法要マナー案内と往復はがき  はがきと法要案内状

法要の案内を頂いて出欠確認のはがきがあれば必ず返信はがきに出欠の旨をお伝えするのが礼儀です。法要ですから特に重要な49日法要一周忌は必ず参列するように心がけたいものです。

それも早めに出すようにしましょう。施主となると人数にあわせて食事や引き出物なども用意しなければなりません。故人に対して失礼にあたるということもあります。

法要の案内を頂くということは光栄なことでもあり、社会慣習としても重要なお付き合いです。挨拶やお香典その他法要のマナーを守って参列したいものです。

法要案内は封筒でということがありましたが、案内と返信をあわせて行なうことができる往復はがきで案内する方も多くなっているそうです。人数的に考えてて経済的であることはいうまでもありません。

こちらに法要案内往復はがきが
6

2009/1/11

案内状ははがきを封書に  はがきと法要案内状

法要の中でも49日に行なう四十九日法要や一周忌法要は大切な法事です。基本的には案内状を出すのがいいでしょう。法要の日程と場所が決まりましたら人数と規模を決めて案内状を用意します。

案内状は3週間前には届くようにします。案内状としてはがきサイズに印刷したとしても封書に入れます。出欠の確認を取りたい場合は返信用のはがきを入れて返信してもらうとよいでしょう。

法要の案内ですから例えば往復はがきで案内と返信というのは慣習としては、あまりなかったことのようですが、規模からいえば往復はがきでの案内と返信は便利で最近増えているようです。

それでも礼を重んじる場合などは慎重にしたいものです。
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ