復讐代行 職業別電話案内には掲載されいない業者です!! 復讐は法律の観点から言えば、違法。 断固として復讐を悪だと言い否定する人は、屈辱を味わされた人や虐められた人の気持ちを理解しているのでしょうか? 強者がのうのうと生き、虐められた弱者は屈辱を受けたまま、苦しみながら生きていくのが正しいのでしょうか? 強者ばかりが悪行をしても誅罰が下らず、弱者ばかりが苦しむのは理不尽ではないでしょうか? 相手に同じ屈辱を味わせても悪くはありません。そもそも復讐される人間の身から出た錆なのだから自業自得となります。

 

安楽死  代行 復讐屋

安楽死をしたい!!という希望者が実に多い。


死ぬ権利を訴える団体が手助けを行うことで、スイスへ自殺志願者が渡航する。自殺幇助を営利目的で行うことは厳しく禁止されているらしいが、実際は70万円の費用で「安楽死」できるツアーがあります。


スイスは自殺幇助が合法であり重度の病気のため安楽死を希望する人が増えている。


安楽死に使われるのは鎮静麻酔薬ペントバルビタールナトリウム

クリックすると元のサイズで表示します


錠剤型の商品ラボナも販売されている



動物の安楽死やアメリカで死刑囚に使われ問題になった。
人間の死刑執行には本来用いられるはチオペンタール(アメリカではチオペンタールは製造停止)


制吐薬を服用後約1時間後に、致死量の粉末状ペントバルビタールを1杯の水又は果実飲料に溶かしたものを飲む。ペントバルビタールの過剰摂取は中枢神経系の活動を弱め、摂取者は5分以内に眠りにつく。次第に呼吸がより浅くなり昏睡状態へと移行し、30分以内に呼吸が停止し死に至る。



自殺幇助する団体の死生観

生が「義務」ではなく「権利」であるならは、人には生きる権利と共に「死を選ぶ権利」があるはずだ。生きる権利を認めながら死を選ぶ権利を認めない社会というのは、一見人道的に見えるが、実は非人道的だと思う。死を望む人に生を強要する権利は、誰にもない。


だそうです。


よく死にたい、という人からメールが入るが、理由は些細な事が多い。
理由を聞くと、とても人生絶望するほどのことはない。
なのにどうして殺してほしい、というのが分からない。

絶望することなんてこの世の中にはないのに…。



スイスには安楽死を請け負う有名な団体が2つあります。
「ディグニタス(Dignitas)」と「エグジット(Exit) 」です。



「ディグニタス」の方は外国人でも可能なので「ディグニタス」に助けを求める人の9割は外国人。そして「エグジット」に比べて「ディグニタス」を利用する人は2倍もの人数になっている。



このことから安楽死をする場合はスイスの「ディグニタス」が良いだろう。
ちなみに飛び込みでできるようなものでもないので一度メールでコンタクトを取ることを推奨する。(「ディグニタス」は会員制)
http://www.dignitas.ch/



会員になるのに掛かる費用が約25万円
決行する際に約25万円
スイスに行く費用などを加えると合計で約70万円



こんなカネを掛けて死ぬ必要はないと思うが、要するに人は一人で死ぬのが嫌で、誰かに看取ってもらいたいからだろう。



日本でも安楽死は実現できる

直ぐに意識を喪失し、そのまま眠りつつ息を引き取ることが可能。


実際の死因は窒息死
ヘリウムガス自殺での実際の死因とは、酸素欠乏による窒息死である。ヘリウムガスそれ自体は危険ではない。

ただ、ヘリウムが体内に入れば血中溶存窒素や二酸化炭素が一気に気化して大変なことになる場合もある為に、そういった見方からすれば、有害ではある。

但し、毒ガスのサリンのように、気体そのものに有毒性がある訳ではない。まあ、吸い過ぎると大変な目に遭う。

脳に酸素が行き届かなくなるので、意識を失う。そして間もなく呼吸が停止する。そのまま体に酸素が無い状態が連続すると、約13分後に死に至る。


・睡眠薬と違い、個体差が少なく、正しい状況さえ作れば、自殺未遂の確率は極めて低い。


・昏睡状態の為、上手くいくと一瞬で意識を失い、苦痛を最小限に抑えることが出来る。


・他の自殺と異なり、血流を止める訳ではないので、鬱血等も起こりにくく、また死体も非常に綺麗だと言われている(まあ、死後の自分の死体のことまで考える人は少ないと思われるが)。


・ヘリウムガスそのものは無害な為、硫化水素や練炭と異なり、他の人を巻き込んで死なせたりする、いわゆる二次被害のリスクを最小限に抑えることが可能である(但し、自殺した場所が事故物件となる等の被害は当然発生する)。

クリックすると元のサイズで表示します

使い捨てヘリウムガス 400リットル 1本
販売: ストア・エキスプレス オンラインショップ
¥9,190

経験したことがないが、計算上では安楽が可能だろう。
世の中悪人ばかりだし、住みにくいとなると死にたくもなるだろうな


 

夫を殺したい主婦  代行 復讐屋

笑える内容


死んでほしい夫、殺してやりたい夫

夫とは15年近く我慢して結婚生活を送っています。
結婚当日から嫌いで嫌いでたまりません。
母親の命令で離婚出来ません。
親戚や近所の世間体、子供が父なしになるからです。早く死んでほしいと毎日思っています。
こんな夫の身の周りの世話をしながら夫の下着を引きちぎりそうになりながら死ね〜死ね〜と念願を唱えていますがなかなか死にません。身長が166cmで体重が88kgありなす。とにかくだらしがなく思いやりがなく、ごろごろごろしていて腹立たしくてたまりません。首をしめてやろうと想像もしますし、包丁でめったざしにしたいという願望で脳内殺人を毎晩しています。家事は一切しなく、細かい事もなにもせずタダでつかえる家政婦がわりにされています。こんなメタボな最低で汚くて最悪の性格で最悪の不細工男は一度も夫と認めた事はありません。最近人間ドックで私は不治の病だとわかり、
話したところ鼻で笑われました。私の保険金めあてです。
くやしいです。
こんな夫の天罰を下すにはどうすればいいでしょうか?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1191407471

この回答が・・

>別居でもいいじゃないですか・・・

>死んだら死んだで、生活に困りますよぉ・・・

専業主婦さんなんですよね・・・

>子供の教育費、ばかになりませんよぉ〜〜。


・・


不治の病ですか・・・・余命もあまりないのでしょうか。

ご愁傷様でございます。

離婚はできないけど

悲願だった、大嫌いな旦那様と近いうちに離れることができますね。

一生会うことも、顔を見ることも、見られることも、なくなりますね。

天罰が下ったのは不治の病に侵された、あなたのようですね。

自分の不治の病とやらを知ってもなお、旦那さんの死を願うことしか出来ないなんて

かわいそうな人ですね。

本当に、本当に 申し訳ないですが・・・あまりに暇だったので回答ではなく

感想文。っぽくなりました。

実は・・・あなたの愚痴には全く真実味を感じないんです。

ごめんなさいね^^



ここまで転記


クリックすると元のサイズで表示します

他人事だからいい加減な回答しているが本人にとっては深刻な問題。
この相談者を批判することはいくらでもできる。
しかし、批判しても問題は解決しない。


この場合、どうするか?

ズバリ、殺したほうがいいと思う。
15年間の憎しみは消えることはないし、離婚が難しいなら病死にすればいい。

警察は家の中で死ぬと病死と他殺の疑いで調べられる。

連続女性毒殺魔・杉村サダメ事件
http://yabusaka.moo.jp/sadame.htm

この事件では夫をメチルアルコール中毒で死亡させている。


少し殺しすぎたが、上には上がいる。

クリックすると元のサイズで表示します


旦那一人殺すにも少々の小細工は必要。
風呂に入ったときに体温計の水銀をこぼしておけば、蒸発した水銀を吸い込み呼吸困難になり水死する確率が高い。水死しなきくても肺に入った水銀によって呼吸困難になり長生きはできない。

バレても水銀計を間違って割ってしまった、と言えばいいだろう。

クリックすると元のサイズで表示します


ジメチル水銀は、無色の可燃性の液体で、最も強い神経毒の一つである。
わずか0.001ml吸入しただけで致命的である。


簡単にジメチルスルホキシド100%のものが何も資格も手続きも無しで海外サイトで購入可能。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1462805299

まあ、ここまでしなくても体温計の水銀を吸い込むと死ぬのは確実。




 

妻を殺そうとして夫が雇った殺し屋  代行 復讐屋

独身者の恋愛と異なり、既婚者の不貞行為は不幸な結末を招きます。寂しかった、体だけの関係などの言い訳は通じず、裏切られた男性は離婚・慰謝料・職場報告等の制裁を間男・妻に対して行います。


少し前の話ですが、妻を殺そうとして夫が雇った殺し屋が逆に妻に殺害されるという事件が起きていたようです。殺し屋を差し向けるという状況もさることながら、逆に殺し屋を殺害するという前代未聞の事件は当時も衝撃的だったようです。なぜ夫は妻に殺し屋を差し向けたのか、またどのようにして殺し屋を撃退したのか見てみましょう。


詳細は以下より。Man at center of failed hit man plot sentenced to 10 years | KATU.com - Portland, Oregon | Local & Regional
http://www.nbcnews.com/id/14859827/


殺し屋と勇敢に戦ったのはSusan Kuhnhausenさん(当時51歳)。Susanさんは仕事を終え家に帰ると、カナヅチを持った殺し屋と遭遇。Susanさんは素手で殺し屋に立ち向かい見事撃退。しかし勢い余って、自分を殺そうとした殺し屋を逆に殺害してしまったようです。


Susanさんを襲った殺し屋の名前はEdward Dalton Haffey容疑者。Haffeyはアダルトビデオショップで働いており、過去に強盗や今回のような殺人共謀罪で長い間服役していたとのこと。


Haffey容疑者の死因は絞死。Susanさんはすぐにカナヅチを奪い取り、反撃にでたようです。Susanさんは体格が大きく、一方Haffey容疑者はきゃしゃな体格であったため、Haffey容疑者が力負けしたと考えられます。Susanさんも頭部などにケガを負ったようですが、幸い一命を取り留めた様子。Haffey容疑者の死体は玄関で発見されたとのこと。

この方がSusan Kuhnhausenさん

クリックすると元のサイズで表示します


その後、Haffey容疑者は夫のMichael James Kuhnhausen Sr.容疑者(当時58歳)が妻を殺害するために雇った殺し屋であることが判明し、Michael容疑者は殺人未遂と殺人共謀罪で拘留されたようです。Michael容疑者はHaffey容疑者が働いていたアダルトビデオショップの上司だったとのこと。当時、Michael容疑者とSusanさんは離婚調停中で、何とかして和解に持ち込みたいと考え殺し屋を差し向けたようです。

Michael James Kuhnhausen Sr.容疑者

クリックすると元のサイズで表示します

警察はSusanさんの行動は正当防衛として認識していると発表。Michael容疑者は懲役10年の判決を受けたとのこと。

この事件に関してニュースで報道されました。


クリックすると元のサイズで表示します


 

離婚したい方は必見|離婚で損をしない為の知識  代行 復讐屋


クリックすると元のサイズで表示します

もしあなたが離婚したいと思い立っても、すぐに離婚してくれと相手に伝えるのは待った方が良いでしょう。勢いで離婚してしまう事にはリスクがありますし、いっときの感情で離婚を決めてしまうのは早計かもしれないからです。

クリックすると元のサイズで表示します

そもそもなぜ離婚したいのかという事を、一度冷静になって考える時間も必要だと思いますし、離婚の理由や準備に何が必要かもわからないのではないでしょうか。


そこで今回は、離婚したいと思っている方が知っておくべき事をまとめましたので、参考にしていただければ幸いです。


あなたはどうして離婚したいと思ったのでしょうか。価値観の違う人間が2人でいれば何かしらの衝突や意見の対立が起きるのは当然かと思いますが、まずは離婚したいと思った方の理由などを見ていきましょう。


クリックすると元のサイズで表示します

離婚したい理由トップ10位と離婚を決めた瞬間


離婚したいと考えて、実際に離婚した世の中の夫婦はどんな理由で離婚に至ったのか。実際さまざまな理由があるとは思いますが、司法統計による離婚原因トップ10と、代表的な離婚を決意した瞬間をご紹介します。



司法統計による離婚原因ランキング

•1位:性格の不一致


•2位:DV・家庭内暴力


•3位:生活費を渡さない


•4位:モラハラ


•5位:浮気や不倫(優良な探偵に浮気調査を依頼したい方へ→「探偵の無料紹介+浮気の無料相談窓口」)


•6位:度を超えた浪費


•7位:家庭を顧みない


•8位:異常性格・自己中心的な考え


•9位:家族・親族と折り合いが悪い


•10位:酒を飲みすぎる



様々な原因があることがこの結果をご覧いただければお分かりになったかと思いますが、見ていくと夫婦間の思いやりの低下などが信頼関係の崩壊に繋がり夫婦関係が破綻してしまった、ということに集約されると言えます。



離婚を決意した主な瞬間

約1分49秒に1組が離婚すると言われる現在の日本ですが、前項のような離婚原因に至る離婚を決意した瞬間には以下のようなものがあったようです。


•・相手に多額の借金があることが発覚した時


•・生理的に受け付けなくなった時


•・些細な事で喧嘩する事が多くなった時


•・どちらか一方の経済的負担が多くなった時


•・不倫や浮気をされた時


•・協力し合う関係が築けなくなった時



夫婦はお互いに協力し合うものと言われますが、借金にも限度というものがありますし、顔を付き合わせるたびに喧嘩などをしているようでは、離婚するべくしてしたと言わざるを得ないかもしれません。


また、浮気や不倫は繰り返すとよく言いますから、離婚を決意してしまうきっかけになるのは仕方がないことだと言えると思います。浮気されて離婚する場合は、証拠があれば慰謝料請求できますのでプロに依頼して浮気調査をすることを検討してもいいかもしれませんね。


離婚を決めてからの行動はこれから詳しくご紹介していきますが、どうして離婚を決意したのかの詳細は「離婚を決めた瞬間と理由」をご覧いただければと思います。



男女で違う離婚したいと思う理由

少しだけ触れましたが、離婚したいと思う理由は、じつは男女で少しだけ違っています。もはや男と女では考え方の違う生き物といっても良いので、当たり前といえばあたり前ですが、知識としてどんな違いがあるのかを知っておいても良いかと思います。



協議離婚(調停離婚)はどんな理由でも離婚が可能

今、「離婚したい理由トップ10位と離婚を決めた瞬間」などであげた項目は、夫婦間の話し合いで決める協議離婚であれば、どれが該当していようと双方の合意があれば離婚することは可能です。

極端な話をすれば、浮気や不倫をしてしまったほうから離婚を申し出ることもできるというわけです。



裁判離婚の場合は法律上の離婚理由が必要

夫婦間では離婚の同意が得られなかった場合、最終的には裁判で離婚する必要がありますが、裁判の場合は民法に定められた離婚事由がないと離婚できません。

その民法が定める離婚事由は5つあります。


•・不貞行為(770条1項1号)


•・悪意の遺棄(770条1項2号)


•・3年間の生死不明(770条1項3号)


•・重度の精神病となり回復の見込みがない(770条1項4号)


•・婚姻を継続しがたい重大な事由(770条1項5号)



「婚姻を継続しがたい重大な事由」とは、婚姻関係が深刻なレベルまで破綻し、婚姻生活の回復の見込みがない状態をいい、これを抽象的離婚原因(相対的離婚原因)といます。


裁判では「夫婦はやり直しができるのか?」ということを検討しており、客観的な判断基準としては「別居期間の長さ」を検討材料としています。


5年も別居期間があれば「婚姻を継続し難い」と思われる可能性は高いですが、一概には言えませんので、詳しい内容は「裁判離婚で必要になる5つの理由」をご覧頂ければと思います。



離婚する事自体のメリットデメリット

離婚したいと思ったらすぐに行動に移す方も多くいらっしゃいますが、離婚すること自体のリスクやデメリット、あるいはメリットなどを確認しておく必要もあります。


まずは離婚をするしかないのか考えてみる

離婚は様々なリスクや心身の疲弊が伴いますし、特に専業主婦は離婚後に収入が無くなる可能性もあります。住まいを探す必要があるかもしれません。


男性の場合も同様で、財産分与、子供の養育費を支払う義務を追いますから、離婚はあなたが思っている以上に負担のある行為です。だからと言って離婚を考え直すかどうかは別問題ですが、こういったリスクを背負ってまで離婚をしたいのかどうかは、一度冷静に考えておくと良いと思います。


離婚する事で得られるメリット

離婚のリスクを知った上でも、離婚をすること自体のメリットがないわけではありません。


自分の思い通りの時間が過ごせる

夫婦生活の苦痛の一つが時間の使い方ではないでしょうか。相手の出勤時間に合わせてお弁当を作る、入浴時間をずらす、話しかけられたくなくても話さないといけない場面もあるでしょう。些細なことと思えても、自由に時間が使えるのはなによりの贅沢です。


堂々と「恋愛」ができる

夫婦となった異性とは違う恋愛を楽しむことができます。夫婦になると空気のような存在、いてあたり前とはよく言われることですが、空気ならいてもいなくても一緒であるとも言えます。

残念ながら離婚したものの、その後再婚して幸せな過程で生活している方はたくさんいます。離婚を経験したからこそ、その経験が次の恋愛や結婚に活かせることもあるでしょう。


自分のやりたいことが出来る

子供がいれば特にそうかもしれませんが、離婚して独り身になれば自分の意志に従って、これまでやりたくてもできなかったことや、結婚を機に諦めてしまった夢や資格取得などにチャレンジできます。離婚はネガティブなことと捉えられがちですが、未来の可能性が広がったとも考えられます。


配偶者のDVなどから逃れられる

もし配偶者によるDVやモラハラがあった場合、被害にあわなくなることが何よりも離婚のメリットと言えるでしょう。DVで命を落とすことやモラハラでうつ病を患ってしまう方も少なからずいますので、離婚をすることで、そのような厳しい状況から脱出できることは大きな利点です。



離婚する事によるデメリット

次に離婚したことにデメリットを見ていきましょう。



経済的な不安が大きくなる

離婚した最大のデメリットはお金の面で困る可能性が高いことです。夫と生活していた頃には実感がなくとも、離婚し一人で生活し始めると自身の少ない収入や目減りする貯金額にストレスを感じてしまい、離婚を後悔する方も少なくありません。独り身であればそれほど難しいことではありませんが子供を伴った離婚は経済的な苦労をしやすいといっても過言ではありません。


人によっては自分に使える時間が減る

専業主婦が離婚すると、これまで行っていた家事労働以外に自身の生活費を稼ぐために仕事をしなければいけません。また子供がいる場合、子育ても重なり結婚生活中よりも離婚後の生活の方が様々なことに時間を取られてしまう可能性が高まります。


社会的立場が弱くなる

離婚したという事実は、離婚率が高まった現在でも誰しもに歓迎されるものではありません。配偶者がひどかったなど離婚の理由をわかってくれている近しい人達であれば、あなたの選択を尊重してくれるでしょうが、「離婚経験がある」という過去だけを見られてしまうとあなたの信用が落ちてしまったと感じることも少なくないでしょう。


いざという時に頼りになる人がいなくなった

結婚中に揉めることが多く相手との時間が嫌になり離婚をしても、いざ離れてみると頼りになる人を失ってしまったと、喪失感にさいなまれる方も多いようです。日常生活を過ごしていると相手の良いところも悪いところも見え、あなたの心理状況によっては悪いところにばかり目がいってしまうこともあるでしょう。


離婚のメリットを高める為にできる事

まずは離婚後の生活を明確にイメージすることが大事です。「どれくらいの家賃の家に住んで」「どんな仕事をして」「どれくらいの余暇に使う時間があって」「どの程度使えるお金があるのか」などです。このような項目にそって自身の離婚後の生活に必要な準備を離婚前から進めておきましょう。

さらに、周りの人から心ない言葉が投げかけられる可能性もゼロではありません。周りの意見で離婚を後悔するようでは、離婚しても幸せに感じる時間が減ってしまいます。選択が間違っていなかったと、毅然とした態度でい続けられるように、精神な準備も離婚前に進めておくといいでしょう。

もし、こういった辛いことに耐えられないようであれば、離婚をやめて修復の道を模索された方が良いかもしれませんね。離婚せずに解決する方法については「離婚したくない場合に離婚せずに解決する方法と手順」を参考にしてください。



離婚の手続きと種類を確認する

離婚の手続き

離婚を具体的に進めていくには3つの方法がありますので、それぞれの方法を確認していきましょう。


協議離婚

夫婦間の話し合いで解決を図る方法で、離婚の9割がこの協議離婚で離婚するのが日本の現状となっています。離婚届を書いてお近くの戸籍課に提出するだけで離婚が完了する最もシンプルかつ最短の離婚方法と言えます。


離婚の同意が得られない場合は離婚調停に進みそこで解決をはかり、ここでも離婚の同意が得られない場合は裁判に移行します。協議離婚自体には決まった方式はありませんので何から始めても良いのですが、以下のような流れで考えていただければ良いかと思います。


•1:離婚後の生活について検討する


•2:離婚後の生活環境について考える(住居・学校等)


•3:養育費・財産分与・慰謝料等の金額を決める


•4:離婚の話を切り出す


•5:夫婦間で「2」「3」など話し合いを行う


•6:決まった内容を離婚協議書または公正証書にまとめる


•7:離婚届を市町村役場に提出



詳しい手順はや流れ、注意点などは「協議離婚について知っておくべき流れと手続きの全て」で解説していますので参考にしていただければと思います。



調停離婚

協議離婚で離婚についての同意が得られなかった際に調停に離婚の手続きを申立てます。調停では家庭裁判所の調停員が間に入り、調停委員を介した話し合いを行い、各々の条件の調整を行っていきます。

離婚したいだけなら調停を申し立てることは多くありませんので、調停では慰謝料、財産分与、親権、養育費に関することが争われることになります。詳細は「これで完璧|離婚調停の詳細な流れと望む結果を勝ち取る方法」をご確認いただいて、有利な結果に持ち込むには何が必要なのか知っておきましょう。



裁判離婚

調停でも離婚の話し合いがまとまらない場合、最終的に開くのが離婚裁判です。協議離婚、調停離婚は基本的には話し合いの手続きでしたが、裁判離婚の場合は、裁判官によって、法律に照らし合わせた時に夫婦を離婚させることができるか否かを判断することになります。


また、裁判離婚の最大の特徴は法律上の離婚理由が必要になることでしょう。(参照:)さらに裁判離婚は費用の面でも協議離婚や調停離婚に比べるとおおきくなりますので、「離婚裁判の訴訟から最速決着までのマニュアル」を参考にしながら、費用を最小限に抑える方法や決着の際のポイントを確認しておきましょう。



離婚前に最低限準備すべき7つの事

離婚をすぐに実行してしまうとリスクがあることはすでにお伝えしてきましたが、そのリスクを最小限にするには事前の準備がものを言います。そこで、離婚前に準備すべきことを見ていきましょう。


生活面での自立ができるようにしておく

まず、離婚後の生活で直面する問題は経済的に自立できるかどうかです。何をするにもお金が必要になるますので、まずは自分の働き口を探したり、倹約し貯金を貯めるなどしておくと良いでしょう。当面の生活を考えると100万円ほどの貯蓄があると安心できます。



精神的な自立ができることも重要

離婚を成立させるまでには以外と心労が伴います。自身の衣食住の確保、子供の問題、配偶者との交渉、周りからの目など様々なことを一人で決断し処理していかなければいけません。

もちろん、悩みを相談できる友人や親がいる場合もありますが、なかなか相談できないのが離婚問題といえます。そのため、離婚にあたっての精神的な準備や自立が求められるのです。


慰謝料などの金銭の請求をする

離婚原因が相手による不倫やDVなどの場合、あなたが精神的苦痛を受けていた場合は慰謝料請求が可能となります。実際に慰謝料請求を検討している場合は、精神的苦痛を受けたという原因を証明する証拠が必要となることに注意が必要です。もし不倫が原因で離婚しようとしている場合は不倫の証拠を早めに用意した方が安全です。不倫調査を得意としていて、良心的な金額で調査をしてくれる探偵を自分で探すのが難しい場合は自分に合った探偵を無料で紹介してくれる浮気の相談センターを活用するといいと思います。


さらに財産分与といって、夫婦の協力によって築いた財産は基本的に2分の1ずつ分け合いますので、夫婦の共有財産を把握し、離婚時に正確に精算することも需要な作業だと言えますね。



親権を獲得するための準備

夫婦の間に子供がいるときだけは、どちらかが親権者にならない限り離婚することはできません。裁判で親権を決定される場合、どちらを親権者としたほうが子どもの利益になるかを第一に考えられます。

具体的には、以下の点が判断材料となり総合的に判断されます。

•@子どもの監督状況


•A親権者の経済力


•B代わりに面倒を見てくれる人の有無


•C親権者の年齢や健康状態


•D住宅事情や学校関係などの生活環境


•E子どもの人数、それぞれの年齢や性別、発育状況


•F環境の変化による子どもへの影響度合い(見込み)


•G子ども本人の意思(10歳頃以上の場合)



一般的に、子どもが幼いほど母親が親権者になる傾向にあります。


離婚後の住居を確保する目処をたてる

離婚後、もしあなたが家を出て行く場合は住居の確保が不可欠です。離婚を成立させる前に次に住む場所の目星は付けておくことも大事ですが、実家が近いのであれば一定期間は実家に暮らすのも良いかもしれません。


離婚後の仕事を見つける

離婚後は独りですので、当然自分の生活は自分の力で生活費を稼いで暮らしていかなければなりません。そのために仕事は不可欠であり、安定した仕事を確保する準備が必要になります。もし、現在の仕事では今後の生活が厳しいことが予想できる場合、転職の検討や資格取得などのスキルアップで収入増を目指すことも必要になります。


離婚に向けて別居を検討してみる

離婚をする前に離婚を前提とした別居するのは以外と広く利用されている方法です。これまで夫婦として一緒に暮らしていた生活を断ち切り、離れて暮らすことで双方が冷静に離婚について考えられる機会になります。


別居期間が長くなるほど離婚しやすくなるといったこともありますので、ひとつの選択肢として覚えておくと良いかもしれません。


効果的に離婚を伝えるタイミングと注意点

離婚を切り出すタイミングは以外と難しいものです。いったいいつ離婚したいと伝えるのが良いのかわからないという場合もあると思いますので、離婚を伝えるタイミングをご紹介しますので、参考にしていただければと思います。


離婚するのに適したタイミング

必ずしもこのタイミングが良いという訳ではありませんが、この時期に伝えるのが区切りとしてはスッキリするはずです。


夫が退職する時

例えば熟年離婚の場合は夫が退職する時がいいとされています。妻からすれば、退職金によって自身の慰謝料や財産分与が見込まれるからです。夫の退職時期に合わせ、事前に離婚したい気持ちを伝えることは珍しくありません。


結婚して時間がそんなに経っていない時

二人に子供がおらず年齢的や仕事的に別れても、お互いに人生のやり直しが可能な時期であれば離婚のハードルがかなり下がります。


相手を説得できると確信した時

あとはあなたが一番相手を説得できると確信したタイミングを計って、話すしかありません。離婚を考え始めるということは、それまで長期間にわたってつらい気持ちを我慢し続けた結果だと思います。


別居中の相手に離婚を切り出す場合

別居している場合、後から離婚を切り出した時期が問題になるケースがありますので、メールや内容証明郵便など、記録が残る形で離婚をしたい旨を伝えるのが良いと思います。

他にも、離婚したいことを伝える場合は男女で効果的な伝え方が少し違いますので、「最初が肝心!離婚のうまい切り出し方」をご覧いただければと思います。



離婚時に親権を獲得したい場合

離婚と親権

親権を獲得できるかどうは、父と母のどちらに預けたら「子供がより幸せ」になれるかを重視する傾向にあります。協議離婚ではそういったことは争いにはなりませんが、調停や裁判で親権を争う場合は重視されますので、覚えておきましょう。


子供への愛情

子どもに対する愛情が大きい方が、親権者として適切であると判断されます。また、調停では子どもと過ごした時間が長い方が、子どもに対する愛情が大きいと判断される傾向にあります。


経済的安定と親権者の肉体と精神が健康であること

子どもの学費や生活費など、必要な収入が定期的に得られる経済力は親権者にとって重要な判断材料のひとつです。また、健康状態が良好でない、精神的に不安定な面がある、性格に異常な側面があるといった場合には、親権者としてふさわしくないと判断される傾向にあります。


子どもの年齢と意思

子どもが幼いほど、母親が親権を持つケースが多い傾向にあります。理由は、乳児や幼児は、母親と暮らすほうが適当と判断されるからです。その傾向は10歳未満程度であればより顕著です。もっとも、子供が父親と住みたいという意思を見せた場合は、そちらの方が優先されます。


子育てに十分な時間を確保できるか

子どもと一緒に過ごせる時間が多いと、親権者として選ばれやすい傾向にあります。可能な限り子ども優先のライフスタイルにした上で、必要ならライフスタイルを変更できる姿勢をアピールしていくと良いでしょう。


子どもへの従来の監護状況

既に夫婦が別居していて、現在は子どもと同居している親の場合、現在の子どもの監護状況が安定的で適切であるという事情は親権の決定に有利に働くことがあります。これまでの子どもの育成や教育への関わり方や子どもとの接し方といった客観的な事実から、子どもに対して適切な監護が期待できる親かどうかが判断されます。

このように、親権者にふさわしいかどうかは総合的に判断されていきますので、より詳しい内容は「離婚時に親権を獲得したい人が知っておくと有利になる知識」「離婚調停で親権を獲得する為の知識まとめ」をご確認いただければと思います。

もし、あなたが父親で親権を獲得したい場合は「離婚の際に親権を獲得したい父親が知っておくべき全知識」をご覧ください。

クリックすると元のサイズで表示します

離婚時に請求できるお金

離婚する際には、夫婦の財産を分ける財産分与や慰謝料といった金銭を獲得できる可能性がありますので、代表的なものをご紹介します。


婚姻費用

夫は妻の生活を支える扶養義務がありますから、たとえ別居していたとしても、生活費を支払う義務がありますし、妻も生活費を請求する権利がありますことができます。これは、請求すれば必ず獲得できる金銭ですので、別居した際はなるべく早い段階で請求すると良いでしょう。具体的な金額は、家庭裁判所の定める基準(算定表)に基づいて決定していきます。

婚姻費用の請求方法は、「婚姻費用分担の請求を離婚調停で同時に申立てるべき理由」をご覧頂ければと思います。


財産分与

財産分与とは、夫婦が共同で築いた財産を分ける作業のことをいいます。財産の名義は問われず、結婚後の預貯金や購入した不動産も財産分与の対象となります。しかし、マイナス財産の方が多い場合(自宅があるがオーバーローンである場合など)は、分けるべき財産がありませんので、財産分与をしても金銭を得ることはできないとされています。

詳しい内容は、「離婚時の財産分与の分け方と有利に進める方法」をご覧ください。


慰謝料

不倫、DV、モラハラなどで離婚した場合、原因が相手方にある時は慰謝料を請求することができます。慰謝料とは損害賠償のことですので、法律的な損害を加えたと言えるような事由(離婚原因)がないと請求することができないことに注意が必要です。したがって、単なる性格の不一致(価値観が合わないなど)では慰謝料をもらうのは難しいと言えます。

慰謝料請求の詳細は、「離婚の慰謝料|獲得と増額のための完全マニュアル」や「離婚の慰謝料相場と慰謝料を引き上げる重要な証拠」をご覧ください。


年金分割

年金分割制度とは、簡単に言うと夫婦の共同財産として積み立てられた厚生年金保険料を決められた割合で分割することです。年金の種類には全国民共通の年金制度である1階部分の「国民年金」(基礎年金)と、会社員と公務員の年金制度である2階部分の分割の「厚生年金」、そして会社独自の年金制度である企業年金や公務員独自の制度である「職域加算」の3種類があります。

年金分割について詳しくは、「離婚時に受け取れる年金分割を増額できる方法」をご覧下さい。


養育費

夫婦にまだ幼い子供がいる場合、離婚後にその子供が20歳になるまで養育費をもらうことができます。家庭裁判所の基準(算定表)に基づいて具体的な金額が決まるのが一般的でありますが、養育費の不払いは昨今の問題となっているため、支払われなくなった場合の対策まで考えておくと良いでしょう。

養育費について詳しくは、「養育費獲得の完全ガイド|増額や支払いを続けてもらう知識」をご覧ください。



離婚後に活用できる助成金や補助金

主に離婚後にシングルマザーとなった場合ですが、子育てに苦労する母親のための公的補助制度や控除があります。あまり知られていませんが大変便利な制度ですのでぜひ活用してほしいところです。実際にどのような制度があるのか、支援制度の詳細は「母子家庭の手当はこんなにある|離婚後に役立つ支援制度17選」で解説していますが、ここでは主要なものをご紹介します。



生活保護

生活保護とは、何らかの理由で生活に困っている人に対して、国が必要な保護をして最低限度の生活を保障しながら、本人が自立することを目的とした制度です。



児童手当

全ての家庭を対象とした支援策です。子供がいる家庭の生活の安定に寄与することと、次の社会を担う子供の健やかな成長を支えることを目的に、国から支給される手当です。



児童扶養手当

児童扶養手当は、国が支給行っている制度で母子家庭及び父子家庭を対象としています。母子家庭及び父子家庭になった原因は離婚でも死別でも、理由は問われません。



母子家庭の住宅手当

母子家庭の住宅手当とは、母子(父子)家庭で20歳未満の子供を養育しているケースで、家族で居住するための住宅を借りて、月額10,000円を越える家賃を払っている人を対象としている制度です。



母子家庭(ひとり親家庭)の医療費助成制度

母子(父子)家庭を対象に、世帯の保護者や子供が病院や診療所で診察を受けた際の健康保険自己負担分を居住する市区町村が助成する制度です。



こども医療費助成

所得制限が有り該当しない家庭もあります。そのような家庭は、こども医療助成が該当するケースがあります。しかし、こちらの女性では、親に対する医療費助成はないため注意が必要です。



特別児童扶養手当

特別児童扶養手当とは、国が支給を行っている制度です。20歳未満の子供で一定の条件を満たしている家庭に支給されます。所得制限があるため、該当する金額を自身で把握するようにしましょう。



障害児福祉手当

障害児福祉手当とは、国が支給を行っている制度です。20歳未満の子供で一定の条件を満たしている全ての家庭に支給されます。所得制限があるため、該当する金額を自身で把握するようにしましょう。



母子家庭の遺族年金

母子家庭の遺族年金とは、夫もしくは妻が死亡した場合に受取れる年金が遺族年金になります。加入している年金の種類によって受取れる金額が異なります。

クリックすると元のサイズで表示します

人はなぜ・・・


離婚内容に同意したら協議離婚書を作成する

離婚の話し合いがまとまったら、離婚届を提出する前に離婚協議書を作成しましょう。離婚協議書は離婚の条件について合意したことについての覚書です。離婚協議書を作成することで、紛争の蒸し返しを防ぐことができますし、万が一条件が履行されないときの備えにもなります。


離婚協議書は言ってしまえばただの紙ですが、離婚協議書があることで離婚時に話し合いで決めた内容を相手に守らせることのできる便利な書面です。誓約書などとは違い、あくまで話し合った内容を記録しておくものですので、法的効力(裁判と同等の強制力)を持たせる為に、公正証書にすることをお勧めしています。


離婚協議書に関する詳しい内容は「離婚協議書の書き方と公正証書にして効力を最大にする方法」で解説しています。

クリックすると元のサイズで表示します

離婚届の書き方や提出の際の注意点

離婚協議書などの手続きや作業がすべて終わったら、最後に離婚届を書いて終了です。所定の離婚届用紙に必要事項を記入し、市区町村の役場の戸籍係に提出します。

このタイミングで、幾つかやっておくべきことがありますので、詳しくは「離婚届が問題なく受理されるために知っておくべき全情報」を参照していただければと思います。



もし離婚したいのにできない場合

あなたがどれだけ離婚したいと願っていても、相手の同意が得られなければ離婚してくれない可能性があります。あなたの離婚希望に対して「離婚そのものを反対している」ケースと、「離婚条件について納得できていない」ケースがあります。

あなたは現在離婚したいが何かしらの壁があり離婚にできない、もしくは離婚をする場合どんなことがネックになるのかが気になる方であると思います。


 

市販品もあるが、種子8粒で致死量、解毒剤もない  代行 復讐屋

トウゴマで毒殺は可能

トウゴマ(castor bean)はインドあるいは東アフリカ原産といわれる大型の木質性草本である。熱帯では多年草として成長を続けて時に小高木状となるが、温帯では夏〜秋に開花、結実し冬季に枯れる一年草状となる。


熱帯に広く栽培あるいは野生化するが、後述するように有用植物であり、akahima主産地であるインド、ブラジルの他、中国、アメリカ、ジャワなどに多く栽培される。約6000年前の古代エジプトで既に利用され、わが国には9世紀ころに中国から伝来したといわれる。


茎葉や果実が赤くなる品種をアカヒマと称して、園芸用に栽培し切花とすることがある。種子(蓖麻子と称する)を圧搾して得た脂肪油(油脂)をヒマシ油(castor oil)と称し、1回10〜20ml頓用して峻下剤(作用の強い下剤のこと)とする。


ヒマシ油は現在ではほとんど薬用とすることはないが、ポマードなど化粧品原料のほか、印肉や印刷用インキ、ペイント原料、機械の減摩剤として有用である。ヒマシ油はアルコール、氷酢酸に可溶、石油ベンジンに不溶であって、疎水性の普通の脂肪油とはこの点が著しく相違する。

クリックすると元のサイズで表示します

猛毒リシンはトウゴマに含まれる毒性蛋白である

種子には脂肪油のほかリシン(ricin)なる有毒成分が含まれています。
これは分子量約65,000の糖蛋白質で、普通、多くのアミノ酸が重合した蛋白質に毒があるとは想像しにくいことだが、マウスにおける致死量は2.7μg/Kg.weightと報告され、人に対してもricin_structure推定30μg/Kg.weight以下という猛毒成分である。


ボツリヌス毒素やフグ毒素を始め、多くの猛毒物質はいずれも神経末に作用し速効性であるのに対し、リシンは服用してから毒作用が発現するのに10時間ほどかかる。

リシンと似た作用機序をもつ毒性蛋白としてはマメ科トウアズキAbrus precatoriusの種子に含まれる。その毒性はリシンの75倍の強さがあるとされます。


今日、リシンが化学兵器としてテロ攻撃での使用が危惧されるのは、それが簡単に入手可能とされるからです。トウゴマ種子の生産高が毎年100万トンに達し、ヒマシ油を搾り取った粕に約5%のリシンが含まれており、猛毒物質でこれほど大量に入手できるものは他にない。



クリックすると元のサイズで表示します


リシンを使った事件が日本で起こっている


陸上自衛官の夫(34)の焼酎に猛毒のリシンを混入させたとして、宇都宮市在住の妻(33)が2015年11月30日に殺人未遂の疑いで逮捕された。

ネット上では、国際的なテロで使われたこともある毒物をどうやって手に入れたのか、大きな話題になっている。

抽出できる植物「トウゴマ」が家にあった?

報道によると、発覚したきっかけは、2015年9月に栃木県内の医薬品販売会社から、容疑者の妻が偽名を使ってネズミの駆除剤を購入しようとしたと県警に通報があったことだ。

夫は、妻とトラブルになって3月から宇都宮市内で別居しており、県警が夫に聞くと、8月に焼酎を飲んだところ激しい腹痛を起こし、病院で点滴を受けたと話した。別の焼酎を鑑定したところ、リシンとは別の毒物が検出された。そこで、県警では妻の行動をマークし、妻が10月29日に合鍵を使って留守中の夫の家に入るのをつかんだ。

夫から家の焼酎を提供してもらったところ、焼酎は白く濁っており、猛毒のリシンが混入していた。妻は、11月30日に逮捕され、当初は黙秘していたが、その後、混入した事実を認めた。しかし、「殺すつもりはなかった」と容疑を否認しているという。

その後の報道では、リシンが抽出できる植物のトウゴマを県警が妻宅の家宅捜索で押収したとされた。トウゴマは、工業で使われるひまし油を取るために種子をすりつぶす原料だが、絞りかすにリシンが5%含まれている。観賞用植物としても市販されているが、一般人が家庭で猛毒のリシンを抽出することは果たしてできるものなのだろうか。

市販品もあるが、種子8粒で致死量、解毒剤もない

昭和大学薬学部の沼澤聡教授(毒性学)は、一般人がリシンを作り出せる可能性はあると指摘する。

「リシンの生成方法は、ほかのタンパク質とそんなに大きく違うものではありません。ひまし油の絞りかすには、リシンが高濃度で存在しており、10倍の50%にまで濃縮するのは、それほど難しくない技術です。ですから、一般家庭で、特別な機械がなくても作りだせるかもしれません」

ただ、テロに使われる恐れがあるため、公的機関のサイト上からは抽出方法が消されてしまっている。また、ネット上では偽情報がはんらんしているため、作るにはある程度の知識が必要だという。

容疑者の妻も、元自衛官だったと報じられており、沼澤教授は、「もしバイオテロ対策などに関係したことがあれば、抽出方法を知っていてもおかしくないかもしれません」と言う。

もっとも、トウゴマの種子は、8粒でも40ミリグラムほどの致死量のリシンが含まれており、絞りかすから水に溶かして作っただけで高純度の抽出とは言えないラフなものだった可能性もあるそうだ。

リシンそのものは、化学兵器の条約で国際的に規制されており、テロに使われるぐらいなので、ネット上でも一般人が買うことはできないはずだと話す。

もし致死量のリシンを飲んだとすると、数時間して消化器官が強い炎症を起こし、嘔吐や下痢を繰り返して、3、4日後に命を落とすことになるという。解毒剤は存在しておらず、誤って体内に入れたら、水を飲んだりして対症療法で回復を待つしかないとしている。
転記http://news.livedoor.com/article/detail/10899730/

人は簡単に殺せる

 

眼鏡店「めがねおー」が万引き犯の画像を公開  制裁

メガネまで万引きする奴いるんだ

クリックすると元のサイズで表示します

眼鏡販売店「めがねお〜」の運営会社(東京都台東区)が、同区の店舗で万引きをしたとして、防犯カメラに映った男性客とみられる人物の画像をホームページ上に公開していることがわかった。顔にはモザイクがかけられ、3月1日までに警察に出頭するか、返却や弁償をしなければモザイクを外すと警告している。

クリックすると元のサイズで表示します

画像や説明によると、2月4日、この人物が来店後に眼鏡7本(時価約21万円相当)がなくなったという。警視庁上野署に被害届を出したとして出頭や返却を求め「3月1日よりモザイクナシの動画をここに公開します」と書いていた。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

万引きをめぐっては、コンビニエンスストア大手「ファミリーマート」の千葉市の店舗が、客の顔が映った防犯カメラの画像に「万引き犯です」と書き添え、店内に約2週間貼り出していた。外部から指摘があり、7日に取り外した。「セブン―イレブン」の神戸市の店舗でも、防犯カメラに映った客の画像を「万引き犯」とみて一時、店内に貼り出していた。8日に撤去された。

クリックすると元のサイズで表示します

これやるなら、警察に届け出不要 私刑の実行している


警察は犯人探しなどしてくれないから、店側で対応するしかない

まあ名誉棄損なんて親告罪だから、犯人から訴えられる覚悟があるのなら、こういう手法も店側の自由でしかないな。


対応に批判もあるが


泥棒を捕まえる努力をして何が悪い
みんながやれば店頭で泥棒する奴が減るだろう
どんどんやればいい



同情する万引きもある
3歳児、おなかすいて盗んだ 両親は借金背負い不在

万引きで補導されたのは3歳の保育園児だった。2012年春、西日本のスーパーマーケット。ズボンとシャツのポケットにあめとチョコを詰め込み、背中にロールパンの袋を隠していた。

数カ月前から児童相談所(児相)が「経済困窮によるネグレクト(育児放棄)」の疑いで見守っていた家庭の次男。「一度にたくさん盗んでいるからこの子は初犯じゃない。食べさせて、きつく叱ってください」。警察官は母親(43)に言った。

5歳上の長男、4歳上の長女も万引きでの補導歴が複数あったが、次男が補導されたのは初めてだった。

トラック運転手の父親(50)は仕事で深夜まで帰らず、泊まる日も。母親は家政婦として住み込みで働き、ほぼ子どもだけでアパートで暮らしていた。

料金滞納でガスは年中不通。水道、電気もよく止まった。子どもたちの食事は1日15分ほど戻る母親らが用意したカップ麺やそうめん。空腹を満たすため万引きした。小学校を休みがちになり、午前1時ごろまで遊ぶ日もあった。

http://www.asahi.com/articles/ASJ4C3DS1J4CPTFC006.html




タグ: 復讐 制裁 嫌がらせ

 

長崎28歳女性殺害、被害者が警察に「ストーカー相談」  代行 復讐屋

男女のもつれから相手側がストーカー化した場合
警察では介入しにくい場合があります。警察は公的機関ですから、
一方だけの話を聞いて一方だけを悪者には出来ません。


“善と悪の区別”(証拠)が必要になります。


とても悔しいことなのですが、相談者様がストーカー被害を立証する必要があります。
そうでなければなかなか警察は動いてくれません。

また、もしそのような状態にもかかわらず中途半端に介入されてしまうと、もっと“深刻な状況を招く”こともあり得ます。


被害を受けている本人は、仕返しが怖いなどの理由でただ我慢してしまう傾向があります。
その場合には、家族や周りの人からの助けや依頼も必要です。取り返しがつかない事になる前に、早期の対策が必要です。


「別れた彼女のことが諦めきれず、何度も電話をしたり、会ってほしいとメールをしたり、家まで話しに行ったりと、復縁のために頑張った。ところが、彼女からはストーカー扱いされて、警察に訴えると言われてしまった…」。
 

若いうちなら誰にでも起こり得る話ですが


警察に相談すると逆上する奴もいます。
安全な対策としては歩けなくしてやるか病気で寝込ますことでしょう。
口で言って分からない奴には動けなくしてやるしかない。


ストーカー事件発生TBS系(JNN) 1/29(日) 12:44配信
28日、長崎市で女性が刺されて殺害され、元夫が自殺しているのが見つかった事件で、女性が去年、警察にストーカー被害を相談していたことがわかりました。

この事件は、28日正午前、長崎市の路上に止められた車の中で、野中千晶さん(28)が腹などを刃物で刺されて殺害されたもので、現場近くの家では、野中さんの元夫が首を吊って自殺していました。警察は、元夫が野中さんを殺害した後、自殺した可能性が高いとみて調べています。

一方、野中さんが去年11月下旬、諫早警察署にストーカー被害を相談していたことがわかりました。警察は、ストーカーの加害者や行為の内容については明らかにしていませんが、諫早警察署では、野中さんと定期的に連絡をとり、今月中旬にも「異常なし」との報告を受けるなど、適切に対応してきたとしています。(29日11:34)



ストーカー行為とされる行動

.
1) つきまとい、待ち伏せ、見張り、家に押し掛けるなどして、相手に不安を与える
(2)行動を監視していることを告げるなどして、相手に不安を与える
(3)面会、交際等相手に義務のないことを要求して、相手に不安を与える。会ってほしいと要求する。
(4)暴言や乱暴な行動をして、相手に不安を与える
(5)無言電話や、相手が拒否しているのに連続して電話をかけたりFAXを送ったりする。相手が嫌がっているのに、電話を執拗にかける。
(6)汚物や動物の死体を送るなどする
(7)名誉を害するようなことなどを言う
(8)性的羞恥心を害することを言ったり、文書や写真を送るなどする

(※2013年7月公布・10月から施行の改正ストーカー規制法ではこれらに加え、嫌がる相手に執拗にメールを送信する行為もストーカー行為として、規制の対象になりました。)


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

 

裏切りには制裁  代行 復讐屋

交際相手の浮気トラブルは多いです。

浮気相手と別れさせたいけど別れさせるだけでは腹の虫が治まらない。
自分が傷付いた分、浮気相手もそれ相応の仕返しをして懲らしめたい。


そんな方の依頼を請けています。


浮気した交際相手にも腹は立つけど、
実際にもっと腹が立つのはその浮気相手の方です。


全く知らなかったのならまだしも、浮気相手が友人などの場合は殺したくなります。、
会社の同僚や知り合いでも同じことです。


交際相手を懲らしめるのはいつでもできても、
浮気相手は別れてしまってからは懲らしめる事もできません。


何も仕返しをしないまま気持ちが晴れず、
ズルズルと引きずっていってしまいそうなら、
きちんと浮気相手を懲らしめた上で別れさせ、
晴れ晴れとした気持ちで交際相手とやり直すのは難しいです。


これが希望としたらこちらでは無理です。
元の鞘に戻る確率はかなり低いからです。


別れさせる方法はありますが、元に戻ることは不可能です。
復讐工作かせ専門で取りまとめは下手で成功したことがないです。


復讐工作員は経験豊富で優秀な者ばかりを集めおります。
希望があればなるべくそれに沿う形で懲らしめています。
別れさせるだけでしたら難しいことではありません。


辛い気持ちを引きずる必要はありません。
二人ともそれ相当の仕返しをするべきでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

 

復讐代行 依頼引き請けます  代行 復讐屋

日本から海外まで追いかけ復讐を引き請けます!


海外依頼内容
自殺・病死・事故死・冤罪工作・行方不明・大怪我



自分の中で解決して生きて行くものでそれが浮き世の習いですが、我慢出来ない辛苦もあり、支えが必要としている方達がたくさんいます。


そういう人たちのために『復讐代行』が存在しています。


どんな、ご相談、ご依頼内容でもお気軽にご相談ください。
「別れた夫、妻に復讐をしたい!」「会社の上司を懲らしめたい!」「騙した相手に制裁を!」「散々いじめてきた相手に仕返しをしたい!」「憎き相手がいる」など怨みを晴らしたい相手に制裁します!

あなたの『怨み』『無念』『屈辱』『憎しみ』『苦しみ』『悩み』解決します。


【復讐代行工作】とは人の苦しみを作るだけの工作ではありません。あなたの今後の幸せを作るための工作です。


事前調査を含め、工作、人材、絶対に真似できないと制裁になります。
そのすべてのスキルを駆使して依頼主が安心して依頼ができますよう、驚くような工作プランをご提供させていただきますのでお気軽にお問い合わせください。

クリックすると元のサイズで表示します

【大事な事件にならないか心配】
【自分または素人に復讐代行を任せるのが不安】
【依頼したことがバレてしまうのが怖い】

上記のような心配事は一切不要でありません。


また、当然ではありますがご依頼いただいた方の個人情報はもちろん、プライバシーにかかわる情報、実際のご依頼内容、ご相談メール内容などに関する情報は、弊店、その復讐代行依頼案件と無関係である第三者への情報提供や外部に情報を流したり漏洩することは一切ありません。


【秘密保持】は厳重に管理しておりますのでご安心ください。


復讐工作+別れさせ工作や復讐工作+特殊工作といった混合させた工作は勿論、依頼者のご希望の工作を練るといった工作になります。


調査力と工作力 

調査員、工作員は工作をやる上で一番重要である。
(調査員の技量+調査機材の質と量) ≒ 調査力は勿論、(工作員の技+必要道具の準備+環境作り) 工作力に重点を置いて徹底した人選を行っております。


素行調査などの一般調査は勿論のことですが、その他に人物像、癖や性格、人間関係や抱えてる悩み、トラブル、好意をもってる異性まで調査いたします。


徹底した事前調査が必要なのか? 


なぜ、徹底した調査が必要か。
それは証拠を残さないためです。


『とりあえず結果を出せばいい』というものではなく、結果を出してからの事も考慮して工作を実行していきます。


『とりあえず結果を出せばいい』というのはリスクや手段を選ばなければ誰でもできてしまいます。ですがそうなってしまいますと、せっかく復讐心を解決しても後日、何食わぬ顔で目の前に現れた、せっかく別れさせたのに数か月後には復縁してしまったなんて他社でご依頼された方からのご相談も少なくありません。


いくら理屈が通ったやり方でもやり方が汚かったら絵に書いた餅です。そうならない為にも、素行調査などだけではなくその人物の徹底した分析が必要と考えてます。


クリックすると元のサイズで表示します


 

見切り千両  代行 復讐屋

見切り千両 格言の意味

クリックすると元のサイズで表示します

買った株が値下がりしたときの投資家心理は、言葉では言い表わせないほど、つらい。居ても立ってもいられないジリジリした気持ちに襲われ、迷い始める。そこで、どうするか。

多くの人は、自分の下した判断に未練を残し、株価が戻ることを期待してそのまま持ち続けるものだ。しかし、株価はなお下がり続ける一方で、ついにはとんでもない安値で投げざるを得ない羽目に陥る。

「少しくらいの損なら、さっさと売っておくのだった」と後悔することになる。


そこで「見切り千両」という格言が効いてくる。損には違いないが、それによって大損が避けられるのなら、千金の価値があろうというものである。この格言は株用語に由来する。


夫婦でもこの亭主はダメだな、と思ったらいつまでも引きずらないで見切りをつけることが大切。自分の人生をつまらないもので一生我慢で終わらせるか次の人生に挑戦するかだろう。


ダメ夫
男は浮気をする者と思っている人の女性には多い。
これは大変な間違いなので考えを改めるべきだろう。

浮気をしない男はいる。
実際は浮気をしない男のほうが多い。

以外と思われるだろうが男は浮気しない人のほうが圧倒的に多い。
愛人を作るにはお金が掛かり、生活の援助までするのは金銭的な余裕がいる。

自営業で一時的に収入が増えて女に走るような男は将来性がない。
仕事が順調なときほど伸びる男は気を引き締め女に走ることはない。

サラリーマンとしても同じことが言える


暴力夫
理性が欠けているタイプ。叩かれたのは初めてで本人も反省していると思ったら大間違いで次々に起こる前兆と知るべき。

夫の父親が母親に暴力をしていた可能性が99パーセントある。
そんな家庭で育つと、暴力を妻にすることが日常になっている。

罪悪感が薄いと言える。

人は子供のときの環境がほぼ人格が構成される。
外面の良い人に多いが、理由は要領のいい人に多いが、家庭に入ると内面が悪くなる。
子供のときから父親の虐待を見ているので家庭はそんなものだ、という観念が構成されている。

だから家庭内暴力で育った夫は家庭内暴力を必ずすることになる。


この場合、大切なことは見切り千両になる。

1日も早く別れて新しい人生を切り開くことだろう。
子供がいて生活に困るなんて考える必要はない。

世の中にはシングルマザーで立派に子育てをしている人がいる。


離婚してくれない!
子供を渡さないという!
離婚を切り出したら何をするか分からない



心配いりません。
こちらですべて解決します。

最悪の場合・・
交通事故で死ぬこともあるでしょう。
突然の病気で死ぬこともあるでしょう。
死ななくても、警察に逮捕されて親権の権利が無くなることもあるでしょう。

世の中、正攻法でダメならいくらでも裏から始末することだってあります。




 

DV夫と絶対に離婚するための5つの方法  代行 復讐屋

結婚する前は、友達みんなが羨むような自慢の彼氏だったのに…結婚したらまるで別人のように手を上げるようになった。

子供がいるからギリギリ我慢しているけれど、DV夫から一刻も早く解放されたい。

女性に手を上げる男性は最低です。身体的な暴力は、身体へのダメージも大きいですが

同時に精神的なダメージも与えます。

また身体的な暴力は受けていなくても、暴言や罵倒などの言葉の暴力で傷つけられる女性もたくさんいます。

「一刻も早く家から飛び出して逃げて下さい!」と言いたいところですが、少し慎重になりましょう。

クリックすると元のサイズで表示します


離婚はお互いの合意の上で成立するものなので、あなたが一方的に離婚届を突きつけたからと言ってすぐに離婚できるとは限りません。

またDV夫に真正面から「離婚したい」と告げても、手を上げられるだけで何の進展もないのは、あなたが1番お分かりのはずです。

とにかくDV夫と離婚したいのなら、協議離婚・調停離婚・裁判離婚などあらゆるケースを想定して、水面下でコツコツと準備を進めることが大切です。

そこで今回は「どうしても離婚したい!DV夫と絶対に離婚するための5つの方法」と題してご紹介致します。大丈夫です!少しずつ…でも確実に離婚へ準備を始めていきましょう。

クリックすると元のサイズで表示します

1、証拠集めに奮闘しよう

「私、夫からDVを受けているの。だから助けて下さい」と第三者に泣きついても、信じて貰えないことは珍しくありません。

それは、DV夫の特徴の1つに「外面の良さ」があるからです。

会社の同僚や友人、自分以外の家族の前では優しく穏やかな性格でも、あなたと2人きりになると暴力的で荒々しい性格に豹変し、気に食わないことがあると豹変するのです。

ですから周りの人に相談しても「まさかあの人が、DVなんてするはずがないでしょう」などと信じて貰えずに、1人で悩みを抱え込む人もたくさんいます。

そこでまずそのようなDV夫と離婚するのは、簡単ではないことを覚えておきましょう。

双方の話し合いで決着がつかない場合も多く、調停や裁判までもつれ込む可能性も考えられます。

そこでどんな状況になろうとも、あなたを守ってくれるのが「証拠」です。

あなたが切実に夫のDVについて訴えれば、調停員や弁護士、警察もあなたに同情し信じて貰えるかもしれませんが、夫がDVを否定する以上は「DVの事実」は認められません。

他の人には分からない、密室間での夫婦の出来事は「証拠」がなければ第三者に分かってもらうことは難しいのです。

そこで「絶対に離婚する!」と心に決めたその日から、証拠集めに奮闘しましょう。

それでは具体的な方法をご紹介します。

毎日細かく日記を付ける

日記は最も重要な証拠ですから、とにかく細かく付けるようにしましょう。

夫から浴びせられた暴言・夫の威圧的な態度・傷ついた態度・今日の晩御飯・1日を過ごしての感想・離婚したいという強い気持ちなどを書くのです。

日付・時間・出来事・心情の4つの項目を抜け目なく書いておくことで、より信憑性が増して、最強の証拠になるでしょう。

DVを受けた日に記録しておくことも大切ですが、平穏な日もきちんと書き記しておくことで、夫のモラハラ度をチェック出来たり、継続的にDVを受けていることが第三者に認めて貰うことが出来ます。

夫との会話を録音する


夫との会話がバッチリ録音出来れば、最強の証拠となることは間違いありません。

しかしながら、喧嘩の最中にスマホの画面を操作して録音するのは危険と隣合わせです。

スマホの画面を操作して録画モードを押した瞬間に「ピピッ」という機械音がなってDV夫に気づかれてしまう可能性は十分にあります。

またポケットにレコーダーを忍ばせていたとしても、見つからない保証なんてどこにもないからです。

1番良い方法は、夫が絶対に立ち入らない領域にレコーダーをセットする方法です。

キッチン周りやリビングに飾っている花瓶の裏など、日々生活していく上で夫の視界に入っていない場所は絶対にあるはずです。

DV夫のことなど見たくない気持ちも分かりますが、証拠集めのために普段からDV夫の行動には目を見張っておきましょう。

あざや傷など、DVの証拠を撮影する

DV夫から殴られたり蹴られたりと身体的な暴力を受けた場合、女性のダメージは心身ともにとても大きいでしょう。

中には、心が折れて「この世からいなくなりたい」と思ってしまう人も少なくありません。

しかしながら、離婚して幸せになる道がきちんと残されているのですから、傷跡を逆手にとって前に進みましょう。

まず傷口がひどい状態の時に撮影して、証拠を残しておきましょう。何月何日に撮影したものか分かるように、記録しておくことが大切です。

加えて、病院に行って医師の診察を受けましょう。その際に、自分がDV被害にあっている事を正直にお話ししてみてはいかがでしょうか?

機転が利く医師なら、状況を理解した上できちんと診断書を発行してくれるはずです。

医師には守秘義務があるので、あなたの情報を漏らすようなことはないので安心して下さい。

以上、証拠集めはコツコツと日々の積み重ねが大切です。離婚に向けて、今すぐ準備を始めていきましょう。

2、代理人を間に挟もう

DV夫と離婚しようと思った時に、真向勝負を挑む必要はありません。

つまり、夫を目の前にして「あなたと一緒に居られません。離婚してください。」などと正直にいう必要などないということです。

DV夫の被害者であるあなたなら、伝えたところで夫が簡単には離婚を受け入れくれないことも逆上して危険な目に合いかねないことも重々承知だと思います。

自分の身を守ることを優先し、DV夫を相手にする時は代理人を間に挟みましょう。

家族・友人でも悪くはありませんが、感情に流されることなくあくまでも法律の面から冷静に話し合いを進めてくれる弁護士が最適です。

弁護士に頼むのは金銭的なダメージが大きいという方は、一度お住まいの地域の法テラスに相談することをおすすめします。

法テラスは金銭的な余裕がない人のために、無料法律相談や費用の立て替えを行っていますので専業主婦の方でも、安心して弁護を受けることができるのです。

離婚問題は夫婦間のことなので、自分1人でどうにかしようと思ってしまいがちですが

激情しやすいDV夫の場合には、第三者を挟んだ方が冷静な話し合いが行えるでしょう。

代理人を立てた方が良い理由はもう1つあります。それは、あなた自身が惑わされずに済むからです。

なぜならDV夫はアメとムチを自由に操る天才なので、あなたが自分のもとに帰ってくるまではひたすら謝り、優しい夫を演じるケースがほとんどです。

しかしながらばらまかれたアメに見事に引っかかり、夫の元へ戻ってしまうと、また容赦ないムチを浴びせられることになりかねません。

DV夫が仕掛けてくるテクニックに引っかからないようにするためにも、第三者を挟んで夫との直接交流は避けましょう。

クリックすると元のサイズで表示します

3、DV夫に悩んでいる足跡を残そう

もし、協議での離婚が成立しなかった場合は、調停や裁判で決着をつけることになります。

DV夫は簡単には離婚を認めてくれないと思っておきましょう。なぜなら離婚を認めるということは、自分のDV行為を認めてしまうことになるからです。

そこで調停や裁判を見越した準備を進めていく必要があります。ポイントは、いかに第三者に「離婚したい」というあなたの必死な想いが伝わるかどうかです。

もちろん口頭で伝えることも大切ですが、書類として証拠を残しておくことも大切です。

お住まいの地域にある女性相談センター・配偶者暴力相談支援センター・児童相談所・警察・全国のNPO法人などに、直接出向き来所記録をもらうようにしましょう。

あなたが離婚したいという気持ちのもと、がむしゃらに動いたという記録が大切なのです。

相談内容まで細かく書かれた書類は貰うことが出来ませんが、来所したという証明となる書類は貰えます。

1度だけでなく、何度も通うことであなたの離婚に対する真剣な気持ちの表れとなり、調停や裁判の参考資料となることは間違いありません。

また手短な方法としては、友人や家族にメールでDV夫の悩みを相談する方法です。

電話や直接会って相談するのではなく、文章のように形に残る方法で相談すると、後に大事な証拠として調停や裁判の時に優位に働きます。

この時に注意すべきポイントは3つ。
DV・罵倒・無視などをされた日は、必ず状況を細かく伝える
自分が送ったメールと、それに対しての返信のやり取りを残しておく
協力者を見つける。家族や友人など心を許せる人に、離婚の証拠メールを残したいことを伝えて、協力を仰いだ方がスムーズ

自分1人で何とか離婚しようと思ってしまいがちですが、きちんと話し合いが出来ないようなDV夫の場合は、第三者に助けてもらうことがとても有効な方法となります。

4、警察に味方になってもらおう

DV夫から受けた暴行が、傷やあざなどの比較的軽いケガに留まらず、骨折や意識障害など命に関わる大きなケガに発展する場合もあります。

そのような場合は、家庭内の問題でも傷害事件として立件できるので、すぐに警察に行きましょう。

「警察に行くと何だか大事になりそうだからイヤ」「警察って、そんな簡単に行っていいのかしら」と迷う女性もたくさんいますが、心配する必要はありません。

警察は事件が起きてから動きだすだけではなく、事件が起きないように住民の生活を守ってくれる機関でもあるからです。

まずは、警察の窓口に電話してみましょう。

そこで「夫からDVの被害にあっているので、相談したいのですが…」と言って下さい。

お住まいの地域の警察署にもよりますが、恐らく生活安全課防犯係を案内されると思います。

相談窓口では、DVの頻度・いつから始まったのか・ケガの内容・言葉のDVはあるのかなど細かく聞かれます。それによって、警察官が今後の対応を決めていくのです。

警察がどのような対応をとってくれるのかはケースによって違うので、一概にはいえませんが、相談してみるのも1つの方法です。

警察を敷居の高いところと決めつけずに、相談する1つの場所として念頭においておきましょう。

5、決意&費用を準備しておこう

これはDV夫に限らないのですが、双方できちんとした協議が出来ない場合は、調停・裁判までもつれ込む可能性もあると念頭に置いておきましょう。

離婚を決意した時点で、裁判までとことん戦うというアツイ想いと戦うための費用を準備しておく必要があります。

調停や裁判を申し立てるだけでも数十万かかりますし、弁護士費用も恐らく数百万円かかることになるでしょう。もちろん裁判が長引くほどお金はかかりますし、弁護士によって相談料も違います。

法テラスなどでは無料の弁護士相談や裁判費用を貸してくれる場合もありますが、離婚を決意した時点でコツコツとお金を貯めていくことが大切です。

あとは進むのみ!

以上「どうしても離婚したい!DV夫と絶対に離婚するための5つの方法」と題してお送りしました。いかがでしたか?

この記事を見て頂いたということは、あなたが今苦しい状態であることは十分に分かります。離婚という決意に至るまでも、散々悩まれた事でしょう。

しかしながら離婚を決意されたのですから、あとは進むのみです!今回の5つの方法を参考にして、コツコツと動き出してください。応援しています。


クリックすると元のサイズで表示します


 

目に見える復讐  代行 復讐屋

よく問い合わせがあるのが、「精神的な制裁」をしてもらいたい。
「愛人と別れさせてほしい」「嫌がらせをしてもらいたい」
「家庭を崩壊されてほしい」などが多いです。

それなりに理由があるでしようが、この手の依頼は請けていません。以前は嫌がらせとか精神的に追い込むなどの依頼も請けていました。

現在は目に見える請けていません。
理由はトラブルの原因だからです。

例えば、別れさせなどの依頼もあるが、成功したことがない。
これじゃ、苦情が来ても当然。

こちらで精神的に追い込んで自殺でもすれば成功でしょう。
しかし、殆どは依頼者にはわからないからです。

「嫌がらせしても効果ない」「ふつうに生活している」


必ず暫くするとこういってきます。
だから最初から請けていません。


復讐というのは目に見えるものじゃないとわからない。
例えば、相手が具合が悪くなり会社に出勤して来なくなった。
突然、原因不明の病気で入院し命があぶない。
交通事故を起こした。
警察に呼ばれて逮捕された。


などは一目瞭然で依頼者にも分かります。
こちらではターゲットの調査だけで実行する人は外国人になります。
つまり、ヤバイ仕事はブローカーになるわけです。


今の世の中、そこらじゅうに防犯カメラの時代です。
日本に住んでいる人が手を下すことは無理な時代です。


外国人ならすぐに帰国すればいいわけです。
ですから嫌がらせなどの依頼は請けていません。


結婚調査や浮気調査程度はこちらで請けています。


最近の事件でこんなのがある

クリックすると元のサイズで表示します

こんなのは殺しちゃったほうがいいね。
もっとも、刑務所に行っても懲役にいじめられるだろうから同じか…。一般工場から逃げ込んで独居生活が出所まで続くだろう。


日本は刑期が短いから実際に手を掛けた男は懲役15年位ではないだろうか。女はその半分で6年〜8年いくかな?

もっと安いかも知れない。







 

集団リンチ!  代行 復讐屋



暴力事件

精神分析家で臨床心理学者の北山修氏の本に書かれていましたが、人は心の中に何かしらの罪悪感を持って生きているそうです。


その罪悪感とうまく共生出来ない人は、罪の意識に押され、神経をすり減らせて神経症になるのでしょう。


そこまで行かない人の中には、無理に罪の意識を隠すために、他人を蔑み相対的に自分の立場を上げることで、心のバランスを取る人もいるのではないでしょうか?


いじめ続ける人は決して幸せではないと思います。
なぜなら、自分の立ち位置が他人という不確かなモノの上にあるので、自分でコントロールできず、常に新しい場所探しに追われるからです。


多くの場合、他人に頼って自分を作るなどと言う不確かな環境は、自立した大人になった段階で解消されるモノだと思います。


自信が無くおどおどしているというのは、いじめっ子にとって、大変つっこみやすい、ターゲットにしやすい人物になります。


 

家庭内暴力  代行 復讐屋

家庭崩壊なんて言葉を聞くと、どこか暗い気持ちになってしまい、いいイメージをする人はいないでしょう。

今回はそんな家庭に関して、崩壊する家庭と崩壊しない家庭の違いとはどこにあるのか?

ここに関して、詳しくご紹介していく事にしたいと思います。
崩壊する家庭と崩壊しない家庭。違いはどこにある?



崩壊する家庭と崩壊しない家庭の違いに関して、今から4つの違いをご紹介しようと思います。

さて、あなたはどちらに当てはまるのか?しっかりと自分の目で確認してみましょう。



1.子供がいないときの会話があるかどうか

重要なのは、子供がいる時だけでなく、子供がいないときに会話があるかどうかということです。

子供の前以外で会話の無い夫婦というのは、崩壊する家庭によく見られる傾向なので要注意が必要です。



2.ご飯は家族そろって食べているかどうか

ご飯は個々で食べているでしょうか?

それとも、家族全員でそろって食べているでしょうか?

個々で食べている家庭ほど、家庭内の会話が激減しているというデータがあり、離婚率も圧倒的に高くなっています。

皆で一緒に食べれるときは、できるだけ一緒に食べるようにしましょう。



3.育児は二人でできているか?

旦那が育児に参加しない家庭というのは、大体の場合が、子供が父親を嫌うか、妻が夫を嫌うかのどちらかのケースに当てはまるようです。

育児は二人で協力し合い、子供と一緒に大人も成長していくものです。



4.最近夫婦で一緒に笑った記憶ありますか?

家庭が崩壊した人達が声を揃えて言うことが、「最近笑っていない」ということです。

あなたは夫婦間で、最近笑いましたか?

もし笑った記憶がないのであれば、それは崩壊する家庭の危険性があります。


崩壊するかしないかの違いは、「共存に耐える力」を家庭で養っていけるかどうか



家庭というのは「一緒にいることを共に耐える場」です。

「共存する力」ではなく、「共存に耐える力」を養っていく場所。

こんなことを言うと「ええーっ!」と驚く人がいるかもしれません。



家庭は安らぎの場、癒しの場と思っている人が多いことでしょう。

その考え方は、確かに間違っていません。

そこに帰ってくれば、家族の疲れが癒されます。



しかし、家庭の安らぎとは「僕が癒す人」「私が癒してもらう人」の世界でありません。

家族の皆が、がやがやしている中で生まれてくる空気、それが癒す力です。

いろいろな人がいて、ぶつかるときもあって、でもまた仲直りして、なんとか共存に耐えていく。



「おとうさんは、こういう人なんだからしかたないわね」

「全くおかあさんはいつもこれだ」と、ぶつぶつ文句を言いながら、なんとか付き合っていく。

そこに愛情が育っていき、安らぎが生まれてくるのです。



社会も同じです。

社会生活ができるということは、周囲の人たちとの共存に耐える力があるということ。

家族という最小単位の社会生活で、共存に耐える力を養っておかないことには、社会に出てから共存に耐えていけない。



家庭の癒しは、うとましさと表裏一体です。

いくら家族といっても、違う人が集まって生活をしているのだから、お互い「あいつはなんでこうなんだ」と思うことはあるでしょう。

その上、親戚付き合いだの、近所の付き合いだの、めんどうなことも多い。

逃れられないだけにうとましい。



しかし、このストレスとうまくつきあっていける力を身につけることが、生きていくということではないでしょうか。

最近、家族も人数が少なくなったし、親戚付き合いや近所付き合いも、昔に比べてずいぶん薄くなりました。

その分、共存に耐える力が低下しているのかもしれません。



そばにいて安らげるのは、やはり共存に耐える力のある人です。

こちらの欠点もちゃんとわかっているが、まあまあ許して付き合ってくれる。

こういう人となら、いつまでもそばにいられるはずです。


同棲中の男性からうけた、ある日の暴力です。危険なので、声しか入ってません。



こんなのは保険にいれて殺すしかないだろう。
ただで死なれたら一銭にもならない。

簡単な手口は「病死」これに限る。




 

恨み晴らさずに死ねるか  代行 復讐屋

女の怖さをアイツに見せてやりたい! 
その人の家庭を壊してやりたい!
すぐにアイツを殺して!


「復讐サイト」“闇サイト”は、こうした「依頼」が申し込みされている。掲示板などの復讐サイトを介して互いに依頼し合い、目的の相手に嫌がらせを行う「交換ストーカー事件」も発生。

大阪市の歯科医師の女が警視庁に再逮捕されるなど、復讐サイトがきっかけになった事件が後を絶たない。恨みを晴らせるなら見ず知らずの第三者にも手を貸す。ネットの闇世界には、そんな人間関係が渦巻いていた。


恨み渦巻く復讐サイト

自分の苦境を誰かに分かってもらいたい。見知らぬ人でもいいから、誰かに慰めてほしい。そんな思いで復讐サイトに恨み辛みを書き込む人もいるようだ。

《彼は妊娠が分かってからも体を求めてきました。私は嫌で嫌で拒否しました。すると彼は怒りだし、やらないなら別れる。お金も渡さないと言いました》

「元カレ」に二股をかけられ、その後付き合った黒人男性との間に子供ができたものの、堕胎せざるを得なかったという女性の投稿。このサイトは現在閉鎖されているが、「ひどいですね。良かったら相談乗りますよ」「つらいね」「最低の糞(くそ)男だね」など、女性を慰める言葉が次々と書き込まれていた。


「復讐サイトなどのネットには、親しくない相手にも『こんなひどいことをされた』と、プライベートの愚痴をこぼせる」と話せる。自分のつらい境遇や悩みを吐露し、サイト内で同情してもらったり、慰めてもらったりする。それで鬱憤が晴れ、少しでも気が紛れるのなら、深刻な被害を生まない掲示板として有効も高いだろう。


復讐依頼…報酬1000万円


効用があれば当然、その“副作用”もある。
「慰めてもらう段階ならいいが、復讐サイトでは『だったら仕返してやる』『天誅(てんちゅう)を下してやる』という展開になりやすいでしょう。


それだけではない。「交換殺人といえば映画やドラマの中の世界で、現実社会でそんな都合のいいパートナーは見つからないが、ネット上では見つかる」。


たとえば、現実社会で友人に「交換ストーカー」を持ちかければ、「そんなバカなことはよせ」「お母さんが悲しむようなことするなよ」とたしなめられるのが落ちだが、復讐サイトには同じ境遇、目的を持っている人が集まっている。

 
実際、こんな穏やかではない投稿も掲示板にあった。


《私は今、確実に復讐しなければならない人間が3人います。お金はいりません。ひとつだけ、私の復讐に協力いただけることだけが条件です》


復讐内容や条件は不明だが、ネット上で協力者を募っている。投稿者の復讐を手助けする代わりに、投稿者も協力者の復讐に手を貸す。そんな「交換条件」を提示している。


連絡はメールで

《もしものことを考えてメールは【漫画喫茶、フリーメール等】でお願いします。お互いのためかと思いますので》


フリーメールの多くは、本人確認をせず簡単に取得できるため匿名性が高く、「捨てアド(メールアドレス)」といわれることもある。投稿者がフリーメールでのやりとりを要求しているのは、足が付くのを恐れてのことだろう。


掲示板への書き込みは不特定多数の目に触れるが、フリーメールで直接やりとりすれば、第三者に知られることなく具体的な“計画”を練ることもできる。


《西日本です。相互協力惜しみません。成功報酬1000万くらいでどうでしょうか?》


復讐相手などについての記述は見当たらないが、投稿者の名前の欄をクリックすると、フリーメールアドレスにメールを送信できる仕組みになっていた。


もっとも、すべてが復讐依頼とはかぎらない。報酬があまりに多額だったためか、「一千万払えるなら業者の方が確実でしょ?うさんくさい」といった冷静な反応も。ネット上には、自らの書き込みで周囲が過剰に反応する様子を見て楽しむ“愉快犯”もいるといい、こうした行為はネットの世界で「釣り」と呼ばれている。


「釣り」か「本気」かの見分けはつきにくいが、「ネット上ではブレーキがかかりづらく、犯罪の敷居を低くしている」。


「復讐」で利害一致


実際に、復讐サイトの存在が新たな犯罪を生んでしまったケースもある。


「復讐依頼を受けた。期間内に連絡がない場合は行動に移す」

 
復讐サイトで知り合った女からの依頼を受け、女の知人男性に嫌がらせの文書を送ったとして、大阪市住之江区、歯科医師、横路万里奈容疑者(27)が今月、強要未遂容疑で警視庁に再逮捕された。


横路容疑者は復讐サイトで知り合った男らと互いにストーカー行為を協力し合ったとしてすでに2回逮捕されており、今回が3回目だ。


横路容疑者は、復讐サイトで知り合った共犯の男=ストーカー行為規制法違反罪で起訴=の依頼で、男が以前交際していた女性の妹とその娘にゴキブリの死骸を封筒で送りつけるなどしたとして同年11月、逮捕された。

 
この事件では女性に復縁を迫っていた男の関与がすぐに浮上したが、手紙の消印は男の自宅から約400キロも離れた大阪府内。実は、男が大阪在住の横路容疑者に投函(とうかん)させていた。横路容疑者の協力を得たことで、こんな“工作”も可能になったのだ。

 
男と横路容疑者の間に金銭の授受は確認されておらず、ストーカー行為を互いに交換することで利害が一致したようだ。



過去には殺人事件も

《住民票・戸籍謄本の取得を代理します》
横路容疑者に交換ストーカーを依頼した男は、ネット上のこんな宣伝文句をみて、福岡市の探偵に女性の妹の住所などを知るため7万円を送金。探偵は知人の行政書士に依頼し、住民票や戸籍謄本を取得した。


《復讐代行・別れさせ工作どんなご依頼でも引きうけます》


ネット上では、こんなサイトもすぐに見つかる。

 
復讐だけでなく、闇サイトが強盗殺人の犯行グループ結成に利用されたこともある。平成19年に名古屋市で起きた「闇サイト殺人事件」だ。「闇の職業安定所」という非合法な情報交換サイトを介して知り合った男らによる犯行だった。

 
最近でも、東京都大田区で中学1年の女子生徒(12)が身代金目的で誘拐された事件が記憶に新しい。埼玉県の男が、犯罪の協力者を募る闇サイトに「一緒に仕事をやりませんか」と投稿。沖縄県の男2人がこれに応じ、犯行に及んだ。

 
「ネットに書き込むと、周りにあおられて自分自身も高揚し、次第にエスカレートしてしまう」


 
軽い気持ちで投稿したつもりが、「後に引けなくなって、からめとられていく現象」が生じるからだ。


打つ手なし…

 
復讐、殺人、誘拐…。しばしば犯罪の温床になる闇サイトへのアクセスを制限することはできない、そういう法律だからだ。「闇サイトで不特定多数の人に対し『アイツを殺してほしい』と呼びかけても、現行法では殺人教唆罪など刑事責任は問えない」。

 
事件の舞台になった闇サイトが閉鎖されても、いつしか場所を変えて“復活”していることも珍しくなく、まさにイタチごっこ。闇サイトの利用者の間で通じる「隠語」もあり、字面だけでは犯行計画なのか分かりにくいとされる。


しかも、不適切な情報であっても削除要請しかできず、「強制的に閉鎖したり、書き込みを削除することはできない」。そして、「ネットを取り締まるような社会になれば、表現の自由、自由な情報の流れが滞ってしまう」闇サイトを根絶することは難しいのが現状だ。

 
解決策はないのか・・・

「殺したいほど恨む」そこに原因があるので復讐サイトはなくならないだろう。


クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ