2010/2/22

逝っとけダイヤ  京急線

コメントでちょいと話題になった、京急の人身事故による遅延の影響で、快特が金沢八景に停車したときの写真を貼ります〜。

クリックすると元のサイズで表示します
オールクロスの602Fも、今となっては貴重・・・かな?


ちなみにこうなるまでの経緯は、、、、

まず、4番線に新逗子発品川行きの普通電車(ボロ1000形)が到着。
そこで指令から人身事故の報告を受け、停車したままの状態に。

そんなこんなな内に、そのボロ1000の一本後の電車である、浦賀発羽田空港行き普通(800形)が到3番線に到着。
この電車も停車したまとなる。

しかしこの800、文庫で快特を退避する運用。(ボロ1000は、金沢文庫では退避せず、その快特を上大岡で退避する運用)
この快特は三崎口始発なので3番線に入るから、800が停車したままだと、追浜あたりで立ち往生することになんじゃん(笑

という訳で、とりあえず800を文庫まで持っていくことに。


そんでこの600が八景に入線してきたわけです。

ちなみに、なんでここで600を文庫まで走らせなかったかというと、、
800を文庫に持ってった時点で、ボロ1000との列車の順番が前後してしまうじゃないですか。

そこで600をも文庫に持ってっちゃうと、文庫の上り線がすべて埋まってしまい、ボロ1000が800を抜くことができなくなり、列車の順番が変わったまま!!オーマイガー

・・・ということです。

ちなみにこの後、ボロ1000は600よりも先に八景を発車し、文庫で800を抜き返し、結局列車の順番は元通りになりましたとさ(ボロ1000は上大岡で600を退避しましたw)。

ちなみにこのボロ1000、後続の列車が5本くらい新町どまりになってしまいまして、それらとの接続のため、新町に20分くらい停車してました(笑


・・・なんか京急にある程度詳しい人でなきゃわかんない説明で申し訳ないです(詳しい人でもわかんなかったりして・・・)



では。
1

2010/2/20

国鉄  Mainline (London)

今日は、West Ealngという駅で国鉄の写真を撮ってきました〜。

こっちで地下鉄以外を撮るのは初めてだったので、かなり期待して行ったのですが、


結果から言うと非常につまんなかったです(笑

なんか本数少ないし、接近放送もないまま電車が高速で通過するし・・・。

1時間もしないうちに嫌になりました(笑


とりあえず一本目。
クリックすると元のサイズで表示します
ヒースロー空港と中心部を結ぶ快速列車、「ヒースロー・コネクト」です。(トリミング済み)

ライトを右側だけ点けるのは、イギリスの全列車に共通する鉄則(?)のようです。しかしハイビームにしなくても・・・(苦笑

ちなみにこの車両、2005年シーメンス製です。
これを知った時、私はモーター音に期待しましたが、見事に普通のIGBT音を奏でてくれます(笑

クリックすると元のサイズで表示します
ケツ。

クリックすると元のサイズで表示します
快速線を行くHigh Speed Train(HST)。

その名前の通り、信じられないスピードと騒音で駆け抜けていきます(笑
160km/hくらいは出てましたよ。これしかブレなかったのは奇跡です(ぇ

因みに発色が変なのは、露出とかを後からいじりまくったからです・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
なんか貨物が来ました。

クリックすると元のサイズで表示します
架線柱の処理がアレですが、普通電車。
まさかの気動車ですよ!!

なんかヨーロッパの電車って、標準軌のくせに車体が狭いですよね・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
ハイ、いろいろ突っ込んだら負けです(笑

快速線を走るヒースロー・エクスプレス。これまた豪速ですが、騒音はそんなでもないです。

ちなみに、ロンドンの中心部からヒースロー空港まで、このヒースロー・エクスプレスで約15分、ヒースロー・コネクトで約25分、ロンドン地下鉄で約60分です(笑

がんばれロンドン地下鉄。

この車両もまた、1998年シーメンス製なんですが、見事に普通なIGBT・・・

歌えよ(笑

クリックすると元のサイズで表示します
また貨物。

ここらへんで撤収しました〜



※今日のまとめ。


緩行線⇒本数少ない
快速線⇒速すぎ

・・・という訳で、全然成果の上がらないロケでした・・。

快速線の電車が速度を落とす、中心部で撮んなきゃだめですね。


ちなみに、ロンドンの街中に「CCTV」という監視カメラが設置されていて、普通に生活するだけで、一日に500回ほどそれに映るらしいです。

それは駅や電車内にも設置されているんで、撮影してるとこを映されていると思うと非常にやりにくいですよね。。





とりあえず今回のロケを通して痛感したこと。それは・・・
ロンドンの鉄道は地下鉄に限る!!
0

2010/2/18

候補。  日常生活

なんだかんだで、日本に一時帰国できる日が近づいてきました。

滞在期間は、一週間とちょっとといったところ。

その間に撮りたい…と考えているものを書き留めておこうと思います。

@朝田都

A田都44Kを、田奈で西日と共に

B東横線(列車写真&多摩川台公園)

Cキャベツ園前(違)で京急

D京急800ちゃんの快特

E金沢八景〜追浜のカーブ

F生見尾踏切

G中央線201

Hモノサク



え?最後の一個はKYだって??

いや〜でもどうしても行ってみたいスポットなんですよ。


友人たちと行く撮影のほかに、いかに一人の時間をうまく使うかがカギでしょうね。

しかし、なるべく長い時間友人といたいという矛盾...



まぁ、行きたいところは気まぐれで変わるかもしれませんが・・・。


クリックすると元のサイズで表示します
ところで、これが引退してからもうすぐ1年になるんですね。

0

2010/2/17

さっすが(笑  京急線

http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20100210141.html

これぞ京急クオリティ!!(笑

ここで元車掌の駅員を持ってくるとは、さすが京急!!って感じですw

ほかの会社だと、確実に遅れが出ますもんね。

イギリスをはじめとする海外のの鉄道というのは、日本人からするとびっくりするほどテキトーな面があるらしいですが、私がそれに結構すぐ馴染めたのは、きっと京急でたっぷり予習してたからです(笑


てかそれ以前に、運転士が合図の確認を怠ったという・・・



置いてけぼりを食らった瞬間の車掌の気持ちを考えると、失礼ながら少し笑ってしまいます・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2010/2/13

やっぱりこれは・・・  その他日本の鉄道

http://railf.jp/news/2010/02/10/183000.html

JRWよ、いくらなんでもこれはひどすぎないか?(笑

ブルートレイン、今北陸に復活!!みたいな。


それにしても、「国鉄車両がまだまだ現役!!」ってんでマニアに人気だった西日本ですが、人気ガタ落ちするかもしれませんね(笑

まぁ↓のようなニュース見ると、それはいいことなのかもしれないと思わざるを得ませんが。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100206/crm1002061201013-n1.htm
・・・こんなにひどかったんだ、209の最終日。

もういっそ、JRも駅撮りとか禁止にしちゃえばいいじゃん。

てかさ、こーゆーのって、列車運行妨害みたいなのになんないのかね。実際20分も遅れ出たんだし。

マックとかに3〜4時間居座ってる女子高生とかがよく追い出されたりするけど、鉄道会社もそーゆーこと出来ないの?

ぶっちゃけ(ぶっちゃけなくても)超超超迷惑なんだよね、こーゆー変態行動。

「鉄道好き」ってさ、鉄道が好きなんだろ?じゃぁ鉄道は何かっていうと、極端な話単なる交通機関じゃん。

だからそこには乗客もいるし、駅員さんも運転士さんも車掌さんもいるんですよ。最も尊重されるべきなのはその人たちだし、むしろその人たちも鉄道の一部って考えるべきじゃない?

車両とか駅とか好きなんだったら、誰のおかげでそれがあると思ってんだよ。

「鉄道ブーム」とかいってマニア人口が増えてるらしいですが、そういう時代だからこそ、JRも引退イベントとかをもっと地味に行うべきなのではないでしょうか。




ってなんか汚い文章書いてゴメンナサイ・・・。
気分を害した人がいるなら、ホントに申し訳ないです。

最後に、209系の最終日の惨事の動画と、それと対比の意味も込めて、ちょっと古いですが1994年にロンドン地下鉄の支線が廃止された日の動画を貼っておきます。


キモいにも程がある・・・。何が「駅員さ〜〜〜ん」だよ。お前たちがどんだけ迷惑かけてると思ってんだよ。
てか、窓に写ってる眼鏡の男の人、一般人ですよね?よく耐えていられますよね。私だったらすぐに降りて、一本後の電車を待たずにいられません。


ロンドン地下鉄の最終日。確かにこっちも、人がたくさん集まっています。しかし、日本にはない一体感みたいなものが感じられませんか?

誰ひとりとして「自分さえ撮影できればいい」という発想を持たず、マニアも一般の人も運転士さんも駅員さんも、全員が笑って見送っています。

マニアだけがただ勝手に盛り上がっている雰囲気などは微塵も感じられず、これこそが理想の姿ではないか、と思ってしまうのは私だけではないはずです。


まぁ「国民性の違いだ」と言われたらすべてのおしまいですが(笑


では。

※これから更新頻度が元に戻ります。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ