複数居住しているマンションなどでもターゲットの部屋だけ集中して攻撃ができますが家族がいた場合は特定することは理論的には可能ですが、実際は難しく家族全員が被害に遭うことになります。電圧の調整で身体の痛み、幻覚、物忘れを起こさせることができます。夜の睡眠は聴覚に影響して寝る事もできなくさせられます。1週間程度の攻撃で鬱病、自殺、身体全身の痒み、幻覚などに悩まされます。期間は1週間〜10日で表情が現れます。これらの攻撃で自殺することはありますが、死ぬことはありません。

 

テクノロジー攻撃 復讐代行  電磁波攻撃

クリックすると元のサイズで表示します脳内思考盗聴クリックすると元のサイズで表示します 盗撮 クリックすると元のサイズで表示します脳の中への声の送受信クリックすると元のサイズで表示します 46時中 クリックすると元のサイズで表示します止むことのない誹謗中傷クリックすると元のサイズで表示します 身体の電磁波攻撃クリックすると元のサイズで表示します

社会では職場のいじめ問題が深刻な状態です。
虐待から家庭内暴力と被害者は復讐もできず泣き寝入りです。
裁判をしても狡賢い奴は方に引っかからないようにするものです。
警察に被害届や告訴をしてもなかなか受け付けてくれません。
相手に暴力や違法行為に出れば反対に告訴されて受理される嫌な世の中です。
憎い奴に見つからず復讐する方法があります。
復讐相手を総合失調症など精神病や自殺をさせ社会から抹消することができます。
姿を隠した遠隔操作で24時間の監視で統合失調症と同じ症状を作り病院に送りで軟禁状態にさせます。

テクノロジー攻撃でターゲット異常者にすることが出来ます

テクノロジー犯罪、電磁波攻撃犯罪を取り締まる法律がない
電磁波波の周波数を人体の臓器に共鳴させることで、臓器に影響を与えることが出来ます。
これは気や念波により治療ができることと同等の仕組みです。
この仕組みを利用して、物理・機械的に電磁波波の量、強弱、持続時間を自由に変更しながら、攻撃部位を自由に制御できます。

1 精神病にして強制入院されられます。
医療保護入院制度
33条1項 精神科病院の管理者は、次に掲げる者について、保護者の同意があるときは、本人の同意がなくてもその者を入院させることができる。
33条1項1号 指定医による診察の結果、精神障害者であり、かつ、医療及び保護のため入院の必要がある者

2 自殺に追い込むことが可能です
電磁波を24時間放射して鬱病にして音声で自殺するように誘導する
期間 1ヶ月前後でためらい自殺が始まる

3 身体的な痛みを与えることが可能です。
ヤケド、手足の痺れ、頭痛、食欲不振、下痢、肝機能障害、目の痛み、皮膚の腫れ、耳鳴り、身体全体の痛み
期間 1週間〜10日前後

※隣近所の騒音・トラブルでお困りの方はこの方法が最適

4 超音波攻撃で精神的な苦痛を与えることが可能です。
鬱病や自閉症に似た状態を作り上げ、犯罪に誘導することが可能
期間 3日〜攻撃期間中

クリックすると元のサイズで表示します
音声を送信し錯乱させる手法
特定人物の生活を妨害し、精神的虐待を加え、その挙句、精神障害者に仕立て上げたり、犯罪者に仕立て上げます。

超低周波にパルス変調波された電磁波を脳に照射し、脳は周波数を増大させ遠隔地からの受信を行います。

加害者が被害者に対して声を乗せた電磁波を照射し続け、被害者に対して十分な学習がなされた後、音声信号を停止する。

音声信号を停止しても、前頭葉が識別可能な電磁パルス列を照射し続ける限り、脳は電磁パルスを識別する事が可能となる。

普通の状態の脳機能として、前頭葉で発生する思考波は聴覚野、聴覚言語野に伝藩し、耳からの音声と同様に音声として認識され得るパルス列となる。

脳が識別しうる電磁パルスの送信
脳が識別しうる電磁パルスを送信する事により、音声信号とは異なる電磁パルスを脳が言語同様に認識する。

脳が識別する事の可能な電磁パルスと本人の声を録音し、同時に使用する事により、擬似的な思考波が区別がつかない状態なる。

人工的に統合失調症を作り出す原理
自宅周辺での、執拗な迷惑行為や生活妨害行為で人を社会不適格者に仕立て上げたり精神病症状を捏造したりする行為です。

組織的ストーカー音声送信(特定の人物に向けて、その人しか聞こえない音や声を送信)
この方法はかなり精神的な揺さぶりになります。

壁を叩く音や室内でのカタカタ、ゴトゴト音のような小さな音から、布団を叩く音、突然大声で話したり高笑いをしたりする人物、
咳払いを繰り返す人物、ボールペンのポッチを押して「カチッ」という音をさせたり、ノック式ボールペンを必要以上に「カシャカシャ」繰り返したり、

いびき、貧乏ゆすりによるカタカタ音、子供を利用した騒ぎ声(奇声)、犬の鳴き声、放置された携帯電話の着信音、「カツカツ」と音のする靴で力強く歩く音、「カランコロン」と下駄で歩く音、アイスコーヒーの氷を延々とかき混ぜる音、工事や大工作業による騒音、キャリーバックや台車をゴロゴロ引っ張る音、ブレーキの鳴く音、車やバイクのマフラーによる排気音(爆音)、車のドアを閉める音、エンジンをかける音、クラクションヘリコプターや飛行機の騒音、広報車や宣伝カーの騒音、不用品の回収車の流す音声、車のバック音(ピッピッピッピッ)、緊急車両のサイレンまで、あらゆる「気になる音」の演出がこれに含まれます。

ターゲットの住居付近に工作員が潜伏し、かわるがわる気になる音や神経を逆なでする音を出します。ひとつひとつの行為は日常生活で起こりうる「邪魔」ですが、ありえないのはその「頻度」です。

外出時にはほぼ必ず行われるので、この嫌がらせだけが単独で行われたとしても、「最近マナーの悪い人が突然増えたな。」と思うでしょう。

これは、この組織的犯罪(=集団ストーカー)の手口のすべてに言えることでもあります。
ノイズキャンペーン、アンカリング、ほのめかし、コリジョンキャンペーン、などは日常生活でよくある一部です。問題は、それらの行為が行われる頻度とタイミングにあります。
これらの行為で恐怖心や心理的圧迫で精神病に追い込むことが出来ます。

超音波で相手に罵声を浴びせる
超音波でに人の声を毎日、何度も聞かされる
被害の一つとして、工作員が毎日、絶えず罵声を聞かせてくるというのがあります。
外出先でも、家の中でも叫ぶ声が毎日、聞かします。
会話の流れとして、「早く死ね」「ズーズーしい奴だな」「いい加減に死ね」「最低な奴だなお前わ」「アホ」「苗字やフルネームで呼び掛ける」

「特定個人を狙っての罵声」 で嫌がらせ、付けまといをします。

上記の内容の音声を繰り返し24時間聞可能です。

この音声から、常に同一人物が場所を問わず付回すように罵声を聞かせ、その内容も普通に会話をしているという内容になります。
苗字やフルネームで呼びかけたり、特定個人を狙っての罵声による嫌がらせ、付けまとい行為です。これらの行為で統合失調症や精神病にして社会から抹消できます。

海外の報道
http://www.youtube.com/watch?v=FWfcksj1h60

http://www.youtube.com/watch?v=M_RXC2QeZ0A

http://www.youtube.com/watch?v=uxN9-3Dwv5s

低周波音は身体に影響を与えるだけでなく、ある一定の低い周波数で強い音圧(dB)が発生すると空気振動で窓ガラスや建具が振動したり、テーブル等に置かれた湯呑みに波紋が出るなどの現象が起こります。

大抵の方は突然発生した不可解な現象と低周波音の空気振動というメカニズムを理解していないことから、それらの現象を ”ポルターガイスト”や"霊現象"などの心理現象 と勘違いをする方もいます。

クリックすると元のサイズで表示します

この技術は日本の特許庁で特許を取得している技術です。

特定個人の識別方法
特定個人の識別を実現する技術が掲載されています。(特開平06-131570識別方法および識別装置)

「人間などの生体は、心臓の鼓動や肺の周期的な動きと、これに伴う血液の流れ、あるいは脳波などに起因する「電磁波」を発生する。

この生体が発する電磁波をアンテナで受信し、信号処理をすることで個体特有の識別情報を含む信号を復調する事ができる。」

「識別対象の数が1000人である場合には1000種類の波形が存在します。

マイクロ波を照射することで、個体の絶対的な特定が可能になるため、誤判断が極めて少なく、高精度で個体識別を行うことができるます。

正確な所在を判断するための特許 (特開2000-245813『電磁波の周波数の測定方法および微生物等の殺滅除去方法』)

特定人物をターゲットにして攻撃することは可能です。

日本の特許庁特許公報を参照することで、住居内の特定個人へのミリ波照射とその反射波の受信により、詳細な状況を把握できます。

クリックすると元のサイズで表示します
http://www.aist.go.jp/aist-idea/cgi-bin/search_front.cgi

この原理はとても簡単なものです。
電磁波発信機&アンテナ
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

電磁波コイル(20万ボルト)からは電磁波が発生
電磁波を収束して放出するアンテナは、コイルに発生する電磁波を各コイル間に発生させ電磁波が強くなる構造
アンテナでターゲットに電磁波に放出する構造です。
相手の音声をパソコンで分析してその人だけの波長を取り出すので特定して攻撃ができます。
クリックすると元のサイズで表示します
相手の会話を盗聴するのに部屋などに取り付ける必要もありません。

窓にレーザー探知を取り付ければ中の会話すべて音声に変えることができます。
仕組みは盗聴したい部屋の窓ガラスにレーザーを当て、その反射光の強さを計測するというものです。
部屋の中の音は窓ガラスを微かながら反響するので、反射したレーザーもその震動に影響されてその進行方向がブレることとなります。
そのブレを観測することで、元の音を再現できる訳です。
レーザーの反射光を光導電セルに当て、跳ね返ってくる振動をアンプか窓ガラスを振動させて音を出すスピーカSoundbogで音を拾います。


電磁波測定器
クリックすると元のサイズで表示します
電磁波攻撃のモニターを依頼者にもわかるように確認できます。
クリックすると元のサイズで表示します


グーグルで電磁波攻撃で検索すると約 96,900 件ヒット

電磁波攻撃に関するサイト

隣近所トラブルで被害

電磁波犯罪は存在する

電磁波証拠動画

テクノロジー犯罪、電磁波攻撃犯罪

電磁波攻撃(皮膚疾患)画像

後頭部への電磁波攻撃画像

テンペスト壁の向こうからパソコン画面を盗撮できる電磁波盗聴画像

痛み送信→ 電磁波攻撃 画像

低周波音は身体に影響を与えるだけでなく、ある一定の低い周波数で強い音圧(dB)が発生すると空気振動で窓ガラスや建具が振動したり、

テーブル等に置かれた湯呑みに波紋が出るなどの現象が起こります。

同じ場所で生活をしている家族や同居も超低周波音が聞こえない 事が多く、家族や近隣、自治体にも理解されず精神異常とされています。

身体の不調を訴え、病院で診察を行なっても症状が自失神経失調症や更年期障害と酷似しているため誤診されて処理されます。

クリックすると元のサイズで表示します

超音波は耳で聞こえないので体調不良になります。

1:身体的な不快感(特に胸のあたり)
2:胸に圧迫感を感じる。
3:座っていると落ち着かない
4:胃がムカつく
5:頭がクラクラする

などの表情が起こります。

32Hz/128dB(一般の生活ではあり得ない音圧レベルです。)の音波を出すと。
発声すると空気振動により”声が震え眼球が揺れる”という現象が現れます。(一般の生活ではあり得ません。)
通常、音域での128dBはジェット機の騒音に匹敵する爆音です。
「日常生活も困難、不能な状態」で頭が重くボーッとして思考力、集中力も著しく低下し、ほとんど寝たきりになります。
警察に被害届を出そうと相談しても精神病扱いになります。

自分で攻撃したい方はこちら
科学的復讐 嫌な奴 撃退に即効力発揮

クリックすると元のサイズで表示します

電磁波攻撃 超音波攻撃 低周波攻撃

当社の攻撃で確実に復讐相手を再起不能に追い込むことが出来ます


電磁波攻撃申し込み



クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
8



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ