2010/9/26 「広島大学ジャズ研究会 スイングハード ライブ アット ブラック&タン 」

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
広大ジャズ研ビッグバンド「スイング・ハード」のライブ、
サックス7名、トランペット4名、トロンボーン2名、リズム4名
それに華を添えてくれたボーカル2名の19名の大編成、
楽しくて大迫力、若い彼らのさわやかなライブでした。
練習時間が取れなくて短期間で多くの曲を仕上げるのが
大変だったとリーダーは言っていましたが
どうしてどうして、よくまとまったすばらしい演奏でした、
若い人たちがビッグバンドやジャズをこんなにも
愛して楽しんでいる、ジャズの未来はまだまだ明るい
そんな明るい気持ちにさせられる
本当に楽しいライブになりました。
お客様の暖かい拍手や声援がきっと彼らの宝物と成った事でしょう。
9
投稿者:blacktan2008

2010/9/20「多田誠司 & the MOST ニューアルバム 発売記念ライブ」

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
日本のジャズシーンをリードし続ける
硬派なユニット「the MOST」の熱いライブ、
トッププロの終始途切れることの無い集中力と
密度の濃い演奏はすばらしく感動的。
大坂さんのメリハリの利いたドラムと
片倉さんのパワフルで強力なピアノ、
このピアノとドラムの駆け引きが圧巻!
大坂さんの煽るようなドラミング
それを真正面から受けて立つ片倉さんのピアノ、
上村さん緊急入院を受け急遽参加した
島田 剛さんのベースもレギュラーメンバーであるかのように
息もぴったり、火に油を注ぐかのようなベースプレイ!
そして、多田さんの力強いアルトと柔らかなソプラノが
パワフルにブロウし、バンド全員で触発しあうかのように
すばらしい熱い演奏を届けていただきました。
複雑で難解なリズムやアプローチでありながら
聴き進むにつれやがて自然に体が揺れて来る
聴く者の気持ちを楽しくさせてくれる
そんなジャズに対するトッププロの熱い思いが伝わる
本当にすばらしいライブ、感動しました!
多田さんのブログにBlack&Tanライブの様子が紹介されています
http://blog.livedoor.jp/tadasei1/

5
投稿者:blacktan2008

2010/9/18 「中本マリ September Jazz Live with ギター辻邦博」

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
中本マリさん、ギタリスト辻邦博さんお二人による
ギターとヴォーカルの素晴らしいデュオ
ウットリと聞惚れる最高のライブでした。
マリさんとピアノとのデュオもそれは素晴らしいけれど
今回のギターとのデュオも全く違う味わい、
ゆったりとリラックスした中に漂う緊張感
マリさんのボーカルと辻さんのギター、
デュオの駆け引きの醍醐味を心ゆくまで堪能しました。
私達がはじめてマリさんのボーカルをレコードで聞いたのが
やはり、ギターとボーカルのデュオのレコード、
あれから早ウン10年、その鮮烈な記憶が蘇ってくる
心に残るライブとなりました。
5
投稿者:blacktan2008

2010/9/3「小沼ようすけ ベスト盤『The Best』発売記念ライヴ」

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
日本を代表するギタリスト
小沼ようすけのトリオでのライブ。
2001年デビューアルバム「nu jazz」
ですばらしいサポートを聞かせてくれた
金子雄太(Org)、大槻”KALTA”英宣(Dr)の両氏が加わり
予想はしていたもののそれをはるかに上回る
すばらしいライブでした。
スピード感あふれるトリオの演奏は、
独特のグルーブ感を醸し出す金子さんのオルガン、
煽るようなドラミングでトリオに心地よい緊張感を
与える大槻さんのドラム、
カラフルでスピード感にあふれハートフル、
そのうえメロディアスなフレージングで魅了する
小沼さんのギタープレイ、
リラックスした中にも走り続ける緊張感とでも
表現すれば良いのか
日本ジャズシーンを代表する3人のミュージシャンの
さわやかで気さくな人柄にも触れることのできた
本当に感動的なライブでした。
7
投稿者:blacktan2008
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

掲示板

メッセージBOX

AutoPage最新お知らせ