pic. by Sava 09/10/2016

2017/7/1

大和高田再訪、そして・・・  ひとりごと

最近はライヴ情報しかアップしてないワシです、こんばんは。

昨年11月に初めて訪れてから大好きになった奈良、大和高田。

大和高田というよりJamとJamstockが大好き。

初めて訪れた時に感じた皆さんの優しさ。

12月にけんぢまんと再訪した時も感じた皆さんの暖かさ。

Jamに集まる皆さんとワシを繋げてくれたりぶさんには感謝しかありません。

そしてこんなワシをいつも暖かく迎えてくれるみっちゃんには・・・・
正直ワシの陳腐なボキャブラリーではとても言い表せません。でも・・・

ありがとう!

昨年の12月、FBで見てたJamstockのあのアルバムジャケットが書かれている壁をバックに唄えた喜び。
そしてけんぢまんと2人でどこまで楽しめるか?と挑んだJamstockでのライヴは
最高の思い出の一つです。

初めてJamに行った時に感じた安心感。

その時に漠然と「ここで唄ってみたい!」と思った。

最近ではライヴはJamstockで!というのが定番なのに敢えてみっちゃんに無理言って
お願いしましたら、快諾してくれまして・・・・・。

対バンにはタカチャンとむらもっちゃんのユニットが出演してくれました。

あのオリジナル良かったなー!

そしてワシ。

音楽家としての実力は置いといて・・・

冷静にかつ楽しんで演奏できました。

これも集まってくれたJamstock Swallowsの皆さんのお陰です。

ライヴが終わった後も皆さんと楽しい時間を過ごせました。


何か最近文章書いてないから下手になったような気がするな・・・ブツブツ・・・あ!元々だ!?

そして翌日

入り時間が早い為、後ろ髪をひかれる思いでみっちゃん一家と分かれ

So Long 50のドラマーとしては最後のステージとなる名古屋へ。

So Long 50の最初の名古屋ライヴがワシにとっての最後のライヴとは・・・。

キャロルのドラマー「ユウ岡崎」さんがスペシャルゲストとして数曲演奏されたり・・・

会場のライヴハウスの社長との繋がりからかギターの内海さんまでサプライズで登場!
(演奏はなし)

全国から集まる仲間の皆さんの笑顔を見てると・・・

KOちゃんの人柄がそこに集約されているんだな・・・・・と思いました。

肝心の演奏の方は

記憶の中では割と冷静に出来た気がします。

FBに上がってた映像を観てみると・・・・・

最近これしか使ってない!な、弟達からワシが死ぬまで借りてるグレッチ4153が
滅茶苦茶いい音してて・・・それだけでご飯が食べられます。



何か遠い昔の事を書いてる気分になってますが・・・・・

これって先週の事なんですよね。

あ〜〜・・・・・次はいつJamに呑みに行こうかな?

クリックすると元のサイズで表示します
6



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ