2011/7/26

復刻運転 on the Metropolitan Line  London Underground

どうもこんにちは。
無事に(?)日本から帰還した管理人です。

日本でもぼちぼち撮影したので、そのあたりもupしたいところですが、相変わらず撮影記が相当たまっているのでそちらから片づけてしまいます。

毎年5月中ごろ、Metropolitan Line沿線のRickmansworthというところでお祭りが行われるのですが、その一環として、Metropolitan Lineでは動態保存されている旧型車が運転されます。
今年は23日に行われ、1938 StockとSarah Siddonsという旧型の機関車が運転されました。

実はこれ、前回の1967 Stockのさよなら運転からわずか一週間後に行われました。臨時列車としては異例の頻度といえるでしょう。

まずはChorleywood駅へ。

Metropolitan Line A stock at Chorleywood
デビュー51年目にして未だMetropolitan Lineの主力、A Stock。

Sarah Siddonsもこのアングルで狙う予定だったのですが、見事に失敗。

続いて駅近くの公園へ。
ここら辺はMetropolitan Lineでも郊外の終着駅に近く、非常にのどかです。

A stock approaches to Chorleywood
平和だなぁ・・・。

郊外区間なので列車本数もあまりなく、芝生に寝っ転がってウトウトしたりしてるうちに時間は過ぎ・・・。

Sarah Siddons at Chorleywood
Sarah Siddonsが戻ってきました。
晴れてますが雲が多い・・・。

1938 stock leaves Chorleywood
もう一本の臨時列車、1938 Stockがやってくるころには完全に曇ってしまいました・・・。
しかし子供たちが手を振ってるのが微笑ましくていいですね。

続いてCroxley駅へ。

Sarah Siddons approaching to Croxley
晴れたり曇ったりのはっきりしない天気でしたが、Sarah Siddonsが来るタイミングでうまく晴れてくれました。
この機関車について少し書くと、これはMetropolitan Lineの前身、Metropolitan Railwayが運行していた20本の電気機関車のうちの12号機です。この20本すべてにイギリスの著名人の愛称がつけられたのですが、この12号機には18世紀後半〜19世紀前半にかけて活躍した女優、Sarah Siddonsの名がつけられました。
ずいぶん古そうに見えますが(実際のところ1922年登場と古い)、実は現在のA Stockのわずか一世代前というのですから、この国の物持ちの良さには感心します。

1938 stock approaches to Croxley
続いて1938 Stock。また曇りました・・・。
この車両は名前の通り、1938年に登場した車両で、London Undergroundの一時代を築いた名車中の名車です。 Bakerloo, Piccadilly, Northern, East London, Central lineと、5つもの路線で活躍し、1988年の引退後も、多くの編成がイングランドの南にあるワイト島の鉄道で使用されています。

この後はこのCroxley駅とWatford駅の間にある、運河を渡る橋のところで撮影。

Sarah Siddons passes over Grand Union Canal
オランダほどではありませんが、イギリスにも広大な運河のネットワークがあり、産業革命を支えました。Paddingtonの近くにあるLittle Vennisは有名ですね。

1938 stock passes over Grand Union Canal
1938 Stockもここで。

この後はあえてCroxleyに戻らず、Metropolitan Lineの終着でもあるお隣Watford駅まで歩くことに。

クリックすると元のサイズで表示します
標識に従って歩いていくと、メインの通りから離れ、こんな閑静な住宅街へ来てしまいました。駅などありそうな雰囲気ではないのですが・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
住宅街を歩くこと15分ほど、家に紛れて小さな駅舎が姿を現しました。
駅の周りには本当に家しかありません(笑)

クリックすると元のサイズで表示します
ホームにも人はまばらで、のんびりとした雰囲気。

Sarah Siddonsが戻ってくる時間が近づいてきたので、待ってみることに。

クリックすると元のサイズで表示します
やってきました。Sarah Siddonsと反対側の先頭は、National RailのClass 20を使用しています。

クリックすると元のサイズで表示します
停車中の様子。正面のおじさん、駅掃除の人なのですが、普通に写真撮ってました(笑)
日本では見られなさそうな光景ですね。

遅れていたためか、あわただしくお客さんの乗降や行先プレートの交換などが行われ、約3分で折り返していきました。

これで切り上げようと後続列車でHarrow on the Hill駅へ向かい、遅い昼食を済ませて駅へ戻ると・・・

クリックすると元のサイズで表示します
これが丁度やってきました。
今日の行程はこれにて終了。このあとActon Townの車両基地へと戻っていきました。

というわけで今回は以上です。動画をいくつか撮ったので、どこかにUPしたいと思っています。

それでは!
0

2011/7/10

1967 Stock Farewell Tour  London Underground

こんにちは。
明日の便で2週間ほど一時帰国する管理人です(笑)

さてさて、今回の撮影記は5/16にロンドン地下鉄で行われた、Victoria Lineの1967 Stockのさよなら運転。1967 StockはVictoria Lineの開業以来活躍し続けてきた車両で、ATOが
世界で初めて実用化された車両としても有名です。
ただ最近では、利用客の増加に伴い路線の効率アップが求められるようになり、今回ATOの更新と同時に、6/30をもって引退・新型の2009 Stockにバトンタッチすることとなりました。

今回はその引退を記念して、完全撤退より一足先にPiccadilly, Metropolitan, District Line上でさよなら運転が行われました。なぜ他路線で行われたのかというと、Victoria Lineは全区間地下の短距離路線だから、というのが恐らく最大の理由でしょう。ちなみに、この区間は臨時列車のルートととしてもっとも頻繁に使用される区間でもあります。

まず最初の便(Seven Sisters発Uxbridge行)を撮影すべく、Rayners Laneへ。
・・・と思いきや、いい撮影地が見つからなかったのでEastcoteへ。
よさげな跨線橋を発見。

A Stock Leaves Eastcote Station

Metropolitan LineのA Stock。1967 Stockよりも古く、この車両も最期が近づいています・・・。

1973 Stock Leaves Eastcote Station
Piccadilly Lineの1973 Stock。この区間はMetropolitan LineとPiccadilly Lineが同じ線路を共用しています。

1967 Stock Railtour Leaves Eastcote Station
そしてお目当て登場。大きなヘッドマークがナイスです。
ちなみに"Not in Service"の前に"Sorry"と書いてあるのが何ともBritishですねぇ。

1967 Stock Railtour Passes between Eastcote and Ruislip ManorStation
後追い。先行列車がまだ見えます・・・。

この後続列車でUxbridgeへ。ここでは折り返しのため、列車は1時間弱停車します。

1967 Stock Railtour at Uxbridge
おーみんな撮ってる撮ってる。

1967 Stock Railtour at Uxbridge
私も一枚パシャリ。

The cab of 1967 Stock
運転台。ゴミ袋が・・・(笑)

A stock and 1967 stock Railtour at Uxbridge
隣にやってきたA Stockと一緒に。

そして発車の15分ほど前の列車に乗り、折り返し(Uxbridge発Acton Town行)を撮るべくHillingdonへ。

A Stock Leaves Hillingdon
もうちょっと丁寧に落書き消せばいいのになぁ・・・。

1967 Stock Railtour Leaves Hillingdon
そしてやってきました。

今度はさらにその折り返し、Acton Town発Ealing Broadway行を撮るためEaling Commonへ。
1973 Stock at Ealing Common Station
Piccadilly Lineの1973 Stock。

D78 Stock at Ealing Common Station
District LineのD Stock。ここではPiccadilly LineとDistrict Lineが線路を共用しています。正直、ここのエリアの路線形態は非常に複雑です(その分趣味的に面白いのも事実ですがね)。

1967 Stock Railtour at Ealing Common Station
破りぎりぎりでしたがやってきました。
この車両は1973 StockやD Stockよりも長いため、最後尾が・・・。

1967 Stock Railtour at Ealing Common Station
後追い。

この後は、このツアーの最終便、Ealing Broadway発Seven Sisters行を撮るためStamford Brook駅へ。

1973 Stock Passes Stamford Brook Station
再びPiccadilly Lineの1973 Stock。ここもPiccadilly LineとDistrict Lineの両方が走る区間ですが、ここではPiccadillyが快速運転、Districtが各停運転のため、方向別の複々線となっています。ちなみにこの駅にはDistrict Lineしか止まりません。

1967 Stock Railtour Passes Stamford Brook Station
臨時列車も快速線を走行。また最後尾を切らしてしまいました・・・。

・・・ということで、今回は以上です。
今回は完全なる鉄道「イベント」ということで、様々なファンと会うことができ、改めて鉄道発祥の地の趣味の奥深さを感じました。
ちなみにちょっとびっくりしたのが、駅員さんなどのスタッフまでもが、ファンと一緒に臨時列車を楽しんでいたということ。一眼をぶら下げて仕事をしたりしていました(笑)



次回の更新は一時帰国の後、つまり今月下旬以降となると思います。
では皆さん、それまでまた。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ