2010/8/20

ギリシャ 島のバス事情  

こんにちは、夏休みもいよいよ終盤ですね・・・。

最近放置気味ですみませんでした。

ギリシャの旅行ですが、面白かったのがバス事情。
今回エーゲ海に浮かぶ二つの島(ミコノス島、サントリー二島)を訪れたのですが、どちらの島でも明らかに観光バス用の車両が路線バスに使用されているんですね。また、新型でピカピカなものから20年くらいは使われていそうな年季の入ったものまで、車両のバラエティも多くなかなか興味深かったです。

写真をいくつか。

〜一つ目の島(ミコノス島)編〜
車両はもちろん、塗装もまちまちで非常にバラエティに富んでいます。
クリックすると元のサイズで表示します
割と古いタイプの車両。15〜20年は使われていそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは新型ですね。コーラの広告が印象的です(笑)

クリックすると元のサイズで表示します
暗い画像で申し訳ないのですが、恐らく島内最古参だと思われる車両。車内からもなかなか時代を感じました。

クリックすると元のサイズで表示します
島の中心部のバスターミナルの様子。道が狭いにも関わらず大型のバスが行き来するので、大変なことになっていました(笑)

〜二つ目の島(サントリーニ島)編〜
こちらの島は、ミコノス島とは違い中心部のバスターミナルが整備されていたり、車両の塗装もある程度統一されていたりで、割と都会的な印象を受けました。

クリックすると元のサイズで表示します
バスターミナルに並ぶバスたち。真ん中の車両は、ミコノス島と同じコーラの広告車になっていました。

クリックすると元のサイズで表示します
古めのバス。こちらも20年くらいは使われていそうですね。

クリックすると元のサイズで表示します
恐らく島内最古参。そういえばミコノス島の最古参もそうでしたが、暑い国なのに非冷房だったのが印象的でした。

クリックすると元のサイズで表示します
中心部のバスターミナル。バスターミナル用のちゃんとしたスペースがあるため、ミコノス島よりもいくらか落ち着いた感じです。


そういえば向こうの人は本当に並ばないんですね、バスに乗る時も力ずくで周りの人を押しのけた人勝ちという感じでした。
いつもしっかり列を作っている、紳士的なことで有名ななイギリス人は“It's crazy!”と驚いてましたよ(笑)

他にも書きたいことはあるのですが長くなるので、興味がある人は地球の歩き方を読んで調べてみてください。

それではまた。

クリックすると元のサイズで表示します
ミコノス島の街並み。なかなか洒落たところでした。
0

2010/3/22

いよいよ・・・  

あと2時間で家を出発します。

たしか7:35の飛行機だったかな・・・。


とにかくもうすぐ日本に行けるということで、いまテンションが鰻上りです(笑

次の更新は、恐らく日本からかな〜、と。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
私が最も好きな車両である、この2車。こいつらの写真バシバシ撮るつもりでいます!!
もっとも、友達と会うのが一番ですが(笑

あ、写真が二枚とも下手糞だね、っていうのは禁句です(笑

それでは。
0

2009/9/22

第2章〜境界線〜  

ハイ、始まりました第2章!!

今回は、撮影記の前に「そもそも何故6両編成の快特が登場したのか」ということについてお話したいと思います〜。

あ、あらかじめお断りしておきますが、これはあくまで私の勝手な推測なので、内容に誤りがあるかもしれません。

もし間違いを見つけたら、コメントで知らせるなりスルーするなりして下さいな(爆

まず、普通羽田空港行というのは本来存在せず、京急川崎行なはずなんですよ。
でもなんでか知らんが、京急川崎の取って付けたような引き込み線が運用の都合で使えないんですね。

じゃぁとりあえず、もっと先まで走らせるか

となって、
そうすると品川行にするか羽田空港行にするか、2つの選択肢ができるじゃないっすか。

でも品川行にすると、特急とか快特とかを待避する丁度いい駅がなくてダメ。

一方羽田空港行なら、待避の必要もないし、列車の本数もあまり多くないのでなんとかイケそう!!

とゆー訳で、羽田空港行に決定!!!



次に、折り返しを快特にする必要性について説明します。。

ここでは夕方の59Aを例に話を進めます。

まず、羽田空港に到着すると、数分後に石原運用が迫って来てて、
2分ほど(実際は30〜40秒)ですぐに発車!!!

実は、この電車は京急川崎からは普通新逗子or浦賀行になるんですよ。

つまり川崎で特急の退避をしなくてはならないんです。
(あくまで本来は「京急川崎折り返しの普通」ですからねぇ)

その特急の時間に合わせるために、川崎まで快特として走行する、というわけなんです。

つまりこの運用は、仕方なく羽田空港まで走らせてるだけで、ダイヤの改良次第でいくらでも消せる運用なんですよ。

ただ、神奈川新町〜京急川崎間の某駅が最寄りだった私にとっては、D特急なんかよりもずっと嬉しい運用なんですが。。



で、撮影記です。

時は流れ、2009年7月14日。。

ロンドンに引っ越す日も近付き、撮りたいものは今のうちに撮っておこうと思っていました。

それで思いついたうちの一つが、6両の快特。
ただ800はもう撮ったし、1500は来たって嬉しくないので、ここはやはりBORO1000を狙うことに決定。

とゆー訳でこの日の学校帰り、六郷土手へ撮影に行くことにしました。。

六郷土手といえば、羽田空港が近いっちゃ近いし、家からも十分近いので、
旅行気分をかもし出してくれる空港線と、日常生活丸出しの最寄り駅の境界線、といったところでしょうか。。

てか私は、最寄駅からあまり上りに乗らないので、川崎付近から旅行気分が出ることが多いです(爆

まぁ、とりあえず撮影開始。。
同業者のおじちゃんが約1名。

あ、この日撮った写真は結構多いので、どーでもいいのは省略します。。

クリックすると元のサイズで表示します
4次車キターーーーーー
新1000の4,5次車って、何気に2本しかないんですよね(笑

てか夕日がきれいでしたw
勿論この写真は、コントラスト上げて、露出下げてますよ。

輝きは東急車がBest!!

クリックすると元のサイズで表示します
曇りましたが2000形。。
日本に帰る頃にはもうコイツはいなかったりして・・・。

そしてそろそろ通過時間。

下りホームに通過を知らせるメロディーが響く。
・・・と同時に上りホームにも通過を知らせるメロディーが響く。

いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ

同業者は「破っちゃうかなぁ」と苦笑いでつぶやく・・・

そして上りホームを銀1000が通過・・・

銀1000よ、早く抜けてくれ・・・

抜けた!!
――と同時に、向こうからのっぺらとした車体が迫って来る!!

よかった間に合った!!!

でも予想以上のスピードでやって来たので、遅切ってしまいました・・・
とゆーことでトリミングww
クリックすると元のサイズで表示します
結局800でしたが、やっぱカッコいいっ!!

この日は59Aも狙うことに。
めんどいので、この後は基本的に文章を手抜きにしますwww
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
↑夕日が綺麗!!

クリックすると元のサイズで表示します
この日来たボロはこれだけ・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
ブルスカも来てくれました!!

クリックすると元のサイズで表示します
そんでこれでおしまい。。(実はコレも破りギリギリでした・・・)

だいぶ長くなってしまいましたね。
ごめんなさい・・・

ではこれで。
1

2009/9/19

第1章〜これはカッコイイ!!〜  

時は2009年5月25日―――。期末試験最終日です。

数学があまりに出来なかったことに途方に暮れながら帰る途中、神奈川新町に819Fが「31」の運番を出して停まっていました。

あぁこれかもな・・・

と思いつつ、一度家に帰ってから夕方また出直しました。

最寄駅(神奈川新町〜京急川崎間の某駅です)からBORO1000の普通で川崎まで、
川崎からD特急(愛車1417F!!)で穴守稲荷まで行って下車。

車内でスーツケースを持った人を見かけて妙にワクワクしたのは、きっとそこに旅行に行く時の自分を重ね合わせてたからなんでしょうね。。

空港線の途中駅で降りるのは、小6の時にやはり穴守稲荷に撮影に来た時以来。
その時は大鳥居側で撮りましたが、今回はもちろん天空橋側です。

空港線唯一の駅撮りスポットですね(笑

さて撮影開始。
クリックすると元のサイズで表示します
踏切のセンサーの処理に迷いトリミング。
結局破ったし(笑
85H、エア快に就く運用ですね。何気にシンパ編成。。

クリックすると元のサイズで表示します
乗って来たのの折り返しです。またトリミング(笑
やっぱりカッコいいなぁ〜
N1000でも、特に3〜5次車は好きです。。

クリックすると元のサイズで表示します
またまたトリミング(笑笑
17Hは、一日エア快運用に入ってから、この急行品川行きの後は本線特急に入ります。

ここらへんで、待ち合わせをしていた友人OTTEE氏と合流。

そして・・・
クリックすると元のサイズで表示します
キターーーーーーーー
全検明けで綺麗です!!

ここら辺から構図が安定し始めます。。

クリックすると元のサイズで表示します
ちょっと望遠かけすぎたかな・・・。
急行青砥行きも、昼間じゃ見れない行き先ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
三菱IGBT搭載の1500の、普通浦賀行き。
車両も行き先も種別も、「日常」感が溢れますね(笑

クリックすると元のサイズで表示します
石原ぁぁぁぁぁぁぁ(謎
昔第一京浜で事故ったのって、この編成でしたっけ?

クリックすると元のサイズで表示します
横浜方面の直通快特。
3次車が来てくれました!!

クリックすると元のサイズで表示します
キターーーーーーーー(二回目
今日は北総車に恵まれてます!!

クリックすると元のサイズで表示します
ぐはっ、やってしもーたorz
望遠かけすぎましたね・・・。

そしていよいよお目当て。
クリックすると元のサイズで表示します
うわぁぁ〜超カッコヨス!!
これは感動レベル!!!

やはり819Fでしたね!!
ただ今度は、逆に望遠不足・・・。

とりあえず撮ることが出来て大満足でした!!!この時は・・・。

59Aは狙わずに帰ることに。

でも帰る時になって京成3001とかしーふらとか来ちゃうんだよなぁ。。

しかも、蒲田で乗り換えるときに59運用に遭遇しましたが801Fでした。。

もうちょっと居ればよかった・・・。

とにかく、800の快特は誰が見ても新鮮で感動します!!

まだ見てない人は乗るなり撮るなりするといいです。
絶対満足して帰れますから。。

なんか終わり方が中途半端ですが、こっちはもうすぐ日付が変わるんです。
つまり眠いんです(爆

とゆーことで、今回はこれで。。

〜次回に続く〜

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
0

2009/9/19

序章〜空港線で800形を撮る・・・?〜  

いよいよ始まりました!!快特京急川崎行き特集!!!

さていきなりですが、皆さんは、京急空港線についてどのようなイメージをお持ちでしょうか?

穴守稲荷付近までは「いかにも京急!!」って感じのする住宅街を走りますが(爆)、やはり「空港アクセス」を思い浮かべる方も少なからずいると思います。

私の場合、物心ついたときから、毎年飛行機で母親の実家がある北陸に行っていたため、

空港線=楽しい旅行の始まり

というイメージが定着しています。

空港線に乗る時はいつもワクワクしていたし、なんか丁度いい言葉が見つからないのですが、、、
旅行の始まりであり終わりでもある空港線は、「日常」と「旅行先」を結ぶ架け橋なんですよ。。

そんな、私にとってちょっと特別な存在である京急空港線。

その空港線に800形がやってくるというのです!!

800形といえば、京急の中でもうるさくて、ちょっと不潔で、、、

完全に「日常の電車」なんです。


特別な存在である空港線と、完全に日常の電車である800形。

そのギャップが信じられず、一度撮ってみようと思ったのがすべての始まりでした。。

ちなみに、この運用には学校帰りに何度も乗ったことがあるのですが、
それでも800形が空港線を走る光景は想像できませでした・・・。

ホントに空港線に800形か来るのか?

そして、「日常」と「特別な存在」のギャップはどんなのなのか!?


様々な疑問と期待を寄せて、この壮大な撮影記録は幕を開けた―――。

それでは次の記事から撮影記が始まります!!
乞うご期待〜〜〜


※撮影の対象は、平日夕方の「羽田空港発快特京急川崎行き」31A、59Aのみとしました。
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ