2010/4/18

京急日和  京急線

ども、撮影記の更新にもそろそろ飽きてきた管理人です。

東急の翌日、3/30の話。

とりあえず花月園前へ。
ちなみにこの日は、何故だったか忘れましたが逝っとけダイヤが発動されていました。

クリックすると元のサイズで表示します
いきなりボロ登場。

これを撮った直後、文庫〜八景間に行こうという話になり、↑に乗って横浜へ。

新町で快特退避をするはずだったのですが、その快特が遅れてたために南太田まで先行するこに。

ということで横浜で快特を待ちます。

しかし来ない。

10分ほど待ったでしょうか、駅員の肉声放送が入ります。
「エ〜、遅れております今度の快特三崎口行きは、只今京急川崎駅に停車中でございます〜」



え?



・・・ということで、その6〜7分後にやっと快特がやってきました。

ボロ1000は結局新逗子まで逃げきっちゃったかもね〜とか車内で話していると、文庫到着。



あ、ボロ1000ここで退避してるよ(笑




ということで、keyo7072氏の要望(?)により、撮影地へは八景から歩くことに。。

それにしても藁葺き屋根の家が全焼してたのは衝撃でしたね〜。


さて、5169Fに背中を向けながら撮影開始(笑

クリックすると元のサイズで表示します
あ、側面に陽が当ってない(笑

クリックすると元のサイズで表示します
逆光&左右スカスカですが、もう一本のボロ1000が登場。

・・・ということで、光線状態が微妙なので、すぐに撤収。


富岡の桜行こうぜ、という話になり富岡へ。

しかし場所を調べてなかったため、勘と記憶を頼りに進むことに。

しかし間違って能見台の方向に進んでしまい、墓地にたどり着いたりとかしました(笑

やがて能見台駅が見えてきて、

「ここまでにそれらしき物がなかったから、桜は富岡と杉田の間なんだね」

と初めて気づきます(笑

そしてまた富岡駅の戻り、今度は杉田方面に歩いてやっとたどり着きました。

迷ったせいで、だいたい50分くらい歩きました(笑


クリックすると元のサイズで表示します
やっとたどり着いたのに、全然咲いてないという・・・
因みにダイヤはもう復旧してました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
奥の桜がもっと咲いてたらなぁ・・・

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
こいつと桜の組み合わせはもう最後かなぁ・・・

クリックすると元のサイズで表示します
お、このアングルいいんじゃね!?

・・・と思ったら、
「寒いし飽きてきたからもう行くぞ」
by1243F氏
だってさ・・・。ガッカリ。


さて、ここから杉田まで歩き、杉田のショッピングセンター(らしきもの)で昼食。


・・・。

1243Fさーん、一人だけマック行くのはKYですよー



さてそんなこんなで、銀1000が17Hの代走をしてるしいので、穴守へ。

クリックすると元のサイズで表示します
85Hはブルスカだったんですね。タッチの差で入線に間に合いませんでした・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
そして17Hの銀1000登場!!

クリックすると元のサイズで表示します
返しは、障害物回避のため広角で。
でも超微妙・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
結局望遠で(笑
これは快特にならない空港線普通です。

31運用を撮るため、再び下り側へ。

クリックすると元のサイズで表示します
幕車ってまだ残ってたんですね。
てかこの車両好きです。

クリックすると元のサイズで表示します
夕日がいいカンジになってきました。
ここで北総9000とか来たら綺麗だろうになぁ・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
さすがの白い悪魔も、夕日のオレンジには負けてますね(笑

クリックすると元のサイズで表示します
そして31運用登場。空港線に800形は未だに違和感が・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
返し。800形の快特はやっぱりカッコイイ!!

クリックすると元のサイズで表示します
露出が厳しくなってきたので、流すことに。
障害物は気にしちゃいけません(笑

クリックすると元のサイズで表示します
平日に2本だけの京成車による印旛日本医大行き。

クリックすると元のサイズで表示します
障害物回避のため、59Aはホームの中ほどで。
露出が・・・。

これを撮った後、帰路につきました。


ご一緒した横浜急行氏、東京近郊氏、Komagome氏、1243F氏、keyo7072氏、お疲れさまでした。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ