2011/5/18

ネタ鉄in大英帝国  Mainline (London)

前回予告した通り、3月に走った臨時列車の撮影記です。

この国の臨時列車は、大抵が鉄道を使った旅行ツアー(Railturと呼ばれる)用なのですが、意外とこれが面白い。
2~3日に一回は国内のどこかで運行されている上、車両は昔の機関車や客車が主に利用され、SLもしばしば運転されます。
興味深く情報も手に入れやすい“ネタ”ということで、手軽な撮影対象としてファンの趣味生活に華を添えています。

まぁそんなこんなで、私が今回撮影したのは3月6日に運転されたRoal Scotts Greyというもの。この前日に、別の路線でSLによるRailtourがあったのですが、残念ながら時間的に撮影できず。
今回は、ロンドンで最も有名な撮影スポットの一つである、地下鉄Bakerloo LineのSouth Kenton駅近くの歩道橋から撮影。

クリックすると元のサイズで表示します
South Kenton駅。ロンドン地下鉄の駅としては稀な、無人駅です。

London Underground 1972 tube stock passes near South Kenton
歩道橋を通過するBakerloo Lineの1972 Stock。
この区間は地下鉄とNational Rail(元国鉄)が並走する区間として有名です。手前二本の線路が地下鉄の複線、奥の四本がNational Railの複々線です。

P1060919
こちらは、上の地下鉄とは逆方向からやってきた、Virgin Trains運行の特急列車、PendolinoことClass 390。
この路線は、LondonやBirmingham、Liverpoolといったイングランドの主要都市を結ぶ重要路線で、日本で言うと東海道線といった感じです。
そしてこの区間の長距離列車の運行を担当するのは、かの有名なVirgin Groupの鉄道部門。イギリス有数のサービスのよい鉄道として有名です。

London Midland class 350 near South KentonVirgin Trainsと同じ区間・線路でも、おもに中距離の各駅停車・快速列車を運行しているのがLondon Midlandという会社。これはその最新鋭、Class 350です。イギリスの新型の例外に漏れずシーメンス製で、よく見るとSouth West TrainsのClass 444などと共通の車体を持っています。
South West Trains Class 444 at Vauxhall
これがそのClass 444。本当にに同じです。
日本と同様、違う鉄道会社同士でも車体設計を共通にして、車両の製造コストを下げる目的があるのかもしれません。

ところでイギリスの鉄道は、同じ線路上をさまざまな会社の車両が走るので、日本とは違った意味で鉄道ネットワークが複雑です。もっとも、鉄道は複雑であってこそ趣味的に面白くなるのですがね。

P1060905
London Undergundことロンドン地下鉄の線路を走るこの黄色い電車は、London OvergroundのClass 378。なんだかダジャレみたいな名前ですが、Overgroundというのは、ロンドン交通局が運行する普通の列車(イギリス標準サイズの車両が、イギリス標準型の信号システムによって運転されている)のことです。そのためかOvergroundは、ロンドン交通局の鉄道システムでは例外的に、National Railのネットワークに含められます。
・・・もっとも、いくつかの区間では、ここのように地下鉄の線路上を、つまり地下鉄の信号システムを使って走っているのですがね。



クリックすると元のサイズで表示します
さてさて、列車の通過時刻が近付くにつれて、ファンの人数も増えてきました。
さすが鉄道発祥の国、そして鉄道趣味発祥の国、イギリス!「鉄道」というものが趣味の一つとして一般に知られている、世界で数少ない国の一つであります。
・・・私の後ろにいた人も含めて撮影者は10人程度。日本からすると考えられない少なさですが、この適度多すぎないなファン人口と、みんなお互いに気を遣いあう英国ならではのジェントルマン精神が、趣味活動をより楽しく充実したものにしてくれます。


・・・そして。
Class 55 'Royal Scotts Grey' near South Kenton
お目当て登場。
何とも味のある、イギリスらしい車両です。かっこいいなぁー・・・・
こういうところに大英王国の威厳を感じますね。日本と違ってロマンがあるというか。

Class 55 'Royal Scotts Grey' near South Kenton
後追い。こちの方が光線がいいというのは禁句で(笑)


初めての臨時列車撮影に大満足しながら、この後Bakerloo Lineを全線完乗して帰路に着きました。

おまけ。
P1060927
1972 Stockの車内。狭いのにセミクロスシートなのがなんかいいです(笑)


今日は以上です。では。
0

2011/5/8

ロンドン郊外の無人駅にて  Mainline (London)

御無沙汰しております。
前回の更新からかなり空いてしまいましたね。申し訳ないです。

・・・さてさて、そんな訳で久しぶりの撮影記です。
実はこの撮影を行ったのは2月24日です。かなり撮影気が溜まってしまっていますね・・・。

Flickrから写真をアップロードする方法を会得したので、今回から使ってみることにします。そっちの方が断然早いので。。小さめに表示されている写真がそれです。なお、クリックすれば大きく表示することができます。

クリックすると元のサイズで表示します
これが今回撮影を行った、First Great Western鉄道のHanwell駅。閑静な住宅街の中にある小さな駅です。National Railのサインがなければただのアパートにしか思えないでしょうね(笑)

実はこの駅、大ターミナル駅であるLondon Paddingtonからわずか五駅であるにも関わらず、無人駅で、しかも列車は30分に一本しか停車しません!調べてみると意外とロンドン内にも数多くの無人駅があるようで、これらをうまく使えば、しかも駅員さんの目を気にすることなく駅での撮影が楽しめそうです。

First Great Western class 165 at Hanwell
この駅はとにかく通過列車が多いです(笑)
3両編成・気動車のの快速列車(Class 165)が快速線を通過。

First Great Western class 165 at Hanwell
同じClass 165の3両編成でも、こちらは殆どの駅に停車していく鈍行列車で、緩行線を走ります。しかしこの駅は見事に通過していきます(笑)

Heathrow Connect class 360 at Hanwell
じゃぁこの駅には何が止まるんだよっ!っと思った貴方!これです!これが唯一この駅に停車する列車、Heathrow Connectです!!
これは中心部のLonon Paddington駅からHeathrow空港までを結ぶ列車で、Class 165とは違い5両編成の電車(Class 350)です。
この車両、かの有名なドイツのシーメンス社製なのですが、びっくりするほど静かで揺れも少なく、乗るたびに「日本の技術負けてんな。。。」と思ってしまいます(笑)

Heathrow Express class 332 at Hanwell
通過線を走るこの列車は、同じくLondon PaddingonからHeathrow空港を結ぶ列車ですが、こちらは途中ノンストップのHeathrow Exprssです。これまたシーメンス製。
しかしこの車両、いつ見てもかっこいいなぁ。。できれば帰国する前にこの車両の鉄道模型がほしいのですが、残念ながら製品化されていない模様・・・。

First Great Western class 43 HST at Hanwell
こちらは長距離を走るディーゼル特急。
この機関車(Class 43)は国鉄時代に大量量産された名車で、未だに国内で幅広く活躍しています。日本で言うと485系といったところでしょうか。最高速度は125mph・・・えーと、だから、約200km/h!!世界最高速のディーゼル機関車の名を誇り、高速鉄道を新たに建設する予算のなかったイギリス国鉄に新たな時代をもたらした車両でもあります。
ただ各社とも、この車両の置き換えを検討し始めており、日立製とかの新型に代わるのもそう遠くはないかもしれません・・・。日本人としてなんか複雑です。

Heathrow Express class 332 at Hanwell
ホームの反対側の端から。これまでの写真はすべてロンドン発の列車の物でしたが、この列車はロンドンへ向かう便です。

しかし光線が悪かったので、すぐ元のポジションに戻りました。

freight train Class 59 at Hanwell
この路線は、貨物も数多く通ります。
この国の鉄道趣味は、どちらかというと旅客列車よりも機関車の方が人気があるようですね。数多くある鉄道雑誌もほとんどが機関車メインな感じがします。後は古い物好きな国民性の影響なのか、蒸気機関車にも関心が高いようです。雑誌以外の鉄道書籍は、ほとんどが歴史や廃止になった路線、昔の車両についてなことからも、鉄道趣味にも国民性が現れていることが伺えます。面白いですね。


・・・という訳で、初のFlickrを使っての更新でしたが、如何でしたか?
写真ちっちぇーよ!写真メインなブログじゃねーのかよ!!・・・と思った方がいらっしゃいいましたら、御連絡下さいまし。検討しますので。

次回は、イギリスで初めて`ネタ鉄`をしたときの撮影記です。

そういえば、来週は地下鉄Vctoria Lineで44年間頑張ってきた1967 Stock(前回の撮影記「国会議事堂の見える駅」参照)のさよなら運転です。張り切って行ってこようと思います。

ではまた!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ