2007/3/18

ユーロバイク2006。  自転車
クリックすると元のサイズで表示します
ロッキーマウンテンの木製マウンテンバイクだそうです、売り物にはなりそうもないですが、お店の飾りに1台欲しいです。
0

2007/3/12

インターバイク2006。  自転車
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

Calfeeの超変り種バイクです、売り物には絶対ならなそうですが、どうやらフレームは竹をどうやってつないであるのか、フォークはカーボンでリムは木リムのようです。
極めつけはハンドルバーは牛の角これぞブルホーンハンドルですか・・・・

0

2007/3/11

インターバイク2006。  自転車
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
引き続き女性用バイクの紹介です、FUJI・GIANT・KONA・LOOKと続きます、彼女に1台いかがですか。

0

2007/3/10

インターバイク2006。  自転車
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

近年成長を続ける米国の女子ロード界だが、それを反映するかのように会場では主要メーカーの女性向けバイク市場を意識したマーケティングが目立つ。これまで女性向けバイク市場で先行していたオルベアも2007年モデルでは女性向けバイクの製品ラインを大きく刷新し、レースレベルからビギナーレベルまでカバーした4種類のフレームを展示していた。
ほかにもスコットUSA、フェルト、ルック、ダイアモンドバック、ジャイアントなど多くのメーカーが2007年には女性向けバイク市場への参入を目指している。

0

2007/3/9

ミラノショー2006より。  自転車
クリックすると元のサイズで表示します
金色のサドルがセレイタリアのブースに飾られていた。これは一般向けでなく、あるひとりの大富豪のために製作された。その男の名はシェイク氏。ツアー・オブ・カタールの主催者でもあるシェイク氏は、娘へのプレゼントのために金のサドルを欲しがった。そして友人であるエディ・メルクスに連絡を取り、エディがシェイクのためにセレイタリアに依頼したというわけだ。
そして1年後、セレイタリアは金のワンピースサドルを作った。重量1.5kg、埋め込まれたダイヤモンド166個。お値段じつに50,000ユーロ=750万円。
「これはSLRをベースにし、レーザーエッチングを施した特別なサドルです。描かれているのは彼の家紋である蝶です。私たちはこのショーが終わればシェイク氏のところへ届けますが、彼は我々のクラフトマンシップに感動し、ショーで展示することを許してくれたのです」とセレイタリアのリカルド・ビゴリン氏が言う。御伽噺のようなストーリーではないか!
0

2007/3/8

ミラノショー2006より。  自転車
クリックすると元のサイズで表示します
カーボンが主流の今にあって、「マグネシウムこそ理想のロードバイク素材」と言うファウスト・ピナレロ。デダッチャイ製MgAK61チューブはアルミニウムより35%軽く、ピナレロ専用に供給される。アルミのように剛性があり、しかもカーボンのように振動吸収性のあるマグネシウムという素材。
そしてファウストは付け加える「私はプロロードレーサーに対して1mmからサイズ注文を受ける。それが完璧なライディングを可能にする。それに応えられるのはカーボンでなくマグネシウムだ」。ピナレロのトップモデルは今でもこのドグマなのだ。

オンダFPXと呼ばれる波模様のフォークが話題になっている。オンダとはイタリア語で波を意味する。サイドリブによってさらに波打った新型オンダFPXフォークはルックスも芸術的なレベルへと達した。

ヘッドチューブの上側に1-1/8"サイズのベアリング、下側に1-1/4"サイズを採用。ヘッドチューブからフォークにかけての絶妙なカラーブレンドに目を奪われる。今年のピナレロはフォークにもカラーリングを施したのだ。ブラーボ!

0

2007/3/6

ミラノショー2006より。  自転車
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
シルバーに輝くデダZero100ステムに注目


『超軽量次期スタンダードステム、デダZEROチェント』
ここミラノショーにおいて見逃せない一品だったのが、シルバーに輝くデダ・エレメンティのステムとハンドル「ニュートン」だ。デダのマネージングディレクター、フルヴィオ・アックアティ氏によれば、このステムの名前「Zero100=ゼロ・チェント」は、自動車とオートバイの強度テストから名づけられた。チェントとはイタリア語で「100」。日本のユーザーも「Zero100」はぜひそう呼んで欲しい。

このステムは3D鍛造テクノロジーで造られ、超軽量に仕上がっている。4本のチタンボルトが使われ、重量はじつに107g。カーボンにだってできない重量だ。これからのスタンダードになるステムだろう。


0

2007/3/5

ユーロバイク2006より。  自転車
クリックすると元のサイズで表示します
ドイツで開催されたユーロバイク2006 第2弾 KeLLys bicyclesのキャンペーンギャルですが、なんと過激にもボディーペイントであります、日本では有りえないですがドイツでは日常なのでしょうか・・・
0

2007/3/4

ユーロバイク2006より。  自転車
クリックすると元のサイズで表示します
2006年ドイツで開催されたユーロバイクに出品されていた、イタリアンオートバイ「ドゥカティ」のロードバイクです。八街のYさん、千葉ニュータウンのT君いかがですか。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ