カレンダー

2011
November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

2011/11/22「村田浩&ザ・バップバンド」

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
結成以来バップ一筋35年、
我が国ジャズ界屈指の
本格的実力派ハードバップバンド
「THE BOP BAND」
村田浩(Trumpet)岡田嘉満(T.sax)
松本全芸(Piano)矢野伸行(Bass)
宮岡慶太(Drums)
伝説のジャズの巨人たちが残した
ハードバップの名曲の数々が
村田さん率いる「THE BOP BAND」の演奏で
あざやかに目の前のステージに展開されます。
しかし、そのサウンドは
「THE BOP BAND」のオリジナリティあふれる
フレッシュで迫力の演奏!
本当に楽しいジャズを聞かせていただきました。
後半にはアマチュアミュージシャンとの
ジャムセッションまでお付き合いいただき
彼らも貴重な体験ができたと思います。
ありがとうございました。
3
投稿者:blacktan2008

2011/11/18「祈り部 霜月ライブ」

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
バンド名の祈り部とは
ヒロシマの想いを音に込めるということから。
バイオリンと二胡の竹内ふみのさん
ベースの渡辺祐平さん、
パーカッションと桶胴太鼓の宮本香緒里さん、
ゲストにピアノの浅利紀子さん。
彼女たちの演奏は、哀愁を帯びた旋律と
体の芯に響く迫力のリズムが心に染込みます。
独特の個性あふれるそのステージは
本当に楽しさいっぱい。
これから、さらに活躍の場を広げ
もっともっとたくさんの人に
彼女たちの素晴らしい演奏を
聞かせてあげてください。
私たちもしっかり応援してゆきます。
3
投稿者:blacktan2008

2011/11/13「五十一(ISOICHI)ライブ」

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
ブルース、ロック、カントリー、琉球音楽、
様々な要素を感じさせながら
幅広い音楽性と独自の表現力で
大人の憧れを音楽に乗せて届けてくれる
五十一さんの素晴らしいライブ!
根底に流れるのは旅人の魂、
その自由人としての生き方に
ブルースのスピリッツを
憧れとともに感じさせられました。
仕事と日常に追われ、
いつか見失ってしまいそうになる自分、
それを取り戻すために旅に出ようよ。
五十一さんの歌にこめられたのは
そんなメッセージなのかなと
音楽に浸りながらボ〜と考えていました。
どこかぶらっと旅に出かけたくなる、
バーボンのハイボールが似合う
とても素敵なライブでした。

2
投稿者:blacktan2008

2011/11/8「野村彰浩グループ」

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
広島を中心に活躍している
素晴らしいミュージシャン総勢7人、
野村彰浩(Ss,Syn)河村貴之(Tp,Flh)
ゆみゆみ(Key)鳥岡香里(Pf)
山本優一郎(Ba)宮本香緒理(Perc)
貞永聖文(Dr)、
彼らが今回のリーダー
野村さんの考える音楽に共鳴し、
圧倒的迫力の素晴らしいライブを
Black&Tanで繰り広げてくれました。
独特のグルーブ感と疾走感を伴った演奏は
これまでに聴いたことの無い
独自性を持った興味深い音楽表現!
7人のミュージシャンは、音楽性、考え方、
そして方向性までまさにバラバラ。
そんな彼らがリーダーの考える音楽表現を
理解し、かみくだき、グループ全体で共有し、
さらには互いの演奏で触発しあい、
相乗効果は音楽表現をより創造的なものに高め、
一体感を伴った最高の音楽を表現してゆく。
いま、広島から新しい音楽が芽生えつつある
そんな期待感を抱かせてもらえる最高のライブでした。
4
投稿者:blacktan2008

2011/11/3「安ヵ川大樹トリオ ジャズ ライブ」

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
文化の日にふさわしい芸術的で
ピーンと張り詰めた緊張感漂う
本当に感動的な素晴らしいライブでした。
日本のジャズ界屈指のベーシスト
安カ川大樹さんに地元広島の若手奏者
ピアノの浅利紀子さんと
ドラムの貞永聖文さんで編成されたトリオ。
斬新で創造性豊かな安カ川さんの演奏は、
なんと言ってもその美しい音色と
引き込まれる様な表現力が魅力です。
少し失礼な書き方だと思いますが
そんな日本を代表するベーシスト安カ川さんに
広島のミュージシャンが真剣勝負を挑む、
安カ川さんは少しも手を抜くことなく
逆に彼らにインスパイヤされて演奏に集中力を高め、
ミュージシャン同士の緊迫したやり取りを
オーディエンスの声援が後押しをし
ミュージシャンとお客様が供に
ライブを作り上げてゆく、
本当に心に残る感動的なジャズライブでした。
4
投稿者:blacktan2008
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

掲示板

メッセージBOX

AutoPage最新お知らせ