2015/12/15

スターバックスのコーヒーを1000杯飲んで気がついたこと 【ポアンカレのパン(1)】 #vgadvent2015  プログラミング

※この記事はVOYAGE GROUP Advent Canlendarの14日目の記事です。

※※かつ、この記事は【ポアンカレのパン】シリーズの第1弾です。(アドベントカレンダーなのに別のシリーズのスタート地点にしてしまいました)

みなさんはポアンカレのパンの話をご存知でしょうか。

数学者ポアンカレがパン屋で1kgのパンを毎日買っていたが、1年間毎日計測していたら実はパンの平均は950gで、パン屋のズルを見抜いたと言う統計学の本に出てくる逸話です。

これを知ったとき私はいくつかのことを思いました。
・統計ってすごい!ポアンカレすごい!
・自分でも同じようなことやってみたい!
・1kgのパンって大きすぎじゃない?いまだと売っている食パンは1斤340gくらいだよ?毎日食パン3斤食べるか?
・他にも細かいこといくつか

この【ポアンカレのパン】シリーズでこれらの気持ちを解決して行くとして、まず最初の今回は『自分でも同じようなことやってみたい!』についてです。

パンはそんなに買わないので、スターバックスのコーヒーでやってみることにしました。思い立ったのが2013年の12月で、平日の朝と夕方にコーヒーを買って、その重さを計り続けました。2年かかって2015年12月に目標の1000杯を計測終わりました。長かった。

クリックすると元のサイズで表示します
こんな風に、タンブラーに入れてもらったコーヒーをタンブラーごと測って、タンブラーの重さ189gを引いてコーヒーの重さとします。

トールサイズのタンブラーにショートサイズを入れてもらうという方針にしています。タンブラーにいっぱいに入れる量だと日々の散らばりが少ないだろうと思ったので、ゆとりのあるタンブラーに対して途中まで入れるような状況を作ったのです。
紙コップでショートサイズコーヒーを買うと、なみなみ入っている状態で約200gでしたので、200gを基準にしてどんな風な分布をしているのか、調べてみましょう。

だんだんサンプルサイズが大きくなって行くようなヒストグラムを作ってみました。
クリックすると元のサイズで表示します

ですが結構分かりづらいので、素直にサンプルサイズ1000の時の静止画も用意しました。
クリックすると元のサイズで表示します
赤い線は、サンプルから出した平均と分散を元に正規分布曲線を書いたものです。

ポアンカレの時とは逆で、200gよりも多めに入れてもらっていることがわかります!平均247.2gですね!
1000gのパンを5%少なく950gで売っていたポアンカレのパン屋に比べて、200gのコーヒーを20%以上多く240g入れてくれていた私のスターバックスはなんと素晴らしいのでしょう!!

ところで、スターバックスの公称のショートサイズコーヒーの量はどれくらいなのでしょうか。
http://www.starbucks.co.jp/howto/store/order.html
ここに書いてありました。

クリックすると元のサイズで表示します
ショート
Short(240ml)
各サイズの容量は、目安です。


。。。
なんだ、公称が240か。
まあでも、平均で7.2gもおおく入れてくれていたので、感謝です!!

【ポアンカレのパン】シリーズは、気が向いたら続きを書きます。

明日のVOYAGE GROUP Advent Canlendarは、@yukimineです。お楽しみに!

1



2015/12/20  7:27

投稿者:あsd

100杯くらいで仮説検定するほうが統計学って感じで面白いのに。

2015/12/16  12:14

投稿者:zzz

そもそもスタバのコーヒーは1g=1mlで良いのですか?
比重としてコーヒーが3%ぐらい水より重いと考えればピッタリのような…4%以上だと240mlより少なくなりませんかね?

2015/12/15  22:03

投稿者:pon

1000回も購入していれば130ml、140mlしか入れてもらえない時もあるのですね。ベリーショートって感じですね。

2015/12/15  21:13

投稿者:スタバ店員

確かに、ショートサイズは、カップのフチナミナミまで注ぐと、240cc入ります。しかしドリップコーヒーやアメリカーノはミルクを注ぐお客様が多いことや、他のホットドリンク(ラテやモカなど)と比べ極めて熱いこともあり、カップのフチから1.5センチ下までの提供になっています。
そのため、タンブラーの場合と紙カップの場合ではその量に差が出ます。(タンブラーの場合、カップのフチまで注いだ時と同じ量を注ぐため) もっとも、今回7g多かったのは店員さんがピッタリ注ぐのは難しいためで、仕方のないことと言えます。

裏技的ではありますが、『ショートのドリップをトールカップでください』とオーダーすると、タンブラーで無くても240ccオーバーの量を飲むことができます。店員さんも嫌な顔はしないので、こちらも検証してみてください。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ