2018/7/12

鏝(こて)と鰻(うなぎ)の話  
 まずは2018/7、豪雨災害に被災された方々に
深くお見舞い申し上げます。当方、兵庫県三木市末広町も
危険非難地域となり、運よく難を逃れましたが、
昼夜を問わず荒れ狂うような豪雨は本当に水の怖さを
思い知らされました。

さて本題ですが、今日は「鏝と鰻の話」です。

字が似ている?それだけの話だったらこの話はすぐに
終わってしまいます(笑)

鰻(うなぎ)と言えば絶滅危惧種と言うことで漁獲高が減少し
価格も高騰しているため、土用の丑と言われても
我々庶民にとってはなかなか食べることが難しい
高級食材となってしまいました。

ではどうして鰻がこうも高嶺の花(たかねのはな)と
なってしまったのでしょうか?

昭和37年生まれの古い人間としては、そんな鰻の
歴史を振り返ってみます。

昭和の時代から鰻は高価な料理でした。
しかし、高価だからと言って高級と言う敷居の高いもの
ではありません。

むしろ、庶民に近いチョット背伸びをすれば届いた
贅沢だけで、それだに価値がある美味しい食べ物でした。

これは今の「お寿司」にも言えます。

当時は各地元に軒数は多くないが、必ずと言って
良いほど美味しい「うなぎ屋」の名店がありました。
この「美味しい」が重要です。

所がある時から「鰻」は大手牛丼チェーンのメニューとなり
スーパーの鮮魚売り場には季節を問わず並ぶように
なりました。 そりゃ鰻も品不足になりますよね。
で、高騰しているカラクリと言うのもある書籍で書かれて
おりましたが、実は国内の大手加工会社(鹿児島)が
高値で買い漁っているそうです。

漁獲量が落ちようが、誰よりも高値で買う。

そうすることでライバル店を圧倒。高く仕入れるから
高く売る。我々は仕方なく高く買わされる。

で、本当の問題は価格だけではない。

本当に大事なのが美味しいかどうかと言うこと。

今、私は鰻を年2回しか食べない。

なぜ2回なのか。それは年2回行く福井県の決まった
お店でしか食べないからである。
そこは「鰻街道」と呼ばれ、三方五胡で捕れた
天然の鰻を永年培われた技で焼き上げてくれ。
本当に美味しいのである。
家族にお持ち帰りもするが3日後に食べても
美味しいのである。

「何て贅沢」と思うかも知れませんが、
1匹でも3,000円もしないのである。
※お店で食べるのは半身です。

それでも年々高くはなっているのですが
スーパーの国産鰻とほぼ同等ではないでしょうか。

私も大手牛丼店の鰻も何度かは食べましたが
今は食べません。正直満足できないからです。

鏝も同様です。

私達はプロ用の鏝作りにこだわっております。
それは使い勝手は勿論、永く使って頂く
耐久性にもこだわっております。

しかし、そんな私達の思いとは裏腹に一部量販店では
海外生産やパート作業によって生産された安価な鏝が
出回っている。彼らに言わせればDIY用、つまり
素人(しろうと)用なのだが、悲しいかな
それを使っているプロの方が多いのも確かなのである。
物流の問題で鏝の専門店がない地域も多い。

本職の左官職人の多くは「鏝」に拘ってはくれるが
土木や水道、大工となれば状況も変わってくる。それが
当然と言えば当然だが「鏝」と言う道具のジャンルと
すればやはり深刻な問題である。

「鰻」同様「鏝」も「美味しい」と言う当り前の定義を
失わないことが大事だと考える。

左官職人が拘る(こだわる)壁も同様だろう。
クロスが定着したとは言え、左官壁の奥深さは
それの比ではない。しかし、それを知らなければ
意味がない。
0
タグ: 左官  道具

2017/6/9

まさに進化系ですね。  
まさに人類の進化系が大きく活躍し始めている。
将棋の世界では14歳の藤井クン、卓球でも次々と
新人が頭角を現し始め、他のスポーツでも同様、
英才教育のおかげと言えば、それまでだが、
趣味や考え方、そして取組方も昔からは
大きく変化を遂げている。

私の学生時代はやれスパルタだ!やれ根性だ!と、
言われて来たが、正直 今やレジェトと呼ばれる
王さんや長嶋さんの全盛期ですら、どうだろう
今の現役の中には数名の選手が超えているのではと、
思うこともある。

左官の世界でも同様と考える。

私が初めて左官勉強会を拝見させて頂いた
十数年前では、集う人々は緊張し、実際に
壁塗りはせず、見学に留める人々も決して少なくは
なかった。

それに仕事にに対する取組方もこれまた凄い!

昔の時代は仕事が終われば「飲む」「打つ」
「買う」と、遊びに事欠くことはなく、
先輩や同僚、はたまた部下を引き連れることが、
常識とされ、勇んで帰ろうとすればそれは
「付き合いが悪い」と言われた。

ましてや帰っても左官のことを考えるとか、
自腹でお金を払ってまで仕事以外で左官の
勉強をする等、まさに愚の骨頂言われただろう。

むろん、昔にもそう言う人はいただろうが、
日本の高度成長期、ほっといても仕事が
転がり込んでいた時代に、やはりその様な
行動は一握りだったと想像する。

それが今ではどうだろう。
そんな左官職人が全国にゴロゴロいるのだから
凄すぎる。

この多数の猛者達が間違いなく、腕を上げている
訳だから、そこからまた選りすぐられた
者たちはまさに左官の新人類として
新たなカリスマとして、次世代を支えて
行くのだろう。

そんな若者たちが切り開く新たな未来を
私は見てみたいものだ。

1

2017/1/13

都民ファーストも大事ですが、現場ファーストもお忘れなく。  気になる記事
正直、地方出身者から見れば都民による小池都知事への熱狂ぶりは
異常なほどに見えてくる。

事実、築地問題に置いても「豊洲移転は無理だろう」と、東京出張時
地元の方との会話で多く聞こえてきた。

むしろ小池さんの悪口でも言おうものなら、非難されそうな勢いである。

で同時期、関西のラジオ番組ではと言うと、有名大学の某教授が
「豊洲は安全です。」「映像や写真を見ても、知りうる限りの情報を
集めても、また設計の関係者に確認しても同様な意見です。」と、
怒りを込めて語っていた。

「では、なぜこのような問題が湧き上がったのでしょうか?」と、
パーソナリティーが聞き返すと、あっさり
「もう単なる政治利用でしょう。」と語っておりました。

都庁には小池さんコールが鳴り響き、選挙選を見据えて、
まるで追い風に乗れとばかりに小池さんにぶら下がる議員さんから、
某氏によれば「金を払う値打ちもない単なる講習会」に
数千名もの塾生が集まってきた。

もはやNEWS番組もコメンティターも小池さんの悪口を言おう
ものなら、逆に世論から叩かれそうな雰囲気が見え隠れしてくる。

某すし店の社長が豊洲問題で大泣きしたのが見えない真実を
物語っているように私には思いてなりません。

移転の間にかかる莫大な費用。築地関係者同士でも人間関係に
ヒビが入ろうとしている。

「都民ファースト」。

言葉の響きは良いが、何よりも「自分ファースト」としか、
私には見えてこない。

オリンピック工事も周辺の道路整備も実際に作業するのは
現場です。 どうか「現場ファースト」も忘れないで下さい。





0

2016/2/9

ワタヤス展示会欠席のご報告  
 暑く、正月らしくない1月からあっという間に
2月を迎えました。
通常ならば、この時期、慌ただしく4月の展示会
出品に向けて準備に追われるのだが、今年は
少々勝手が違う。

実は今年から恒例の福島・潟純^ヤスへの
出店は見合わせたのだ。

あくまでも私達の都合です。

いつもご期待し、ご来店下さる皆様方には
大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒
お許し下さい。

なお、福井県で開催される小山商事展示会は
例年通り出席させて頂きます。
まだ詳細な日程は出ておりませんが、
こちらの方はご期待下さい。
0

2016/1/9

今年も「職人魂」を宜しくお願い申し上げます。  
新年明けましておめでとうございます。
昨年はサイトのシステム更新に大量の時間を有した
ために通常の更新が滞りましたが、今年は気合いを
入れて現場のお役に立てればと考えております。

さて、昨年1年を振り返るりますと、世間は安部ノミクス等で
盛り上がりましたが、私達での実感は株価が上昇したとか、
外国人による爆買が盛んだったと感じとれますが、実際に
これらの恩恵を受けた方は極一部で、実際のGDP成長率も
民主党時代の方が遥かに良かったそうです。

そんな厳しかった昨年度大きな要因は私としてはやはり
消費税の増税だったと考えます。

実際に私のサイフの紐も硬くなったのも事実です。

6月頃から停滞を始め、8月頃はバカンスでの浪費で
景気低迷は致しかないとしても、最後の年末まで景気回復に
至らなかったのは予想外の暖冬の影響もありましたが、
我々にとっては厳しい限りの一年でした。

そして、新年を迎えて数日。

これが意外と好調なんです。
実際の所、運送会社に聞けば、当社は建築工具の地場産地に
点在しておりますので、他店の動きも確認できるのですが、
「何れも好調ですよ。」と嬉しい回答でした。

とは言え、大手が牛耳ろうとするこの建築業界。

私達は最後まで戦って行きます。
私達が頑張らなければ「鍛冶屋」は滅んでしまいます。
彼らは大量生産する技術や資本も有しておりません。
「バーコードですか?」それが鍛冶屋です。

皆さんも私達を応援して下さい。

当社はでっかい会社ではありませんが、鏝(こて)や
左官道具類に関しては誰にも負けないつもりです。

今年も「職人魂」をご愛顧下さりますよう
宜しくお願い申し上げます。

私達も皆様から「欲しかった」と言われる商品を
ご提供できるよう頑張ります。



            (株)関忠 代表 木田 宗浩
0
タグ: 左官 景気動向 建築


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ