2011/2/28

国会議事堂の見える駅  Mainline (London)

今回は、一月に行ったスペインの列車を紹介しようと思ったのですが、生憎その時使っていたメモリーカードが見当たらないので、順番が多少前後しますがVauxhall駅での撮り鉄をUPしようと思います。まったく、整理ができない自分が情けない...(笑)

まずは地下鉄Victoria Lineです。この路線は全線が地下なので、俗に言う編成写真を撮ることはまず不可能なんです・・・。
クリックすると元のサイズで表示します
旧型である1967 Stock。新型の投入によって、今夏までに引退することが決まっています。
古い車両ですが、ATOによる自動運転が行われています。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらが新型、2009 Stock。清潔でなかなかよい車両です。

この後は地上に上がり、National Railの撮影。
この駅のNational Railのホームからは・・・、
クリックすると元のサイズで表示します
このようにビッグベンが望めるんです!!
「教会の見える駅」ならぬ「国会議事堂の見える駅」ですね。
写真は、South West TrainsのClass 159。

クリックすると元のサイズで表示します
おなじくSouth West TrainsのClass 455。

クリックすると元のサイズで表示します
ちょっとシャッター押すのが早すぎたかな...汗
Class 450です。メーカーは、あのシーメンス社です。
この前面のデザインは、管理人お気に入りです。

クリックすると元のサイズで表示します
Class 450と似ていますが、こちらはClass 444です。塗装以外に何が違うのかは分かりませんが・・・(笑)
この車両は、シーメンス社が"UK's most reliable stock"と鉄道雑誌などで堂々と広告を出しています。なんかなぁ・・・。


この駅は鉄道写真としてはあまりいいスポットではないですが、なかなかロンドンらしい写真が撮れたので楽しめました。(本当は別のホームから狙うともっといいアングルが得られるそうなのですが、そちらが閉鎖されていたので・・・。)
是非ともまた訪れたいスポットです。

地下鉄も、Victoria Lineの旧型をもっと撮っていかなくてはいけませんね。


さて、今日は以上です。次の更新までになんとかSDカード見つけます(笑)

ではまた。
0

2011/2/1

Metropolitan三昧  London Underground

こんにちは。そして遅れてしまいましたが明けましておめでとうございます。
ロンドンでの生活も残すところ一年となってしまいましたが、本年も当ブログをよろしくお願いいたします。

さて本日は、一月に更新できなかった分溜まってしまった撮影記をUPしていこうと思います。

まずは12月12日分。この日はMetropolitan Lineの新車、S Stockを狙って出掛けたのですが、残念ながら来ず。まぁ、近々引退する在来車A Stockを沢山撮れたということで良しとしますかね。

クリックすると元のサイズで表示します
並走する快速(右)と各駅停車(左)。Preston Road駅にて。

クリックすると元のサイズで表示します
Pinner駅に進入する各駅停車。

クリックすると元のサイズで表示します
帰りの車内でA Stockの内装を撮影。いい雰囲気です。

12月20日。
この日もMetropolitan Lineに出没。
Harrow-on-the-Hill駅近くの公道から撮影です。
クリックすると元のサイズで表示します
日没ギリギリの時間だったので、露出が足りてませんね・・・。


クリックすると元のサイズで表示します
こちらは当区間で地下鉄と並走・線路の共有をしている、Chiltern RailwaysのClass 165。

クリックすると元のサイズで表示します
お目当ての列車もやってきました!
ロンドン地下鉄初の冷房搭載車です!ちなみにその冷房は三菱製だとか。

クリックすると元のサイズで表示します
そしてこれまた運のいいことに、この数日前にあったS Stockの甲種輸送(こちらでは単純に"Delivery"というようです)に使用された機関車の返却回送がやってきました!


12月23日。
この日もMetropolitan Lineを訪れたのですが、今回の目的は数多くある支線の一つ、Chesham Branchの撮影。

このChesham Branchは、唯一線内の折り返し運行をしている支線だったのですが、昨年12月12日のダイヤ改正で、全列車が本線との直通運用となり、その線内運用は廃止されてしまいました。
最終日となった11日は生憎用事があり撮影に行けなかったのですが、数日後に朗報が。
なんと「雪で本線のダイヤが乱れているが、その支線への影響を最小限に留めるため、Chesham Branchは当分の間折り返し運行を行う」というのです。

ということで、廃止直後に奇跡の復活を果たした線内運用を撮ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します
支線の終着・Chesham駅。地下鉄では最も郊外から遠いZone9に位置し、無人駅・列車は4両(本線直通によって8両に変更)が30分に1本という放置のされっぷりです。

以前訪れたEppingよりも僻地なのかと思いきや、駅の近くにはショッピングストリートがあり、クリスマス前なこともあってか賑わっていました。

そして撮影開始。
クリックすると元のサイズで表示します
駅から伸びている遊歩道からの撮影です。

クリックすると元のサイズで表示します
これがその遊歩道。
撮影中に、横にある森林を鹿が駆け抜けていきました。
・・・やはりそれなりに僻地なんですね(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
そして折り返し。

クリックすると元のサイズで表示します
Chesham駅です。当然のごとく(?)駅利用者数はロンドン地下鉄最少です。

クリックすると元のサイズで表示します
駅名表。もうここに来ることはないかな・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
本線との接続駅、Chalfont & Lamiterに到着した列車。

・・・と、昨年の撮影分は以上です。

今度の記事では、年始に訪れたスペインの旅行記を書こうと思います。

それではまた今度。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ