当ブログサイトの記事・画像、及び映像コンテンツの著作権は、 【『鳥類』/ Sei SHIBATA】に帰属しています。 許可無く当ブログの記事・画像の複製・転用、無断掲載、 映像のコピー、上映・配信等の使用行為は禁止しております。 まずは、 ◇『鳥類』E-mail/Bardbone@aol.com  サイト管理人:柴田 誠 まで、ご連絡ください。 Copyright (C)『鳥類』/ Sei SHIBATA .All Rights Reserved

2011/11/1

2001年10月31日 → 2011年10月31日  「西冷」日誌
丸1年ぶりの更新です。
自分の活動が多岐に拡がったこともあるのですが、
『ハダカの城』、西宮冷蔵のニュースと言えば、
昨年11月のイベントの様子から具体的なご報告が出来ませんでした。

今年は、3月の「東北大震災」のインパクトが大きく、続く「原発被害」、
出口の見えない"この国"の政治不信、
そして自らの、それぞれの足元の生活が本当に不安定であること。
反して、ずっと抱き続けている違和感と、目先の不透明さに苛立つ焦燥。
既視感と未視感とか、あやふやな予言や解釈、
識者の言葉も結局は真理ではなく、世界と自分の心のズレを感じています。
ずっと僕自身が混迷していました。

もう一度、起点に戻ろう。

西宮冷蔵にとって"あの事件"からの現代。
今年2011年は、その場面から10年の時が経ち、
来年1月23日の朝は、
水谷洋一社長「実名告発」の瞬間からも10年目になります。

僕にとっては、『ハダカの城』以後。
水谷社長と、大阪・梅田の曾根崎陸橋で出会ったのが2003年の10月。
この時間と事実の質量を、
誤魔化さずに捉えなければならないと感じました。


2011年10月31日。
僕は水谷社長と会うため、一路、西宮へと向かった。
駅に着くと、いつもの様に社長は改札で待っていてくれた。
ロータリーに待たせていた車には、長男・専務 甲太郎さんたちも居られた。
「寒くなったので、今夜は久しぶりに鍋にしましょう」
この夜の場面から再びカメラを向けることになった。

まさに10年前の【2001年10月31日】、西宮冷蔵倉庫内で、
「関西ミートセンター」職員による"牛肉詰め替え偽装"の作業が行われたのだ。

この10年で失くしたもの、残したもの、始まったもの、生まれたもの。
そして、見えてきたもの。


止まったままのこのブログにも、
毎日、必ず数人の方が訪問してくださっていました。
また、少し時間が掛かるかもしれませんが、
「始まりの終わり」を経て、生き続けている物語を綴ってみたい。

また来春、【告発10年目】を機に、
『ハダカの城』を再度見ていただく場を作りたいと考えています。
合わせて、事件の瞬間とこの10年を、
西宮冷蔵と関わった方々とお話出来ればと計画してます。
詳細が決まりましたら、まずは当ブログでお知らせ致します。

なにか使命な様なものを抱える技量も覚悟もありません。
ただ、西宮冷蔵と「現代(いま)」を抱えることからしか
未来を見る方法は無いと確信します。

勝手なお願いでありますが、
これからも『ハダカの城』の応援、西宮冷蔵のご支援宜しくお願いします。


『ハダカの城』監督 柴田誠 拝
8


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ