの堤防まで持ってって、レーシングして排出させた。

ガスが、後方5m以上バシャーン!と噴き出す様はマジパなかった。

アクセルに信じらえれないくらいのリバウンドというか感触があった。
投稿者:J
今回は災難じゃったねぇ。
まぁでも安全第一ってことで、またの機会に。

P.S.ついにシートが逝った・・・。
投稿者:G
やべえ。
看護師さんにすっかり心配されている。
余裕、あるのに。
投稿者:G
充電したところ、セルは元気良く回った。が、しかし、火は入らなかった。当然といえば当然か。

気分転換にパチンコ屋でエヴァ10で連休中遊びの経費程度稼ぎ出した。

ところが!尿路結石が暴れだしてきたので、今、病院。
ワインみたいなのが出てきた!
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ