2013/4/6

これからは若い者たちに期待しよう。  気になる記事
 先日、地元 鏝鍛冶の一軒に大幅な商品生産の遅れが
発生した。原因を訪ねてみると、生産に携わっていた
父が倒れ、残された息子と母にこれまでの仕事が一気に
おぶさって来たのだと言う。 息子は40代後半、
これまでは高齢な父、そして高齢な従業員共に生産を
こなして来たが、息子(現社長)は今回の一件で
将来への不安から大きく落ち込んでいた。

 私は彼にこんこんと話をした 彼は鏝鍛冶と言う
職業が地味で暗くそしてキツイ仕事だと考えていた。
時に油にまみれ、大きな機械音で耳も痛める。

このまま父の回復を待つのか、だとしても父も母も
高齢だ、人を雇うにも、これまでの三木ではどこかの
鍛冶屋が廃業した際に解雇となった経験者を雇い
受けることで補ってきたが、今やそれも難しい。

私は話しました、自分の仕事に誇りを持って正直に
明記し、18歳〜30歳の枠でハローワークで
社員を募集することを。

昔の鍛冶屋は丁稚奉公(でっちぼうこう)と言う
言葉があった。 いや鍛冶屋だけではない。

昔は多くの職場でこの仕組みが常識でもあった。
一人前になるまでは給料は僅かでも「食う・寝る」
の保証があれば、それだけで人を雇うことが出来た。

無論、奉公する者達にも一日も早く親方の技を
盗み、将来は独立することを目指していたから、
どんなに厳しい状況でも頑張ることが出来た。

今の世の中はもう高度成長期とは当然違う。
雇用の状況も大きく様変わりしている。

しかし私達はこれからの、今の「若者たち」を
信頼し、彼らに未来を託す義務がある。
いや、そうしないと私達の仕事を残す術がない。
これが現実なのだ。

このことは誰もが理解していても、現在の稼ぎや
若手の雇用となると、自分だけでもなく彼らの
将来も考えなければならない。
だから臆病になりがちである。
そして、何よりも若いズブの素人に一体何が
出来るのか?これが一番の要因ではないだろうか。

実は当社も今年、18歳の新卒を採用した。

熱心で誠実な彼は仕事を貪欲に吸収してくれている。
これが今の若い子の力なのだ。

今の子達は厳しい就職状況で本当に現実を直視して
いる。 「初任給は親にプレゼントを買い」
「貯金もしっかりとし、気軽にローン何かで物は
買わず」「いつかは男として一斉一大の大きな
買い物の時にこそローンを組め」と私は彼に伝えた。

彼は「家ですか?」「欲しいですね」「いや絶対
欲しいです。」

話は戻るが、先の鏝鍛冶は私の話を聞き終え、
「良かった」「良い話を聞きました」「やって見ます」

その側には18歳の新人クンが居た。
彼は言う「きっと若い子は応募しますよ」

今や大手企業の職場は完全なシステム化が実行されて
おり、人は歯車のように動かされている。
小さな歯車が幾つも同じ動作を繰り返し、二つ目の
歯車、そして3つ目の歯車へと繋ぎ最後に巨大な
大きな歯車を動かして行く…

小子化の今だからこそ、若者たちを歯車にしては
ならない。 そんなことはあまりも勿体無い。

※この話はまだまだ続きます。

1
タグ: 建設 職人 技能


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ